メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

2013年3月のアーカイブ

「今すぐ買わなくてもいい商品」を売っている人へ

突然ですが、あなたの売っている商品やサービスが
これから話す内容にあてはまっていれば
ぜひ最後まで読んでください。


あなたは今、何かしら
仕事をしていると思います。

会社員であれ、経営者であれ
もしくはこれから起業しようと準備
している状態であれ
とにかく殆どの人が
仕事をしていると思います。

そして何かしら売上を立てないと
やっていけないはずです。

そこで「売る」という行為の難しさ、
壁にぶつかると思います。


僕ももちろんそうでした。
特に会社員時代は毎月のノルマに追われて
生きた心地がしませんでした。

独立起業して最初のうちは
普通にやっていけると思ったのですが
なかなか思った以上の売上というのが
立たずに相当悩みました。

「ほれ、言わんこっちゃない。」

なんとなく会社に残った人たちに
笑われてる気がして仕方ありませんでした。

それに家族。

特に実家の家族から
陰で何か言われていそうな気がして
盆暮れ正月も実家には
帰省したくありませんでした。

会社員時代に営業のトップまで
のぼりつめたにも関わらず
これじゃかなりカッコ悪いなぁと
一度冷静に考える時間を作りました。

いや、そんな生やさしい感覚では
なかった気がします。

これはヤバイ!
ど、ど、どうしよう。
泣いてどうにかなるなら泣きたい。

そんな感覚だった気がします。

そこで冷静になって会社員時代に
どうやって売っていたかを
細かいところまで見直しました。

すぐに売上を立てなくてはならない
そんな状況だったので
とにかく特効薬的な方法が
何かあったはずだ!と真剣に
見直しました。

自分の部下たちに
今月のノルマを達成させるために
残り少ない日数で
どうやって達成させていたか・・・。




あっ!


あった。\^o^/


自分で教えていたことなのに
自分のこととなると忘れるものですね。

僕が売っていた商品というのは
高額な上にどうしても今すぐ必要なもの、
ではなかったのです。

それをこちらの都合で
「今すぐ」買ってもらう方法。


それもお客様にはこちらの都合を悟られずに
今すぐ欲しくなる方法がありました。

怪しい・・・と思いますよね。
大丈夫です。
安心して読み続けてください。


ところであなたの扱っている商品や
サービスは何でしょうか?

飲食店?
美容院?
整体?
○○セラピー?
生命保険?
自動車?
貴金属?
洋服?
デザイン?
印刷物?
太陽光?
家電?
電話の光回線?


よく言われていることですが
砂漠で半分干からびた人を見つけたら
水を売るのは簡単ですよね。

しかも高値で。
それも今すぐ。

ガン患者にガンの特効薬があれば
これも今すぐ法外な値段で
売るのは簡単です。

これらはお客様に「痛みがある」
ケースです。

痛みを取り除く事が出来る
商品であればあるほど
今すぐ高値で売りやすいです。

だけど自分の扱っている商品は
どちらかと言えばぜいたく品だし
お金に余裕がなければなかなか・・・

みたいな商品の場合は
どうしたらいいのでしょう?

また、高額でもないけど
不必要でもない
あった方がいいのはわかるけど
なくても普段の生活になんの影響もない・・・

そんな商品の場合
なかなか付き合いだけでは
今すぐ購入してくれないですよね。

「痛みがないお客様」に売る商品は
なかなか今すぐ売るのが大変です。

まさか霊感商法のように
「あなたは不幸になる。病気になる。」と
インチキくさく恐怖心をあおって
売るわけにもいかない・・・。

でも、今すぐ売らないと・・・。
どうしよう・・・。


そんな状況に陥っているなら
ぜひ試して欲しいことがあるんです。

営業トークに一つの要素を入れるだけで
購買率が飛躍的に伸びる方法です。。

もちろんいいかげんな恐怖心を
あおって売るような方法ではありません。

普段の営業トークの中に
さりげなく入れておくだけです。

それだけでお客様の反応が
明らかに、形として
目に見えて変わってきます。

会社員時代に
今月のノルマを達成できず
困っている部下たちに
いつも教えていました。

すると多くの部下たちが
ラスト数日で200万円以上の商品を
バンバン売ってノルマを達成させました。

そんな特効薬的な営業トークです。

その正体とは・・・。

すでにもうブログの記事としては長いですが
詳しく書くととても長くなります。

最初はこのブログに全てを
記載しようと思って書き始めたのですが、
急にある気持ちに襲われました。

そのある気持ちとは・・・
いつも僕を信用してくれて
僕のところに来てくれる人に
感謝の気持ちを込めて
特別に恩返ししたい気持ちです。


というわけで急遽このブログでは
公表せずに、この続きは
4月2日(火)に行うこちらのセミナーで
お伝えしたいと思います。
http://www.facebook.com/events/114529242069554/

facebookをしていない方はこちらをご覧ください。
http://okada-koji.com/talk/

お伝えする特効薬は
もちろん抽象的なことではないです。

「まずはお客様の信用を得なさい。」
「ビジネスとはそもそも・・・」

とかそんな悠長に新入社員が
入社初日に聞かされるような話ではありません。

具体的にこうするとお客様の反応が
明らかに今すぐ変わるという方法です。

ここまで読んでくださったのに
セミナーに参加できない方は
本当にごめんなさい。

ふざけるな!
と思った方も本当にごめんなさい。

もうこのブログは読まなくて結構です。

ただやはり僕にわざわざお金を出してまで
会いに来てくれる人に
まず何よりも先に恩返ししたい
という気持ちが強く芽生えてしまったのです。

そんなにいけないことだとは
思わないので今回はそうさせていただきました。

そして今回のような情報は必ず存在して
僕はそういった情報を自分の体験談として、
つまり事実としてたくさん持っている
ということを知っておいてください。

傲慢に聞こえてしまうかもしれませんが
事実です。

なので売上を立てる事に困ったら
一度会いに来てくださるとわかると思います。

話を戻しますが、今回のこの情報は
公にはこのセミナーでしか公開しません。

しかしこのセミナーにはどうしても行けないけど
すでに3回以上このセミナーに参加した事がある人は
直接電話をください。
ご希望があればもちろん無料でお話します。

無料です。恩返しなので。
遠慮しないでくださいね。
(4/2のセミナーに参加される方は
 さすがに二度手間なのでご遠慮ください。)

また他にも売れる方法はたくさんありますので
また引き続きこのブログで公開していきます。

でも今回のような優良は情報は
セミナーで細かく説明していきますね。


すでに30名近くの方がセミナーに
参加表明されています。
参加される方はご期待ください。
http://www.facebook.com/events/114529242069554/

ハードルあげてもらっていいですよ。^^

では会場でお会いできるのを楽しみにしております。^^

ビジネスがうまくいく人は○○をしない、うまくいかない人は○○をする

完全に確信しました。
もう明らかです。

なにがって?

ビジネスがうまくいく人と
そうでない人の違い。

もう間違いありません。
なにしろ「確信」ですからね。

はたしてあなたは
どっちのタイプでしょうか?

うまくいく人は●●をして▲▲をしない。
うまくいかない人は▲▲をして●●をしない

です。

この答えはこの記事を全て読めば
わかります。
かなり長いですがお付き合いください。


僕が確信に至ったのには
ちょっとしたエピソードがあるんです。

まぁ、話そのものはつまらない話ですが
今日の内容は17回くらいは
読む価値はあるのではないかと。


では早速エピソードを紹介したいと思います。


先月セミナーを開催しました。

1人参加費3万円です。

やや高額でしたが
参加者は17名ほど集まりました。

参加人数もちょうどよく
自分なりにそこそこ
成功したのではないかと思いました。


そして参加者の意識も質も最高でした。

参加者の内、お二人は著名人で
1人の方はすでに億プレイヤーです。

僕のセミナーなんか聴いてないで
あなたは壇上に立つ人でしょ?

誰もがそう信じてやまない方が参加者として
普通に参加費をご自分で払って
参加してくださったのです。


ところであなたは
ダイレクト出版という会社を
ご存知でしょうか?

ダイレクトレスポンス・マーケティングなどを中心に
コンサル、教育、出版事業などをしている会社です。

その会社が発行しているメルマガの
コンテンツは日本ではトップクラスです。

ダイレクト・レスポンス
のカテゴリーでは圧倒的な読者数で
日本一を誇っています。


そのメルマガは日本を代表する
コピーライターたちが
交代で発行しています。

その怪物メルマガの
発行者のうち二人も
わざわざ県外から
参加してくださったのです。

事情がわかる人に簡単に説明すると
ダイレクト出版のメルマガ
「ザ・レスポンス」の著者が
二人も僕が登壇するセミナーに
参加してくれたのです。

しかもこちらが招待したわけではなく
ちゃんと3万円という参加費を
支払って一般の人と同じように
参加されました。

僕は講師の立場で壇上に
立たせてもらいましたが
非常に勉強になりました。

その勉強になったこととは
まず参加者の中でもひと際目立って
彼らはうなずき上手でした。

すでにビジネスがうまくいって
いるのにもかかわらず

誰よりもノートを取り
誰よりも深くうなずき
そして誰よりも真剣でした。

ひょっとして・・・。


僕はとあることを
一つ推測してしまいました。


参加者や場の雰囲気がどういう状態だと
セミナー講師がやりやすいのか
などを察してくれて
僕が話をしやすくするために
親切でうなずいたり、ノートを
真剣にとってくれているフリを
しているのではないかと。

そのことを懇親会の会場で
逆に質問してみました。

「あれは僕がセミナーをやりやすくするために
 親切でやってくれたんですか?」

と。

返ってきた答えは

「いえ。普通に熱中して勉強してました。」

言うまでもありませんが
僕の話す内容は彼ら二人にとっては
すでに知っている内容です。

僕が教えるどころか逆に教わりたいくらいの
内容です。

それを真剣にうなずきながら
勉強しているのです。

そして彼はこうも言いました。

「僕は自分のセミナーでもし参加者が
 『それ、知ってます。』という奴がいたら
 『出ていけ!』って言いますよ。
 だってその時点で参加する必要がないですから。」

さらにこう続けました。

「岡田先生のために
 うなずき上手になるなんて、
 僕はそんなお人好しではありません。
 参加費を取り戻すためにも
 できるだけ学びとろうと真剣ですよ。」

僕はすごいと思いました。
やはりうまくいく人は
そもそもの立ち位置が違う。

決して「知ってる!」と言って満足しない。

これでビジネスがうまくいかないわけがない。
そう確信しました。


さて、一方でこういうエピソードを
ご紹介します。

先ほどのセミナーの話とは違うので
一度セミナーのことは忘れてください。

今インターネットを筆頭に
世の中かなり便利になりました。

まさに情報が氾濫しております。

世の中に必要な情報であれば
インターネット上には
「ない」ものは「ない」と
言い切ってしまっても
いいくらいですよね。

そんな便利な世の中なのに
何でも人に依存する人がいます。

大のオトナが何でもかんでもすぐに
「○○がわからないのですが・・・。」と
聞きまくる。

例えば
「セミナー会場は駅から何分くらいかかりますか?」
「どうやって行けばいいでしょうか?」
「○○の意味がわからないのですが・・・。」
とか。

そういう人に対して
声を大にして言いたい。

グーグルって知ってます?
ヤフーって知ってます?

自分が知らないことで
調べたい事の9割以上が
ネットに答えがあります。

しかも答えはどんなに少なくても
数万とか数百万単位で出てきます。

調べ方は簡単。

調べたい単語を入力して検索ボタンを
クリックするだけです。

小学生でもできます。

そんな簡単なことをしないくせに
なぜか難しいことやモノほど
ネットで無料で調べて
わかった気になっている。

本来わかっていること
知っていることであっても
お金を出してでも人間の口から
リアルに聞かなければならない大切なことが
あるんです。

そんな大切な情報をお金を払わずに
なんとか無料で調べて
もしくは安い雑誌や本を読んでは
わかった気になっている。

そして「それ、知ってる」と言って
「したり顔」と「どや顔」を掛け合わせて
自分は勉強家だと思い込んでいる。


もうおわかりでしょうか?

僕が確信したこと。

グーグルでちょっと調べればわかる
簡単なことを人に聞きたがる一方、
人の口から聞かなければならないものを
グーグルで調べたがる。
そしてわかった気でいる。

これがうまくいかない人の典型です。

逆にうまくいっている人はもうわかりますよね?
その逆です。


あなたはどちらのタイプですか?

あなたがビジネスをうまくいかせたかったら
お金を出してでも人から聴きなさい。

そして無機質な質問は
グーグルで調べなさい。

「確信」に至った経緯は以上です。


さて、話が少しそれますが
来る3/20に料理教室と美容法を融合させた
美のコラボレーションセミナーがございます。
http://www.facebook.com/events/339972222770770/

料理も美容法ももしかしたら、すでに
あなたは知っている内容かもしれませんが
人から直接聞いて、まっさらな気持ちで
学びとることで成功が加速します。

ネットや本で
料理のレシピだけ見て、または
美容法のノウハウだけ見て
わかった気でいるのとは大違いです。

そして何よりもこのイベントは二人の人気講師の
コラボレーションなので
ビジネスでセミナーなどを
これからやっていきたいと思っている人にとっては
最高の勉強になります。

セミナー講師として将来やっていきたい人は
二人の人気講師に会うだけでも
強烈な勉強になると思います。

お席は数席だけ残っております。
勉強されたい方、ビジネスをうまくいかせたい方は
Facebookのイベントの「参加する」ボタンを
クリックしていただくか
直接参加希望のメッセージをお送りください。

http://www.facebook.com/events/339972222770770/

健康な肉体に宿る不健康な思考

およそ2年前に東日本大震災が起こりました。
もう2年と感じる人もいれば
まだ2年と感じる人もいるでしょう。

まずはお亡くなりになった方へ
ご冥福をお祈りいたします。

僕は3月11日になった瞬間、
ちょっと早いですが
黙とうをしました。

ちなみに阪神大震災が起きた
1月17日も必ず毎年黙とうをしています。

かれこれ20年近くも経つんですね。

さすがに阪神大震災の方は
「まだ」20年と感じる人は少ないと思いますが
どうなんでしょう?

あなたは阪神大震災が起きてから約20年
東日本大震災が起きてから2年経ちますが
どのように感じましたか?

ちなみについ先日、もう
阪神大震災を知らない世代が
僕の周りにたくさんいるという
事実を嫌というほど味わい
軽い脳しんとうを起こしました。

うそだろ、おい。

そりゃ歳もとったわけですね。

光陰矢のごとし。

時間の流れは誰にでも平等です。
しかし流れは平等でも
時間の絶対数は寿命に左右されます。

これがクセモノなんですね。
わかっているのになかなかできないのは
自分は長生きすると思い込んでいる。

時間は平等とわかっているのに
自分だけは・・・と
時間に対しての認識が甘い。

まさに健康がゆえになる不健康な思考です。

僕を含めて
「成功したい!」とか
「変わりたい!」と言っているだけで
なかなか思い通りに成長できないのは
時間の使い方が下手だからでしょう。

逆に僕の周りで収入が高く、
人を巻き込む勢いがあり
たくさんの人から羨ましい人生だと
思われている人たちの共通点は
どこか「生き急いでる」感があります。

時間に対して敏感です。

感性は人それぞれなので
「何がいい」
「何がいけない」
はここではとても言及できません。

自分が生きたいように生きることができれば
それがなによりです。

しかし東日本大震災から2年が経ち
時間に対して考える
いいきっかけとなれば嬉しいです。

久しぶりにつれづれなるままに書きます

今週は珍しく2回投稿です。

2回目なので短く。。。^^;


ひょんなことから最近あるセリフを思い出しました。

昔一世を風靡したアメリカのあのドラマ
「24」の主人公、
ジャックバウアーが言うセリフです。

「テロ行為を傍観する人はテロリストだ!」

深いですね。

僕が思うに
最近自分の人生ですら傍観している人が
多い気がします。

まるで他人事。

だから真剣になれない。
本気になれない人が多い。

傍観者になるな。
主人公になろう!

●●●を止めたら売れるようになった

僕は重度の花粉症です。
いや、重度の花粉症でした。

ここ数年はかなり軽くなりました。

以前は呼吸困難に陥ることもしばしば。
眠れない日が続き
本当に鼻をもぎ取れたらどんなに幸せだろう
と真剣に考えたものでした。

目も常に充血していて
どうしようもなく痒く、
いや、痒いなんて生ぬるいものではなく
もはや痛かったです。

それが今では
鼻水が多少出ることはあっても
呼吸困難に陥ることもなく
寝ることに不自由なく
目もほとんど痒いことはなくなりました。

花粉症仲間(笑)からは
「何をすれば良くなるの?」
「自分だけ治してずるい!」
などとよく言われます。

当然あなたがもし花粉症であれば
「どうやったの?」
と聴きたくなるでしょう。

それは一つだけ。

「何もしない。」

です。

何かをしたのではなく
「何もしないようにした。」
です。

今までは花粉の季節の1ヶ月くらい前に
病院へ注射を打ちに行き、
大量の薬を飲み続けておりました。

うすうすあなたも感じていると思いますが
薬は飲まない方がいい
花粉症は薬ではなく体質改善がいい
ということをわかってはいると思います。

何かをし始めるとそれを
続けないと面倒になります。

しかし何かを止めるということは
止める時の大きな壁さえ越えれば
あとは忘れるだけです。

禁煙、禁酒、しかり。

花粉症対策の注射を打つのをやめ、
薬も一切飲まないようにしました。

ご想像通り最初はつらかったです。

しかし実は薬は飲んでも
辛いものは辛いんです。

それに気づいた僕は
薬を飲むのを一度
止める勇気を持ってみました。

薬を止めること。
それさえ乗り越えてしまえば
きっと楽になるはずだ!

そう信じてやってみました。

その結果想像をはるかに超えるほど
花粉症の症状が和らぎました。

いったい今まで飲んでた
あの薬はなんだったんだ?

あくまで「僕の場合は」の話なので
保証も何もできません。

しかし事実は伝えることはできます。

薬はその場の症状をごまかしてるだけで
何も体質改善にはなっていないことは
僕にとっては明らかに結果として
出てしまいました。


ここでビジネスの話に転換してみましょう。


買い手。
花粉症の症状がひどい、だから
薬を飲めば楽になれる。

売り手。
この薬が花粉症で苦しんでる人を
助けられる。

お互いニーズとウォンツがマッチしているので
何の問題もないように思えます。

しかし花粉症を治すということに対しては
何の効力もありません。

僕の場合はそれどころかどんどん
花粉症がひどくなりました。

ここがクセモノです。

ニーズとウォンツが合ってるので
誰も気づかないまま麻痺しています。

無意識の領域です。

直感的にそれが正しいことなのだと。


実は営業においても
同じ事が言えます。

売り手と買い手の
ニーズとウォンツがマッチしていると
営業マンがついつい正しいこととして
無意識のうちにやり続けてしまう落とし穴があります。

花粉症の薬を服用することと同じように
それをすればするほどどんどん
症状がひどくなる。

つまり売りづらくなる。

多くの営業マンは
「それをやっちゃったら
 その場はいいかもしれないけど
 後々絶対に売れなくなっちゃうよ。」
ということを平気でやり続けています。

その花粉症の薬に値する部分を
営業の場面においては
何にあたるのか、
それを3月5日(火)にセミナーで説明します。
http://okada-koji.com/talk/

何かを「する」のではなく
「やめる」だけで売れるようになる。


逆にこれを知れば、花粉症と同じように
最初はつらいかもしれません。

しかしその後は安定的に
売り続けることができるようになります。

しかも苦労せずにお客様の方から
売って欲しいと言ってくるようになります。

しかも、しかも、しかも、何度も言いますが
何かを「する」のではなく
「やめる」だけでいいのです。


この内容は本当にレアな情報なので
セミナーとして人に伝えるのは
今回が初めてです。

冗談抜きで、これを聞いたら
怖くて●●ができなくなるでしょう。

花粉症の薬を飲み続けて
眠れない日々を過ごしますか?

それとも今年の僕のように、
「今年は花粉の量が多いらしいね。」
などと他人事のように笑って過ごすか?

どちらを選んでもあなたの人生なので
まったく問題ありません。

3月5日(火)18時30分~
お待ちしております。
http://okada-koji.com/talk/

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ