メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

2013年9月のアーカイブ

見込み客が増え続けてしまう仕組み

どうしてあの人ばかり
たくさん売れるんだろう?

扱っている商品は同じなのに。

そんなに営業かけてないのに
なんであんなにたくさん売れるんだ?

買おうとしているお客さんが
偶然舞い込んでくるようにしか見えない。

そりゃ、あれだけ売れれば仕事も
楽しいだろうな。

僕は・・・と言えば・・・(ToT)

一生懸命営業活動しているのに
売れるどころか、商談数すら少ない。

根性で数こなして、
どうにかこうにか・・・。

そんな状態から抜けきれない。

結構マジメにやってると思うんだけど。
商品だって決して悪いモノじゃないのに。

いや、客観的に見ても
良い商品だと思う。

数少ない既存のお客さんも
喜んでくれているし。

お客さんはみんな僕に対して
「満足してるよ~」
と言ってくれている。

でも口コミなんておきやしない。
紹介もしてくれない。

どうにか紹介してもらえないか。
頼んでみた。

「もちろんいいよ~。」

みんなそう言ってくれる。

でも実際紹介なんて誰もしてくれない。
競合他社の紹介はいろんなところで
耳にするのに、僕は紹介なんて
もらったことがない。

口ではみんないいことしか言わないんだ。

紹介なんてきっと裏でお金を渡してるか
会社組織でそういう仕組みができているか
とにかく大きな力が動いているんだろうな。

袖の下とかあるのかな。。。

どうやったら本当に、実際に、
リアルに、マジで、現実味のある
紹介ってもらえるのかな?

これは僕がサラリーマン時代
売れなくて悩んでいた時、
本当に思っていた僕の心の中の感情です。

もはや「幻」にしか思えない「紹介」。

紹介なんて絶対にもらえない・・・

そう諦めかけていた時
僕はプライベートである一人の
整体師さんを友人から
紹介されることがありました。

「紹介をどうやったらしてもらえるか?」

まさにそれに悩んでいた時に、逆に
僕が友人によって整体師さんを
紹介される側になったのです。

僕はその整体師さんがどこの誰か?
どういう内容でいくらかかるのか?
そんな紹介の内容よりも

その紹介しようとしている友人が
なぜ整体師さんを僕に紹介しようとしたのか?
を徹底的に聴きました。

もちろんご想像の通り
「紹介したかったから・・・」
というのが友人の表面的な理由です。

しかしそれだけではもちろん今までの
悩みからはそんなに進展はありません。

もっときちんと分析して
自分の業界に落とし込んで
いろいろと試さないと!

そう思って根ほり葉ほり聴きました。

おぼろげながら何となく
紹介をしてくれる理由が見えてきました。

それをノウハウ化して
いろいろと試してみました。

結果は・・・・。

少しずつでしたが
効果は出てきました。

なるほど。
こうやるのかと。

ちらほらですが紹介をもらえました。
幻が現実に変わった瞬間です。

でも正直、まだまだ不安定。
紹介はしてくれますが
どことなく飛び込み営業に近い
よわ~い紹介。

実際行ってみると

「え?どなたですか?
 は?
 
 あっ!
 あーあーあーあー。
 はいはいはいはい。

 あー、あいつの紹介?
 本当に来たんだ?」

みたいな感じです。

そこでさらに磨きをかけるために
いろいろ工夫をしてみました。

結果は・・・・・・・。

飛び込み営業してる暇がないくらい
次から次へと商談が飛び込んできました。

他人の推薦ってすごいですね。
一人で飛び込みして売るよりも
楽勝で売れてしまうのです。

こうなってしまうと紹介を貰わないで
孤軍奮闘するなんて、もはや
バカらしくてやってられない。

営業において紹介をもらう方法を知る
ということは
強力な武器を身につけたと同じ事です。

僕は営業や販売という職種についている以上
紹介営業が「最強」だと
いまだに確信しており、

それ以上に効果の高い方法を
残念ながら知りません。

それ以外で最強だと思う方法があれば
逆にぜひ教えてもらいたいです。

あなたも紹介営業の方法をぜひ
身につけてください。

紹介をしてもらう方法を
見つけるには、

あなたに何かを紹介してきた人に
「なぜそれを紹介しようと思ったか?」
それを逆に質問するのです。

徹底的にリサーチすれば
必ず見えてくるものがあります。

それを効果がでるまで試すだけです。

作業は大変ですが、
考え方はシンプルです。

必ず結果が出ますので
信じて研究してみてください。


ちなみに僕が紹介を増やすために
やった方法を知りたい方は
こちらにお越しください。
https://www.facebook.com/events/550108615062585/

僕が実際にやった効果の出た方法、
具体的に何をやったのかを公開します。

知りたい方は応募を今週末には締め切るので
今すぐお申し込みください。
https://www.facebook.com/events/550108615062585/

お楽しみに!

売上を爆発させるために必要なステップ

営業という仕事は普通にまじめに
やっていると売上がまったくゼロ
ということは逆に難しいです。

これは現状、あなたがまじめに
一生懸命やり続けてさえいれば
共感してもらえると思います。

「いやいやいやいや。
 何を言っているんですか?

 人には得意なこともあれば
 苦手なこともあり、
 どんなに一生懸命やっても
 できないものはできないんですよ。」

と、もしそういう考えが
こびりついているのであれば
まぁ、ゼロのままでしょう。

僕は否定されても全く困らないので
そのままでゼロ街道を
走り続けてください。

逆に、

「否定するつもりはないです。
 ただ、まじめにやっている
 つもりなのですが
 ゼロが続いていて困っています。
 何がいけないのでしょうか?」

僕のところに相談に来る方は
この位置で悩んでいる方が
少なからずいます。

ずーーーっとゼロが続いている人は
厳しいようですが、自分の胸に
手を当てて思い返してみてください。

「本当に手を抜いてないですか?」

これらの問題は僕が
責める義務も資格もないので
これ以上は言いません。
自分で確認してください。

そして一番多い相談は、

「まったくゼロではないですけど。
 こんなはずじゃ・・・。
 頑張ってる割に明らかに売上が少ない。
 思うように数字が伸びない
 安定した売上が出せない。
 売上が平均以下なのが明白。」

この位置にいる人たちです。

この人たちは確かに頑張っていますが
正直まだまだ「具体的な」一生懸命さが
足りません。

決して根性論ではありません。
それを今から説明します。

では「具体的な」とは何を指すのか?

その前に売れている人の
特徴を観察してみましょう。

あなたが尊敬するというか
あーいう風になりたいなぁ
と思うビジネスマンって
どんな人でしょう?

話が面白い人
話を聴いてくれる人
話が上手な人
ちょっと変わった人
頭がいい人
行動力がある人
でもあまり焦ってない人
余裕がある人
自信がある人
何か面白いことをやらかしてくれる人

概ねこんな感じですかね?
他にもあれば付け足してください。。

いずれにしても
「普通じゃない人」
時に
「非常識な人」
なのかもしれません。

そりゃそうですよ。

売上実績が非常識な数字を
ただき出しているのであれば
性格や行動も普通ではないと
思います。

ではどうやってその
非常識なことをやってのけているのか?

それには段階があります。

まずはじめに

アイデアマンであることが大切です。

アイデアとはまさに
普通ではないことが
アイデアですよね。

よく目にする
よく耳にする
アイデアはもはや
アイデアではありません。

アイデアマンになること
つまり自分で斬新なことを
考える能力を身につけることが
大切です。

売れない人はこのことを言うと
すぐに
「それができないから・・・」
「それができたらとっくに・・・」
と言います。

アイデアマンになる方法は
頭に汗をかく事です。

簡単です。

まずたくさんのアイデアに触れてください。

ネットで売れているお店や
急成長している会社のホームページや
経済ニュースなどをアンテナを貼って
よくよく注意して見ていれば
結果が出ているアイデアなんて
ゴロゴロ転がっています。

それをどうして上手くいったのか?
人とは何が違うのか?

そういう視点でモノを見るように
してみてください。

それが多ければ多いほど
自分で考えられるようになります。

ネットでなくても実生活で
少し視点を変えれば
良いアイデアは星の数以上にゴロゴロ
転がっています。

とにかくより多くのアイデアに触れて
考えて頭に汗をかきましょう。

これだけ具体的に言っても
やらない人はやらないので
やったもん勝ちですよ。

あなたはやりましょう。

次に、そのアイデアが
いいのかどうか不安になる
という段階に来ます。

先ほども述べましたが
アイデアとは前例がないですし
常識から外れたものが
アイデアですから
周囲から否定をされやすい性質なんです。

否定される性質であるにもかかわらず
否定されると落ち込んだり
自信をなくしたりする人がいます。

アイデアを人に話した時に
普通の人が否定したらラッキーです。
常識から外れているということですから。

いちいち落ち込んでる場合ではありません。

ただし、否定の中でも
「聞いたことある。」
とか
「見たことがある。」
「経験したことがある。」
だからやめた方がいいという
否定は受け入れましょう。

そこから先にあなたにまだ
新しいアイデアが続くのであれば
やってもいいですが
それ以上でもそれ以下でもない
ただ自分が新しいと思っているだけの
アイデアはアイデアではありません。

そして否定され続けると最終的には
「実行に移せない。」
という段階で惜しくも
目標を諦めてしまう人がいます。

せっかく人と違う思考力を身につけ
人から否定されるほどの非常識な
戦略を持ったにもかかわらず・・・

もったいないです。

確認のためもう一度言います。

人とは非常識にかけ離れた
営業成績を残したいのであれば
やはり非常識なことをしなければ
なりません。

それが量なのか質なのかは
あなたが選べばいいだけです。

質を高めることが苦手なのであれば
量を選ぶだけでいいのです。

ひたすら寝ないで働けばいいだけです。
非常識なくらいに。

でも殆どの人はそれを選びたがりません。
だとしたら考えましょう。

1日30分しか働きたくない
でもトップセールスになりたい
というのであれば
非常識な営業方法を考え抜いて
試して失敗して試して失敗して
30分働けばトップセールスに
なれるまで考え抜くことです。

そしてその考え抜いた非常識な
アイデアを誰がなんと言おうと
実行に移すということです。

もしビビってやれないとしたら
それはあなたが考えたアイデアではなく
誰かから指示されたアイデアの
可能性があります。

これはいい!
と自分で思いついたアイデアは
普通は行動に移してみたくなるはずです。

それが
「どうしてもできない!」
というのであればどこかで
誰かの思考が混じっている
アイデアの可能性が高いということです。

なので自分で考える癖をつけましょう。

あとは、もしどうしても
アイデアを出すのが苦手
というのであれば
素直になることです。

「素直になれ!」
とか
「売れてる人のマネをそのまましろ!」
「自分を捨てて殻をやぶれ!そうすれば売れる」

というのはアイデアを考えることができなかったり
試行錯誤できない人がやる方法なんです。

もちろんそれはとても有効的な
やり方の一つという意味です。

アイデアを出すのが苦手な上に
考えてる暇もないのであれば
人のアイデアをそのまま素直に
微塵も疑うことなくやりましょう。


まとめます。

売上が爆発するためのステップとは

①いいアイデアがひらめくように常に練習しておく
②アイデアは否定される性質なので否定されたらOK
③否定されたら自信を持つ、否定されなかったらまだダメ。
④否定されたら落ち込んでないで実行に移す

⑤考えるのが苦手な人は量を超大量にこなす。
⑥人のアイデアに乗るなら
 迷うことなく素直にそのままやる。

以上です。

ビビらずに楽しんでいきましょう!

商品も人も会社も信用されているのに「紹介」をもらえないのは?

営業マンなら喉から手が出るほど
欲しいもの、

それは

「見込み客」だったり
「商談のアポ」だったり
しませんか?

恥や外聞をすっ飛ばして
ストレートに本音を言ってしまえば

「売上」や「契約」そのもの

が欲しいと思います。

さらに本音を言えば
「給料もっと欲しい♪」とか。 ^^;

では、なぜ喉から手が出るほど
それらが欲しいのか?

言うまでもなく、
それらを手にすることは
「とても面倒で大変だ」
ということを知っているからです。

だからと言って決して
何もしないのに給料もらえるとか
売上が勝手に上がるとか
そんな堕落した生活を
望んでいるわけでもない。

ただただ人は不安を
感じているのだと思うのです。

どんなに一生懸命やっても
それが確実に売上に結び付くとは
限らない。

いや、逆に一生懸命やればやるほど
成果に結びつかなければ
余計にみじめになる。

自分のやり方は正しいのだろうか?
会社は自分を必要としてくれて
いるのだろうか?

いや、そもそも世の中は自分を
必要としているのだろうか?

もし最低でも自分が頑張った分だけは
成果につながると保証されていたら
どんなに精神的に楽になれるだろう・・・と。

僕が実際そうでした。

神様でも仏様でも誰でもいい。

僕の頑張りを見て
売上を保証して欲しい・・・と
本気で願いました。

言うまでもなく、それは
ただの「願い」でしか
ありませんでした。

頑張った分だけ成果が保証される・・・

そう願うことが営業の世界では
そんなに大それたことなのか?
叶わぬ願いなのか?

神様が保証してくれなくても
せめて周りの人が応援してくれても
いいのでは?

ん?
周りの人が応援?

そうだ!
「紹介」してくれてもいいじゃん。

どうして、僕の周りの人は

「よくがんばってるね~。」

と言ってくれるだけで
「紹介」をしてくれないのだろう?

「売上」や「契約」そのものではないけど
「見込み客」を見つけてくる行為や
「アポイント」を取る作業が省かれるだけでも
どれだけ助かるだろう?

「契約」に至るまでの行程や
「信用」を得るまでの行程が
どれだけ楽になれるだろう?

せめて紹介が欲しい!

「紹介してください!」

僕はたくさんの人に言いました。

「あー、いいよ。もちろん。
 いつでも紹介してあげるよ。」

多くの人が快く引き受けてくれました。

「やった!これで少しは楽になれる!」

そう思ったのもつかの間。

待てど暮らせど紹介は
してもらえませんでした。

ひょっとして本当は商品を
気にいってもらえていないのでは?
もしかして信用されてないのでは?

いろんな疑惑が出てきました。

「そうだ、そうに決まってる。
 実は商品を気にいってないんだ。
 実は僕は信用されていないんだ。
 僕に気を使ってるだけなんだ。」

僕は恐る恐る確認をしてみました。

しかし返ってきた答えは意外にも・・・

「満足してるよ。これ本当に買って良かった。」

あ、あれ?

でも紹介してくれない。

何かがおかしい。。

そこで僕は真剣に考えました。

あなたは僕の何がいけなかったか
わかりますか?

僕はあることに気がついて
紹介をたくさんもらう方法に
たどり着けました。

あれもやってもダメ
これもやってもダメ・・・。

そんな僕がようやくたくさん
紹介をもらえるようになり
売上が爆発したその方法とは。

ちなみにですが、
金銭的な報酬を与える方法は
正直、うまくいかないことが多いです。

絶対NGというわけではありません。

しかしビジネスで行う営業と
善意でしてくれる紹介は
まったく別物です。

紹介をしてくれる人というのは
金銭目的ではないことがほとんどです。

金銭目的の人は逆にいえば
どこの会社のどんな商品であれ
売れれば何でもいいのです。

だから紹介が長続きしない。
すぐに信用を失いますから。

いいですか?

紹介をもらいたかったら
金銭の報酬は与えない方が
いいですよ。

瞬間的には紹介してくれますが
継続はしてくれません。

なので、それとは異なる方法です。

毎度のことですが
この続きはいつものセミナーで
お伝えします。
https://www.facebook.com/events/550108615062585/

紹介をもらえない
その理由を明らかにして
紹介してもらえる方法を
お伝えします。

もしあなたが良い商品を扱っているのに
紹介をしてもらえそうで
なかなかしてもらえないのなら
お越しください。
https://www.facebook.com/events/550108615062585/

継続的に紹介してくれる方法が
わかると思います。

意外な盲点がそこにありますよ。

今日も最後までお読みくださり
ありがとうございました。


クリエイティブ・セールス・プロモーション
岡田浩二

ひきこもり

ひきこもり。
説明するまでもなく
外に出ないことです。

もしあなたのお子さんが
部屋にひきこもっていたら
どうでしょう?

いいよ。
いいんだよ。
あなたはあなたのままでいい。
そのままでいいんだよ。

と思いますか?

それとも
ウダウダ言ってないで
さっさと出てきやがれ。

と思いますか?

それとも
気づいていないフリをして
なかったこととして
無視しますか?

僕は1人の親として失格かもしれませんが
間違いなく、
「さっさと部屋から出て来い」系の
考えをしてしまいます。

子供は子供なりに悩んでいると思います。

・・・が、ことビジネスに関しては
この考えをしない限り
売上を継続維持することは
難しいでしょう。

特に店舗を構えている人は
とかく「店で待っているだけ」
という人があまりに多い。

店があって人通りが多ければ
人は店に勝手に入ってくる。

良いサービスをして
良い商品があれば
人は勝手にやってくる。

そう思っている。

甘いです。

だとしたら人通りの多い、駅前のお店は
1件もつぶれないですよね。

残念ながら10年もつお店は稀です。

つい最近も僕が知っているある飲食店が
駅前のそれもかなり人通りもあり
さらに信じられないような
安いテナント賃貸料で
経営していたにも関わらず
あっさりつぶれました。

どうやったら赤字になるんだよ?
とにわかに信じられないほど
恵まれた立地条件です。

でも容赦なくつぶれてしまいました。

理由は常にお店が閑古鳥状態。

大家さんに聴きました。
その経営者はもちろん
従業員も外に出て行かなかったそうです。

お店の中であーでもない
こーでもないと悩んでいたそうです。

もちろん考えることは悪くはありません。
しかし人の頭の中の答えなど
成功するにはほんの少しの
要素でしかありません。

それなのに考えることしかしなかった。

いや、もしかしたら
考えるフリをしていただけで
実際は何も考えていなかった
のかもしれません。

百歩譲って考えていたとしても
それを実行に移さなかった
のではないでしょうか?

ビジネスアイデアも
リサーチも
市場の動向も
あなたが求めている欲しい答えは
お店の中には間違いなくありません。

もちろん人の頭の中にもありません。

いや、あるにはありますが
それは過去の記憶だけです。

今、そしてこれから未来に向けて
必要な情報は間違いなく
あなたの頭の中だけではなく
そして店の中だけでなく
それらの外にあります。

だとしたら店から飛び出して
外の人と会い、聴き、
そして教えてもらい、
いろいろな刺激を受けることが
もっとも売上につながる
「何か」を見つけられるのでは
ないでしょうか?

お店を作って、良い商品を作って
良いサービスを提供する準備を万端にして
あぐらをかいてしまっている人。

危険ですよ。

とにかく外で遊びましょう。

そうすれば普通の人なら
どういうことか肌で感じ取れます。

これが市場が望んでいることか・・・と。

お試しください。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ