メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

2014年7月のアーカイブ

恐怖をおさえる

最近の小学生事情は
わからないのですが
僕が小学校低学年のころ、
予防注射があると
必ずクラスで何人かの子が
泣いていました。

さすがに僕は注射で泣いた記憶は
ありませんが、決して楽しい思い出
ではなかったですね。

並んで自分の順番が来るまでの時間、
ドキドキしていたのを覚えています。

話は変わりますが
今から10年くらい前に
グアムでスカイダイビングに
挑戦してみました。

この時もまた実際に飛ぶ
順番がくるまでは
そりゃもうドキドキでした。

僕は資格も何ももっていないので
タンデムジャンプと言って
熟練の先生を後ろに背負う形で
二人で飛びました。

スカイダイビングの経験がある人なら
わかってもらえると思いますが
バンジージャンプと違い
飛び降りる高さが
非現実的な高さなんです。

雲の上から飛ぶのです。
高過ぎるのです。

高度何フィートという
具体的な数値などは
もはや意味をなしません。

もう何フィートでもいい。
とにかく高過ぎ^^;

なので気持ち的には
「落ちる」という感覚よりも
飛行機から外に出た瞬間
その空間に「置いていかれる」
そんな感覚なのです。

で、気づくとすごいスピートで
落下している・・・。

あー、やっぱり
真下に落ちるんだよなぁー
みたいな不思議な感覚です。

聞いた話によりますと
時速200kmくらいで
落下しているそうです。

でもそのときは恐怖よりも
地球の美しさを目の当たりにして
感動や気持ち良さの方が
数千倍、数万倍上回っているのです。

今回はスカイダイビングを
勧めているわけではないので
話を戻します。

注射などは冷静に思い返してみると
決して「激痛」ではありません。

足の小指をタンスの角にぶつける方が
よほど痛いです。(ToT)

スカイダイビングも
飛行機の降り口まで来たら
後ろの先生がためらう暇を与えず
何事もないかのようにそのまま
一緒に飛行機の外に出されます。

で、気づいたら落ちてます。

スカイダイビングは
飛行機が地面から離陸して
雲の上まで行く間に
恐怖は増していきます。

そして

落下ポイントまで上昇して
次々と同乗している人たちが
落ちて行くのを見ていると
生きた心地はしません。

恐怖度MAXです。

足はガクガク。

つまり

注射にしても
スカイダイビングにしても
ドキドキして恐怖を
感じているのは
「待っている間」なのです。

でも実際にやってみると
想像の恐怖には遠く及ばず
大して痛くもないし、
怖さよりも感動するのです。

僕が営業マンとして初めて
知らないお宅へ飛び込みをしたり
電話営業の電話をかけたりした時も

いや、

それらをする「前段階」が
ガクガクして怖かったのを
覚えています。

怒られたらどうしよう?
うまくできなかったらどうしよう?
難しい質問をされたらどうしよう?
無視されたらどうしよう?
水や塩を巻かれたりするのかな?
警察呼ばれたりするのかな?

でも実際にやってみると
怒られるということはまずありません。
ましてや警察を呼ばれたりはしません。

電話にしてもいきなり切る人は
ほぼいません。

割と丁寧に普通に話をしてくれます。

チラシなどをポスティングしても
クレームの電話が掛かってくる
ということは滅多にありません。

どれもこれも悪いイメージに
過ぎません。

実際にやってみると大きなダメージを
受けることはまずありません。

ただ実際にやる前に
恐怖で動けなくなっているだけです。

その恐怖を取り除くのは
さっさとやることです。

注射にしてもスカイダイビングにしても
待てば待つほど恐怖が増していきます。

その恐怖に打ち勝つのは
逆に大変になります。

僕がやったスカイダイビングのように
有無を言わさず先生に縛られて
さっさと飛んでしまえば
恐怖が少なくてすみます。

飛び込み営業にしても
玄関のブザーを鳴らすまでは
ドキドキするかもしれません。

でも鳴らしてしまえば、実際、
大したことは起こらないのが現実です。

良い意味で拍子抜けするでしょう。

これはどんなことでも言えると思います。

特に初めて何かをする時は
恐怖で動けなくなります。

お恥ずかしい話ですが
独立起業したての頃は
サーバーとドメインを借りるのに
失敗したらどうしよう・・・・
と怖くてなかなか手が出せませんでした。

今となってはサーバーとドメインを
借りる契約更新などは
「煩わしいいつもの作業」
くらいの感覚です。

ブログ開設のアカウント取得や
確定申告などもただただ恐怖でした。

でもやってみると生死にかかわるような
大問題が起こるものは
だたの一つもありません。

たぶんスカイダイビングが
それに一番近かったです。

恐怖は決してそれらを
している時には襲いません。

それらをせずに
「待っている」時に
襲ってくるのです。

しかも待てば待つほど
その恐怖が増幅して。

だったら待つ時間、つまり
ためらう時間を少なくすればするほど
その恐怖は小さくて済みます。

誰が言ったか忘れてしまいましたが

「セミナーで質問などをしたいのに
 恥ずかしくて(恐怖で)手を挙げられない
 それを克服するにはどうしたらいいか?」

というアンケートに書かれた問いに

「手を挙げてみる事です。」

というなんともトートロジーな
回答がありましたが
まさに的を射ていると思います。

「案ずるより産むが易し」

いつかはやらなきゃいけない
と思っているけど
怖くてなかなか踏み込めない

そんなものは
さっさと行動に移しましょう!

恐怖に負けて予防注射を
1日せずに・・・
2日せずに・・・
1週間せずに・・・
泣き続けていたら
どれだけ青春時代を無駄に
過ごす事になるでしょう?

恐怖は待てば待つほど
増幅します。

恐怖を少なくするコツは
「待ち時間を少なくする。」
です。

再会

誰のお世話にもならず一人で
生きていると思っている、
それは「勘違い」であることは
言うまでもありません。

特にビジネスにおいては
それが顕著にわかる時があります。

自分が苦しい時ほど
人の温かみを感じるパワーが
強いです。

僕も起業したての頃は大変でした。

今の忙しいという意味での「大変さ」
とは異質の「大変さ」がありました。

なんと言うか良い意味で苦しい。

起業したてで楽しいんだけど
実際やることが多すぎて
息ができないくらい苦しい。

それでも矢継ぎ早にいろいろ
実行に移さないと
未来への不安だけが増大していく。

起業したてってそんな時期ですね。

ある意味、今でも未来の不安が
ないと言ったら嘘になりますが。

やはり起業したての頃と比べると
どうしてもパワーが違います。

そんな苦しいときに
僕は幸運にも同業の大先輩から
いろいろとアドバイスを
いただけるチャンスがありました。

そして力も貸してくれました。

初対面の僕に、
何の信用も後ろ盾もない僕に
笑顔で、そして二つ返事で
力を貸してくれました。

本当に感謝しかありません。

その大先輩と明日久しぶりに
再会です。

日本営業ツール研究所 
代表 吉見範一さん

7月24日18:30から
B-nest 静岡市産学交流センター6階
(静岡市葵区御幸町3-21)
プレゼンテーションルーム
吉見さんのセミナーが開催されます。

すでに満席で申し込みができません。

「だったら書くな!」

と怒られそうですが
セミナーに参加できなくても
書籍があるのでぜひお読みください。


●「売れる営業」のカバンの中身が見たい!
-"新規開拓の神様"が明かす必勝ツール34


●奇跡の営業所

「奇跡の営業所」は著者は違う方ですが
主人公が吉見さんです。
電車の中では読まない方がいいです。
うるうる保証。ハンカチ必須。

そして運良くセミナーに申し込まれて
参加できる方はお楽しみに!!

吉見さんは話し方が柔らかくて
そして面白くてとても惹き込まれます。

僕も会場にいます。
見かけたら声かけてください。

セミナー営業への近道

セミナー営業って流行ってますよね?

セミナーをやってそこに集まった
興味を持ってくれた人に
さらに次の提案をする。

今さら流行ってるというほどのことでも
ないのかもしれませんが、
ブームで終わらずに割とこの流れは
まだまだ続きそうです。

営業マンとして露骨に売り込むのではなく
興味のある人を集めて
自分が先生になってセミナーを開き
商品やサービスの必要性や魅力を伝える。

そこでさらに興味がある人へ
後日詳細な内容を示し商談へ進んで行く。

本当に興味のある人だけが残るので
優良な見込み客になります。

想像してみて欲しいのですが
優良な見込み客しかいないところへ
営業活動できるのです。

どれだけやりやすいか。

無差別にメールを送ったり電話をしたり、
飛び込みをしたりすると
その99%は相手にしてくれません。

ですのでこのセミナー営業という方法は
割とスマートな営業方法だと思います。

みんなやればいいのに・・・。

と僕は思っているのですが
なかなか敷居が高いようです。

一歩を踏み出せないのは

たぶんやったことがないから
どうやっていいかわからない

そんな理由からだと思います。

それに大勢の人の前で
話した事なんてない。

この理由もよく聴きます。

最初から大きく成功させようと思わずに
小さく、見よう見まねでやってみればいいと思います。

メールなどは本人がそう思っていなくても
スパム扱いされてしまったり
電話営業では有無を言わずに話の途中で
切られたり、
飛び込み営業では怒鳴られたり

そんな嫌な想いを毎日させられてるくらいなら
まず、小さくやってみることの方が
はるかに精神的に楽になれると思います。

それでもやっぱり未経験ですと
不安の方が大きい・・・
その気持ちもわからなくもないです。

これは何にでも言えることですが
その気持ちを乗り越えなければ
いつまでたっても停滞したままです。

ビジネスにおいて停滞は時間が経過する
分だけ衰退とイコールです。

停滞=衰退

やっぱり乗り越えるのも一つの
成長の手段かと。

不安に負けてしまう人は
一度このイベントに遊びに
来てみてください。
https://www.facebook.com/events/465642063539232/

セミナー未経験者、
もしくはまだまだ腕を磨きたい人たちが
自分のビジネスでセミナーをやるための
練習としても利用してくださっています。

セミナーの練習をお客さんの前でできる。
しかも5分や10分ではなく
しっかり50分。

しかも何より一番不安な部分の
「集客」を一切やらなくて済む。
自分はセミナーにチャレンジしてみるだけ。

いつかやってみたい!

そんな気持ちがある方は
特に事前にどんな感じで行われているか
見に来てイメージをつかむのを
いいかと思います。

もちろん見るのは無料です。
無料。

10代~70歳くらいの方まで
幅広く参加してくださっています。

やったことがない

という理由だけでやらないのは
いつまでたってもできないですし
本当にもったいないんです。

このイベントでしたら
その敷居が超低いです。

いままで本当に多くの人たちが
ここでセミナー講師デビューをし
ビジネスに役立つ情報を発信しています。

もしまだまだ敷居が高いけど
これからはやっていきたい
やってみたい
と思われる方は無料ですので
一回遊びにきてください。

主婦から現役の営業マン
学生や経営者に至るまで
内容に関しても玉石混淆で
意外に面白いものが多いですよ。

https://www.facebook.com/events/465642063539232/

お客さんが増えた後の落とし穴

先日、とある場所で「営業」について
講演をさせていただきました。

参加してくださった方たちは
非常に柔軟性のある方たちでした。

頭がやわらかいので
きっとこの人たちなら
理解してくれるだろう・・・

と思ってしまい、

普段めったに話をしない
とある「秘伝」を
その場で口をすべらせて
公開してしまいました。

会場内はウケてアンケートにも
非常に良い評価を書いてくださる
方がとても多かったです。

その秘伝とは

費用を一切かけずに
上司のたった一言だけで
部下たちがやる気満々になり
目の色を変えて
営業活動をしまくる

そんな都合のいい方法です。

もちろん給料やインセンティブ、
ボーナスを上げずに・・・です。

部下を褒めたり、おだてたり
しません。
理念を熱く語る必要もありません。

実際に僕の経験談ですから
理想論ではありません。

現実に成功した方法です。

今まで死体のように動かず
さぼりまくっていた部下たちが
飛び込み営業ですら
とち狂ったように
率先してやるのです。

この話はひっぱっても
仕方がないので
先に言っておきますが
今日、このブログ内で
その秘伝は公開しません。

ですから、それを期待して
読んでいるのでしたら
時間の無駄になります。

さっさとこのブログを閉じて
読むのを止めてしまいましょう。

ところで

僕にはまだまだ
こういうネタがたくさんあります。

先日はたまたま一つだけ講演で
公開してしまいましたが
他にもたくさん持ってます。

僕には信念というか
必ず守っている事があります。

それは僕を信用して
僕に会いに来てくれる人には
とことん「得」をしてもらう
ということです。

ですから今後もセミナーなどに
参加して実際に会いに来てくださったり
僕のコンサルを受ける人には
惜しみなくそれらを伝えていきます。

それが礼儀だと思うから。

僕が

「来た方がいいですよ~」

と案内しているセミナーなどには
できれば来てもらいたいのです。

それはただ単にお客さんの数を
増やしたいからという理由だけでなく、
参加された方が絶対に得をする情報を
惜しみなく出すからなんです。

今回の秘伝は普通に考えたら
まずたどりつかない方法です。

日本でこんなことを言って
部下のやる気をおこさせていたのは
僕だけかと。

そんなレアな情報でも
会いに来てくださる方には
つい出してしまいます。

ところで・・・

あなたのビジネスは
いかがでしょうか?

わざわざ会いに来てくださる方を
優先していますか?

SNSやメールなどでやりとりしたり
ブログしか読んでないような人が
得をする仕組みになっていませんか?

最初は無料でいろいろ提供して
得する人がたくさんいる。

それによってお客さんは
増えていくかもしれません。

しかしだんだんお金を払うのが
バカらしくなります。

なぜなら、お金を払って
わざわざ会いに行っても
新規のお客さんの方が
優遇されているから。

そう感じとられてしまったら
もう遅いです。

かなり遅いです。

「最初は無料がいい!」
「惜しみなく出せ!」

よく言われることです。
確かにその通りです。

しかし何も考えずにただ単に
自分を安売りするのは
後々自分の首を絞めることに
なるので注意しましょう。

ちゃんと考えて集客をする。

「お客さんが増えればいい。」
といろいろ過激なことをしていても
確かに増えるかもしれません。

しかしすぐにお客さんは
いなくなってしまいます。

ルールはシンプルです。

会いに来てくださる方を
最優先で得してもらう。

それを徹底すれば
優良なお客さんが
あなたの前から去ることは
ないでしょう。

去るのは無料で何かを欲しがる
お客さんだけです。

多くの人がその「逆」の現象に
苦しんでいるのを見ます。

優良なお客さんが去り
無料で何かを欲しがる
お客さんだけが
「次はまだか?」
と残ります。

そりゃそうだろうなと。
原因がわからないのは
一時の成功にしがみついているから。

点ではなく線で考える。
線ができたら次は面を・・・
面ができたら次は箱を・・・

それがビジネスモデルを
考える基本です。

p.s.
ちなみに・・・
これは参加した方がいいです^^
満席となりましたが増席しました。
あと1名のみです。
https://www.facebook.com/events/528284493961505/

https://ssl.form-mailer.jp/fms/8815d3fb304823

超能力のような能力

初対面の人にまさに会った瞬間に

「優しそう」とか
「怖そう」とか
「神経質そう」とか
「大人しそう」とか
「子供っぽい」とか

なんとなく感じることって
あると思います。

会った瞬間ですからまさに
見た目だけで判断します。

「優しそう」などの「○○○そう」

という言葉は大昔から
存在するくらいですから
「○○○そう」という「状態」は
何となく万人に共通する何かの
要素があると思います。

例えば「優しそう」という状態は

目尻が下がってるとか
笑った顔が素敵だとか
話し方が穏やかだとか。

外見によるその人の状態を
100%的中させることはないにしても
大きく外れることは
少ないと思いませんか?

たまに見た目と真逆の人も
いることにはいます。

「人は見かけによらない」
という言葉のお手本のために
存在するようなギャップのある人です。

でもそれはまさに
ギャップという言葉が
示しているように
本当に珍しいことだと思います。

珍しいがために
ギャップのある人が
とかく注目されがちですが

冷静によくよく考えてみると
やはり多くの人は
その第一印象通りの性格が
当てはまるのではないでしょうか?

さて、あなたはこの
「見た目の印象と性格の一致」
という意見に対して

「そうだよなぁ。」
「そうかもしれない。」

と思いますか?それとも

「いやいや、人を外見だけで
 判断するなんて言語道断。
 実際は見た目と違った人が多い。」

と思いますか?

正解はありません。

「あなたがどう思いたいか?」

でかまわないので
ちょっとだけ考えてみてください。

僕は

「人を外見だけで判断したくない」派

です。
心の中ではそうありたいと思っています。

しかし

冷静に自分を振り返ってみると
やはり外見で判断していることが多い
という事実を認めざるを得ません。

しかもその判断のおかげで
相手に合わせてコミュニケーションの
とり方を変えたりして
人間関係を円滑にし、
余計な摩擦を生まずに
相手を尊重できてきた気もします。

それは決して
「自分らしく生きていない。」
とか、
「人のご機嫌を取りながら話す。」
「ゴマをする。」
というレベルの話ではありません。

自分を主張しすぎず
お互い相手を尊重し合うことが
「マナー」のような気がするのです。

初めて会った人が
物腰柔らかで、大人しそうな人だと
自分で判断しているにも関わらず

「おい!男なら!もっと覇気を出せや!」

と大声を出して、相手の領域に
土足で踏み込むマネは
初対面でやるのはどうかと。

それに余計なお世話のような気がします。

自分らしさの主張にはなりますが
相手にはただただ迷惑かもしれません。

コミュニケーションが
キャッチボールではなく
ドッチボールになります。

相手の状態をある程度
外見で判断できていて
わかっているなら
なおさらその能力は
活かすべきだと思うのです。

だからこそ人間には

「大人しそう」
「優しそう」
「ガンコそう」

などと判断できる能力を
神様か仏様かわかりませんが
与えられているような気がします。

営業マンと呼ばれる人種は
初対面の人に一日
何人も会います。

優れた営業マンは
その都度、脳の中では
人間の「タイプ」の
ようなものを整理しています。
意識はしていませんが。。。

だから優れた営業マンになればなるほど
会った瞬間に相手に合わせる術を
身につけています。

それは毎日の厳しい「断り文句」を
大量に浴びせられる環境だからこそ
生みだせる無意識の産物なのです。

営業マンだけではありません。
初対面の人に1日に大量に会う
ことを余儀なくされている人、

例えば

優れた政治家ですとか
優れた経営者などは

魑魅魍魎がはびこるこの世の中
見た瞬間に相手が何を
考えているかなどを
見分けていかないと
とても自分を守ることができません。

「優しそう」
「怖そう」

などの幼稚園児でも
判断できるレベルのものは
たいていの大人は
判断できると思います。

しかし

高いレベルで
こういう外見の人は
こういう価値観を持っていて
何が一番大切で
どういうことが許せないとか
どこに美学を感じているか
どういう性格なのか

などのレベルまでは
さすがにわかる人は
「ほぼ」
いないと思います。

「ほぼ」と言ったのには
もちろん理由があります。

それができる人たちが
少数ながらいるという理由です。

繰り返しになりますが
それが優れた経営者や政治家
トップセールスマンと
呼ばれる人たちなんです。

彼らはそれを自らの体験上で
しかも無意識に構築しているのです。

無意識ですから他人に
教えられるような体系化されたもの
は持っていません。

「ええええええっ?
 なんで初対面なのに
 そこまでわかるんですか?
 しかも的中してるし。こわっ!!」

という声に対して

「えー?そう?
 なんとなくわからない?」

と、他人からしてみたら
超能力に近いものを
さらっと言ってのけるのです。

普通の人がもしこの能力を
身につけることができたら
優れたリーダーになれますし
優れた営業マンになれます。

優れた経営者や優れた管理職
優れたマネージャー
優れた政治家になれます。

人と多く接する職業の人は
高いレベルに自分を飛躍させることが
できると思います。

その体系化されたものを
実は先日、学んできました。

まったくそのとーり!

と言わざるを得ない
体系化されたものです。

あらかじめ言っておきますが
血液型や生年月日を聞いて
または、いろんな質問をして
その結果、人をタイプ分けする
そういう類のものではありません。

まさに見た瞬間に
その人がどういう人かわかるんです。

人を見た目で判断するなんて・・・・

そう思っていた僕が
「うっ、う~ん。否定できない。」
と思わず唸らせたこの「術」は正直
あまり教えたくはありません。

しかしこれからの時代

「優れたリーダーが必要」

だと感じていただけに
セミナー形式で公開することにしました。

矛盾だらけですが
伝えたい気持ちと
隠しておきたい気持ちが
交差する中で
信用できる限られた人に
まずは伝えてみたいと思います。

若干難しさを伴いますので
誤解を生じたまま
広く世間に知られると
悪用される可能性もありますので
今の段階では
秘匿性を重視します。

ですからセミナーでは
録音録画は禁止し
口外も一切禁止とさせていただきます。

そのお約束ができる人で
興味のある方は
一度ご連絡ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8815d3fb304823

セミナー自体は
僕ともう一人
野邊さんという方と
2人で行います。

日程は7月13日13時~17:30
です。
会場は静岡駅から徒歩5分です。

すでに満席に近い状態ですので
お申し込みをされても
お断りすることもございます。

僕が申し込み状況を
管理していないので
リアルな情報はわかりませんが
残り2~3席だそうです。
ちなみに参加費用は15,000円です。

・・・・が、
このブログを見て
応募してくれた人は
1万円に割引しても
いいそうです。

申し込みフォームの備考欄に
「ブログ読者」
と必ずご記入ください。
ご記入を忘れると割引の対象には
ならなくなりますのでご注意ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8815d3fb304823

セミナーの詳しい内容は
こちらに書いてありますので
良かったら読んでみてください。
https://www.facebook.com/events/528284493961505/

もちろんセミナーに参加しなくても
毎日大量に人に会って
厳しい環境に身を置くことで
そういう訓練をすれば
人間の脳というのは
想像以上に優れていますので
知らないうちに
その能力を身につけることが
できると思います。

飛び込み営業をしている
営業マンや
大量に不特定の人に接する
職業に就いている人は
ボーっとただ単に会わずに
ぜひぜひ訓練してみてください。

意識的にやっていれば
10年もかからずにその能力を
身につけることができると思います。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ