メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「2017年を振り返ってみて」の記事一覧

2017年を振り返ってみて

こんにちは
岡田です。
2017年になってもう1月が
終わってしまいました。
ちなみに去年も同じことを
言っていたような記憶があります。
このブログもアメブロから
こちらに完全移行しました。
今後はこちらのブログを
ブラウザなどのお気に入り
ページに登録してもらえると
嬉しいです。
(アメブロの方は更新しません。
 過去記事もそのうち全て消去します。)
さて、先日
毎月開催させてもらっている
「静岡わくわくハラハラ勉強会」で
とあるゲームをしました。
大の大人25人が
頭から煙りを出しながら
悩み、もがきながら
チームビルディングを
学ぶゲームです。
その名も「やぐら鶴」。
名前からして何のことか
想像がつかないと思います。
そこがポイントで
このゲームは
未確定要素が多い中
どうやってゲームを
進行したらいいのか
何がゴールなのか
今していることが正しいのか
これからやろうとしていること
それが本当に正しいのか
などなど色んなことが
わからないまま
前に進まないといけない
ゲームなのです。
しかもこのゲームは
チーム戦なのです。
人はわからないことが多い時は
他人と情報を共有する思考に
自然となるのですが
それでも
重要でなさそうな情報は
つい共有しなくていいとか
勝手に自分のフィルターで
判断してしまいます。
その共有しなかった情報が
もしかしたらとても重要な
情報かもしれないのです。
人はわからない時に不安になります。
そういう場合、
チームであれば
誰かに依存することも
できるのですが
逆に自分が何か謎が解けて
わかった時に
自分の意見が通らないことも
あるのです。
「えー?
 わからないー!」
などと不安がってる人に
自分が確信を持って
意見をぶつけても
「そうかなぁ?」
「そうなの?」
「本当?」
などと言われて
なかなか前に進まないのです。
これがもどかしい。
しかし自分の気付きが
絶対的な正解だとは言い切れない。
「でもきっとそうだ!」
と思っていても
隣人がそれを邪魔するのです。
隣人とは現実の世界では
家族だったり、恋人だったり、
友人だったり、同僚だったり・・・
つまり同じチームのはずの
味方であるにもかかわらず。
そして味方が一致団結しても
すぐに本当の敵が攻撃を
しかけてきたりするのです。
まさに世の中の縮図です。
いかにチームの結束が
重要かを身をもって
体験できるゲームでした。
この不確定要素が多いゲームに
勝つコツというか
一つの重要なポイントが
あります。
それは
「振り返ろう」
ということです。
ゲームに熱中していると
つい熱くなり過ぎて
「早く!早く!」
と焦り始めます。
正しいかどうか
わからないながら
不安を抱えながらも
とりあえず前に進んだ末、
何かが見え始め、
謎が解け始めて
「これでいいんだ!」
と猛進してしまうのです。
最初はわからないまま
手探りでやっているので
常に振り返っている
状態なのですが
熱くなり始めると
この手探りをしなくなります。
「本当にこれでいいのか?」
と振り返ることをしながら、
地盤を固めることも
時に重要なのです。
実は今回
このゲームの考案者の方に
ゲーム進行をお願いしたのですが
その方も
「熱くなってくると
 必ず振り返ることを忘れます。」
と何度も最初に忠告してくれました。
さらに予言として
「これだけ言ってもゲームが始まると
 振り返ることを絶対忘れます。」
と言い切っていました。
そして・・・
その通りになりました(笑)
人間ってある意味、
単純ですね。
2017年が始まって1ヶ月が過ぎました。
振り返ってみて
「本当にこれでいいのか?」
を一度考える時間を
作ってみるのも
いいかもしれませんね。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ