メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「情報を発信すればいい?」の記事一覧

情報を発信すればいい?

こんにちは。
岡田です。

リアルに僕と知り合いであれば
いつも僕が言っていることなので
今日の話は読まなくてもいいかも・・・です。

ただ、知っているだけで
自分はあてはまっていないか?
ということも含めて
ちょっと自分を見つめなおす
いい機会ととらえて欲しいです。

よく情報は発信した方がいい。
隠すことなく自分の持っている情報は
どんどん発信すれば成功する
といった類の啓蒙がありますよね。

まったくその通りなのですが
それには条件というか大前提があります。

これ、勘違いしている人があまりに多くて
ちょっと驚くのですが、
言われてみたら当然のことです。

あなたは大丈夫でしょうか?


その大前提とはなんでしょう?

例によって考えてみてください。

    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓

シンキングタイムですよ~。

    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓

ちゃんと考えました?


では言いますね。

そうです!
あなたの考えた結果のとおりです。

ではまた来週。





えーーー?
ふざけんなよーーーっ!


と思う前にちゃんと考えましょうね。


考えましたか?




考えたと信じて僕の考えを伝えますね。

例によって正解はないので
あなたが考えた結果が違う意見だとしても
その意見を大切にしてください。


僕の意見は情報はもちろん発信した方がいい。
ただしその情報を発信し続ける情熱があれば。
です。

もっとダイレクトに言いましょう。

情報を発信し続けられるほどネタがない
とか
どこかで読んだ本やネットに書かれている内容を
そのまま書くとか
そこに情熱があるとはにわかに信じがたいです。

別に書くこと自体はいいんです。

いいんです、というのはどうでもいいんです
という意味で。

でも読んでいる人にしてみたら
どこか胡散臭いし、なんだか感じるモノがない。

薄っぺらいとでも言うのでしょうか?

それを一番わかっているのが実は
書いている、つまり情報を発信している本人
だったりします。

だから情報を発信し続けるのが
辛くて仕方がない。

だからせっかく始めたことも止めてしまいます。
週一が月一になり年一になり・・・
徐々にフェードアウト。


そんな情報誰が信じるんですか?

というかそもそも年1回だけの
情報発信なんて誰か読むんでしょうか?


たとえまだ諦める前で、辛いながらも情報を
継続的に発信していたとしましょう。

でも、その情報発信をすることが辛いということは
そこに情熱がないんです。

厳しいこと言ってるなぁと思いますか?

僕は伝え方がきついので
よく「怖い」と言われますが
まぁそんなことはどうでもよくて
ついでなので本質突いちゃいますね。

覚悟して読み続けてくださいね。



その情報発信はあなたがするべきことなんですか?


どうでしょう?


僕はコンサルタントです。

だからこの手の話をこのブログで情報発信しています。

たとえ世界一のコンサルタントでなくても
コンサルタントとしてコンサルタントらしい
情報発信をしています。

だから情報発信するのに辛さはありません。
「面倒だなぁ」と思ったことはあっても
「書くことがない」ということはありません。

世間で多く見られるのが
カテゴリーがまったく違うのに
みんなの役に立つと思ってのことなのか
単純にもうかるとでも思っているのか
一生懸命その人に関係ない
情報発信をしている人がいます。

伝わってます?
一応例をあげておきますね。

例えばあなたが保険の営業マンだとします。

あなたから保険の話やお金にまつわる話や
入院費の話なら聞きたいと思います。

保険の営業マンという条件は同じで
あなたがもし美容の情報を
発信したらどうでしょう?

もしその情報に価値を見出したり
読みたいと思うとしたら
あなたがよほど美しいか
美容にかける情熱が誰よりも強くて
それをあなたの周りが認知している場合に
限るでしょう。

それ以外、つまり保険の営業マンであるあなたが
勝手に美容には市場性がある、
だから美容の情報が役にたつと思って
一生懸命調べて情報を発信しても
そこに価値を見出してくれる人は
なかなかいないということです。

たとえ情報の受け手、つまり読み手が
美容に非常に興味があったとしても
「誰が」情報発信するかで興味の持ち方が
変わってくるのです。

してはいけないとは言いませんが
正直に自分と向き合ってください。
そこに情熱がありますか?

信用されていないのに
誰も読んでくれないかもしれないのに
情報発信し続けられる情熱がありますか?

僕にはそんなマネできません。

僕がここで健康食品のウンチク語っても
たぶん誰も読まないでしょうね。

僕をリアルに知っている人なら
そんな情報読んでも失笑するだけでしょう。

それと同じです。

あ。

ちなみに僕は心理カウンセラーの資格を持っています。
それなりに心理学は相当勉強しました。

でもここで鬱の人へはどう接したらいいのかとか
こうやれば鬱は防げるとか
絵画療法の話や森田療法の話なんて
プロっぽく話したいとも思わないですし
そんなこと継続できないです。

ネタとして心理学を少しくらい話すことはあっても
恒常的にそれをやっても寒いだけです。

しかし辛いながらでも3年も続ければ
心理カウンセラーとして
信用されるかもしれないです。

3年続ければね。

つまりそれほどの覚悟があれば・・・
ということが言いたいのです。

今はブログやmixiやフェイスブックなどで
情報発信がとても簡単です。

簡単だからすぐに何でも
発信することができてしまいます。

しかし、簡単だからといって
継続できるとは限らないです。

継続できないことは
信用されません。

つまり情報発信すれば成功しやすい
というのは大前提を踏まえなければ
なかなか難しいですよ~
というお話でした。

フェイスブックやブログでなんちゃって情報を
発信している人、とても多いですよ。

何度も言いますが駄目とは言いません。
でも・・・


気をつけましょうね。


p.s.
僕だったらクライアントさんには
絶対にそんなことさせません。

ブランド力が下がるだけです。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ