メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「価格を決める方程式」の記事一覧

価格を決める方程式

あなたは以下の考えをどう思いますか?

こんな時代だから売れない。
高いと買ってもらえない。
だから値段を下げるしかない。

どうでしょう?

この時点で
「いや、そんなことはない。」

とおそらく感じていただけたと思いますが
それがなぜそうなのかを自分なりに
説明ができるでしょうか?

いつものように考えてみましょうね。

そしていつものように正解はありませんので
自由に考えてみてください。
正解を求めるより本当に、実際に、
考えることの方が大切です。

僕なりの見解は次の通りです。

もちろん安くしたい
気持ちはわからないではないです。

ただしそれは売り手だけの気持ちを
考えればの話です。

お客さんのためを思って値段を下げる、
そうしないとお客様に負担がかかってしまうから。

値段を下げる人はみなこれに似たような
理由を並べて値段を下げたがります。

しかしよーく考えてみてください。

そもそも利益とは何でしょう?

モノであれ、サービスであれ
まず何かを売ろうとしたら
そこには費用が発生します。

材料費なり、製造費なり、運送費なり
それに加えて人件費がかかります。

ですからまず無料の商品というのは
意図的な戦略がある場合は別として
ビジネス上ではあり得ないわけです。

無料の商品は当然
売れば売るほど赤字になるので
ずっと続けることは不可能です。

ということはビジネスをする上では
必ず利益を出さなければ
継続はできないということです。

利益とは自分が働く対価です。
自分が働いたからその分
お客様から大切なお金をいただくのです。

ということはどういうことでしょう?
ちょっと「逆に」考えてみてください。

この対価を下げるということは
一見、お客様の負担を減らすという
もっともらしい理由に見えますが
実は自分が働くことを
放棄しようとしているのです。

値段を下げるとは
働かないようにすること
そこに近づくということです。

売れないなら値段を下げる
つまり自分の働く対価を下げる
さらに噛み砕いて言うと
自分が働く意味そのものの価値を
小さくするという意味です。

なんでそんなものに
お客様はお金を払うのでしょう?

安くすることがいいことだと信じて
働かない方向に逃げていいのでしょうか?

もしそこに方程式があるなら
お客様の望むモノ(コト)=原価+あなたの働く対価

右辺を下げるということは
左辺、つまりお客様の要望を
勝手に売り手が下げる行為です。

お客様が望んでいるものを
こちらが勝手に変更しているのです。

お客様は安くても
そんな商品やサービスに
お金を払いたくないですよね。


そもそも必要ないものであれば
1円も払いません。

必要に見せかけて
いいかげんな商品を売りつける。
いいかげんな商品でも
安いからいいだろう・・・と。

売り手として値段を下げることは
まるで良い人のように
自分は思っています。

しかし売られた方はそんなこと
そんなもの、望んでいません。

言い訳せずにあなたが自信をもって
働いたことにお客様は価値を見出して
お金を支払ってくれるのです。

伝わっているでしょうか?

値段を下げるとは
自分が働く対価を下げて
逃げているということです。


本当にお客様のことを思うなら
自分が働く価値を上げて
大いに役に立つ商品やサービスを
提供することがビジネスでは
ないでしょうか?

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ