メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「大手の価格はボッタクリ?」の記事一覧

大手の価格はボッタクリ?

1年くらい前の話で恐縮ですが
とある交流会で、とある人と
名刺交換をさせてもらいました。

名刺からその方はWeb関係のお仕事を
されている方だとわかりました。
会社ではなく、フリーでやっていると
言っていました。

Web関係のお仕事されている方は
なぜかフリーの方が多いです。

僕の名刺を見てコンサルタント業だとわかると
「へ~。売上で困っている人っているんですか?」
と聞いてきました。

すごい自信だなと思いながらも
「逆に困っていない人の方が少ないですよ。」
と伝えたところ、すかさず
「私は忙しくて仕事を減らしたいくらい!」
と自信満々に答えてくれました。

そんなに売れているなら
どうやってお客さんから受注しているのか
なにか秘密のようなものがあるのか
とても興味深かったので
それとなく聞いてみました。

すると次のように答えてくれました。

「えー?よくわかんないけど
 大手が出してる価格ってさ、
 ぼったくりでしょ?
 だから私は安くしてあげてるから
 お客さんが次から次へと来るわよ。」

なるほど。

つまりなぜ自分が売れているかわからないけど
さしあたって理解していることは
「安いから売れている」
そういうことのようです。

逆に言えば
高くしたら売れないんじゃないの?
と思ってしまいました。

「大手だから高い。」

もはや市民権を得た言葉になっていて
もっともらしい理由に聞こえますが
実はそれはまったく根拠がありません。

逆に言えば
フリーだから質は落としていいのかとか
フリーだから大手より高くしてはいけないとか
そういう既成概念のようなものが
見え隠れしています。

お客様にとってそんなこと
関係あるのでしょうか?

安くしてはいけないのではないのです。
大手より大幅に値段が安いのであれば
安い理由がお客様に伝わっていなければ
ならないのです。

そもそも「大手=ぼったくり」とは
何を根拠に言っているのでしょうか?

大手企業も馬鹿じゃありません。
ただ闇雲に高くしているなんて
あり得ません。
逆に競合他社との価格競争に巻き込まれて
ギリギリのところで価格設定を
してきているはずです。

そうして出してきた価格に対して
「ぼったくり」と決めつけるのは
恐らく「時間」という概念が
抜け落ちていると予想されます。

要は目の前の仕事を形にして
それで終わり、的な発想です。

その商品やサービスは人や組織を含めた
長年の教育が生み出した成果です。

その商品がたとえ今の時点で
最高のものであったとしても
将来よりよい商品に進化するために
日夜開発が進んでいるのです。

その開発期間は何の利益も生みません。
それをし続けられる体力があるのは
継続的にきちんとした利益を
生み出し続けている大手の企業が
そのことを理解できているからです。

大手が設定しいる価格には、今の商品に
利益が発生しない次期商品の開発期間や
過去に販売したものに対する
責任時間までもが含まれているのです。

そのことを理解できているからこそ
大手はつぶれにくいし
多くの消費者は大手というだけで
安心して買ってくれるのです。

フリーだから安いと言い切るのは
そのことまで理解できて、
お客様に伝えているのでしょうか?


大手がしていることを
断片的に切り取って
その部分を目に見える形にして
安く仕上げて商品として納める。

それはそれでいいですが
その後継続的にその人が
発展して商品が進化することは
難しいです。

だから零細企業はどの企業も
すぐにつぶれる。

価格には目に見えない利益構造が含まれています。

果たして大手はぼったくりなのでしょうか?

大手がどうこう言う前に
あなたのお客様はなぜあなたから
モノを買うのかを考える意味で
価格設定をもう一度見直してみてみましょう。
いろいろ見えてくるものがあると思います。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ