メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「すぐにトップセールスマンになれる」の記事一覧

すぐにトップセールスマンになれる

あなたは今、あなたが扱う商品を
自分が思っている以上に売れていますか?

経験がなかったり
自信がなかったり
テクニックがなかったり

売れない理由はたくさんあると思います。

僕もそうでした。

ないないずくし。

しかし今思うと、
それ自体は何も悪くありません。

最初から全てがそろっている人など
誰もいませんから。

悪くないどころか全員横一列です。

スタート地点は同じでも
時間軸が違うだけなんです。

たまたま早くからやっていた。
ガンバリ始めたのが僕より早かった。

それだけのことなのに
他の人はスタート地点から有利だったんじゃないか
そんな妙な幻想を抱いてしまうのは
悲しい人間の性ですかね?^^;


「売れるようになりたい!」

売れない時ほど強く思いませんか?

僕も売れなかった時代に
あくびやタメ息と同じ数だけ
言ってました。

「早く売れるようになりてーなぁ。」

そのうち言葉づかいに変化も。

「あーあ、勝手に売れねーかなぁ。」
「黙ってても誰か買わねーかなぁ。」

もはや依存です。


営業車の中でぼやいていると
同行してくれている
トップセールスマンの先輩が一言。

「だったら、なんでやらないんだよ。」

カチン。

「つべこべ言わずにやれよ。」

カチンッ。ー_ー#


「しのごの言わずにやれよ。」

カチンッ。ー_ー#

2回も言うな。


「だって・・・」

「だって?なに?」

言い返す言葉が見つからない。

どんなに自分の感情を大切にしても
正論過ぎて自分の感情など
無視するしかなかった。

でもちっぽけなプライドが
なんとか自分の感情を守ろうと試みた。

そして、ささやかな反撃。

「やれって何をですか?」

「できることはすべて」

うわお。

おおざっぱ過ぎる。

「まず何からしたらいいですか?」

「何だと思う?」

聞いてるのはこっちだろうがっ!

「えーっと、飛び込み?
 あ、いや、その前にロープレですかね?」
   ※ロープレとは
     社内でお客さんと営業マンと役割分担して行う商談(営業トーク)の練習


「じゃ、それやれ。」


わかってるよ。

わかってるのにその言い方ないじゃん。

「あのな。岡田、いいか。」

へいへい。

「ロープレだろうが、飛び込みだろうが
 勉強だろうが、なんだろうが
 早くやって、やり続けた人だけが
 売れるようになる。」

そりゃそうだろ?

「なんでかわかるか?」

「そ、そりゃ・・・そりゃ・・・(あれ?わからん。)
 なんでですか?」

「少しは自分で考えろよ。」


僕だってこんな性格が嫌なことはわかっている。


「やらない人が多いからだよ。」

「は?」

「みんなやらない。だからやれば売れる。簡単だろ?」

「でも、やってますよ。」

「売れないやつほど言うセリフだな。」

またまたカチン

「岡田の『やってます』は
 『やったことがある』ってだけだろ?
 俺が言ってるのはやり続けるってことだ。」

「・・・・。」

「ロープレ?会社で何人がやり続けてる?」


たしかに・・・。


「営業マンならロープレなんて毎日やるべきだろ?
 もし野球選手が素振りしないで
 打てなくて嘆いていたらどう思う?」

「練習すればいいのに。」

「それだけのことだよ。
 その野球選手が1日だけ素振りして
 練習したからヒット打てますって
 言ったらどう思う?」

「無理でしょ。」

「そう、その前にファンが怒る。
 バカにするなって。」

「はっ」

「そう!営業で言ったら買ってくれるどころか
 お客さんは怒るよな。準備もしないで来たのか?
 馬鹿にするな、と。」

「た、たしかに。」

「ロープレは買わないお客さんを
 買わせる方向に
 誘導するためにするんじゃない。

時間を共有してくれるお客さんのために
 敬意をこめて練習するんだ。」


「そ、そうですよね。すみません。」

「練習しないやつには客先に
 飛び込む資格すらない。
 営業しないで売れるか?」

「いえ。」

「だったら練習しろよ。」

「は、はい。」

「それでもおまえはやらなくなる。」

せっかくやる気になったのに・・・^^;

「人間はそういう生き物だよ。
 だからやる人が少ない。
 岡田はどっちの人間になりたいんだ?」

「続ける方・・・ですかね。」

「その程度じゃやらなくなるな。」

「やり続けます。」

「毎日?」

「いや、あの、その・・・
 最低1週間に1度は・・・。」

「まぁ、最初はいいだろ、他の連中は
 1ヶ月に1度もしてないだろうからな。」

「頑張ります。」

「これでトップセールスマンの仲間入りだな。
 でも本当にそう思うだろ?簡単なんだよ。
 他が甘すぎるんだよ。」

「そう・・・ですね。」

「ロープレは1人でもできるけど
 仲間がいた方が効果も大きいぞ。」

「誰か誘ってみます。」

「ばか。俺を誘えって意味だよ。」

「い、いいんですか?
 ありがとうございます!」

僕はそれから思ったよりずっと早く
トップセールスになれました。

それは自分のテクニックがすごいのではなく
正直、他の人があまりに「やらなかった」からです。

自分の会社だけではありません。

競合他社の営業マンですら
やり続ける人が少ないんだと思います。


さて、現実に目を向けてみます。

もしかしたらあなたの場合
営業所に仲間が少なかったり
僕のようにいい先輩にめぐり会えてなかったり
どうしてもロープレができない環境にある
かもしれません。

言い訳がどうしても先にきて
なかなかできないと

そんな言い訳が通用しないことも
自分では十分理解している。

それでもやっぱりできない・・・。


だからこそ

僕はそんな人たちを救いたい。

こんな勉強会を開催しています。

勉強会の詳細はこちら

続ける人だけが見えてくる世界、
体験して欲しいです。

最低でも1ヶ月に1回はやらなきゃダメなんです。

それはあなたが売れるようになる為ではなく
お客様の為に・・・。

だから僕は開催し続けます。

勉強会の詳細はこちら
http://okada-koji.com/talk/

p.s.
今月もすでに30名を超える方が参加予定です。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ