メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「売れない人がついやってしまう営業トーク」の記事一覧

売れない人がついやってしまう営業トーク

あなたが担当するエリアには
営業マンキラーと呼ばれるお客様って
いませんか?

どの会社の、どの営業マンが
アタックしても
ことごとく返り討ちに合う
そんな手ごわいお客様。

そんな手ごわいお客様でも
神がかり的な営業トークで
「おおっ!もう君からしか買いたくない。」
「君とならぜひ長く付き合いたい!」

そんな上手にコミュニケーションを
取れる営業手法があったら知りたいですか?


ところであなたは
ケンカをした時に
どの行動パターンになりますか?

だまって去る(逃げる)
大声で威嚇する
泣く
すぐ謝ってしまう
他人事のように傍観決め込む
暴力をふるう
言葉の暴力
淡々と理論武装する


ケンカとはコミュニケーションが
うまく取れなくなった時に
起こる現象です。

どのタイプにせよ
その人の性格が出ますよね。

言うまでもなくどれが正しいとか
悪いということはありません。

ただ一つ言えることは
攻撃的な態度であればあるほど
自分の「自信のなさ」を
隠す動作だということです。

さて、ケンカの話から
営業現場でのコミュニケ―ションの
話に戻します。

商談中に思わずお客様が
あなたにとって
不利な発言をしたとしましょう。

あなたはその時に
どういう態度を
とってしまうでしょうか?

急に口数が増えたり
早口になったり
言い訳がましくなったり
声が大きくなったり

そんな変化は起きませんか?

それは、ある意味自然な流れです。

しかし、それは自信のなさの
あらわれでもあり
自信のなさを隠している動作でも
あるのです。


人として自然ではありますが
営業としてはあまりいい成果が
望めないでしょう。

お客様は自信のない人から
モノやサービスを買うという
行為を本能的に避けます。

もしあなたが
商談中に自分にとって
不利な立場になってしまったら
逆に堂々とすることを勧めます。

お客様は
「この得たいの知れない自信はなに?」
と興味がわきます。

堂々とする具体的な方法は

「すべて聴きますからどうぞ!」

と、言ってしまうことです。

お客様が言いたいことを言う環境を与える
ということは
営業マンがさらに不利になる可能性が高い
ということでもあります。

にもかかわらず
「どうぞ。」と
言える勇気。

この勇気を持てる人が
トップセールスマンです。

頭では理解しても
それがなかなかできないのが
人間です。

それができるようになる方法を
6/4(火)に行うセミナーで
お伝えしたいと思います。

興味があればぜひ参加してください。
facebookからのお申込みはこちらから。
https://www.facebook.com/events/463719537048200/

facebookをやっていない場合は
こちらからお申込みください。
http://okada-koji.com/talk/

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ