メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「俺が悪いのか?」の記事一覧

俺が悪いのか?

以前、とある喫茶店に入りました。

このブログの記事を書くのと
他もろもろ事務仕事をするためです。

あと気分転換も兼ねて。

お店に入ると店員さんが
「こちらへどうぞ」
と空いている席に誘導してくれました。

僕は言われるがままに
その席に着きました。

そのお店は4人掛けの席と
2人掛けの席があり
僕は一人ということもあって
2人掛けの席でした。

本音を言えば作業があるので
できれば4人掛けの広い机がいいなぁ
と思いましたが、
まぁお店の都合も考えたらしょうがないな
と思って何も言わずに席に着きました。

席に着いたと同時に
珈琲を一杯注文しました。

一息ついて店内を見回すと
たくさん席は空いてました。
店全体の1割くらいしか
席は使われていない状態です。

時間的にこれから夕飯の時間帯に入るので
どう考えてもあと2~3時間は
満席にはならんだろ?
という時間帯です。

世の中に「絶対」はないので

「満席になる可能性もあるかもな・・・」

と自分に言い聞かせて
狭い机でノートを広げて
パソコンを起動させて・・・と
いろいろやり始めました。

ん?
何かが違う・・・

席に着いてから今まで
たった30秒くらいの出来事ですが
違和感を感じました。

これだけ席が空いているのに
僕の隣には二人の若いカップルが
座っていました。

距離にして1メートルあるかないか
くらいです。

店全体のレイアウトからしたら
感覚的には僕とそのカップルは
同じグループに思われても
しかたないくらいの距離です。

これだけ近いとすぐに
その違和感の正体がわかりました。

それだけ近い席にもかかわらず
僕がその席に着いてから
一度もその二人の会話が
聞こえてこなかったのです。

右横に座るそのカップルは
ずっと沈黙なんです。

僕は「なんか嫌だなぁ。」と思い
右を向くことができないまま
パソコン作業に集中しようとしました。

集中しようと思えば思うほど
沈黙のカップルの声なき会話が
聞こえてくるのです。

それから時間にしてたぶん
2分くらいしてからでしょうか?

女の子の鼻をすする音が聞こえてきました。

どんなに右を向かないように努力しても
視界の中にハンカチで目もとを押さえる
光景が入ってきてしまうのです。

おいおいおい。

ケンカ?
別れ話?

なんだかわからないけど
勘弁してくれよ。

ってか、気づけよ店員。

席ガラガラじゃねーか。

もしかしたらこのカップルは
僕が自分の意志で空気を読まずに
この席に座ったと思ってねーか?

今さらノートとパソコンを片づけて
席の移動を訴えたら
それはそれでわざとらしいし。

こうやってパソコン打ってる間も
女の子はシクシク泣いてるし。

おっ。

男が女の子の頭をナデナデし始めた。

うーん。

本当は今日のブログの内容は
結構大事なことを書こうと思っていたのに
完全にこのカップルにもっていかれたな。

だめだ。

まったく集中できない。
集中するためにわざわざ
ここに来たのに。

どうしようかなぁ。

やっぱりそーっと席の移動に
挑戦しちゃおうかなぁ・・・。
そんなことを思っていたら、、、

店員さんがそのカップルがいる席に
背筋を伸ばしてさっそうと近寄ってきました。

そして何も臆することなく満面の笑みで
こともあろうか次のような言葉を
のたまわったのです。

「お水、お取り替えいたしましょうか?」

おいおいおい。

マジ?

すげーな。
おめー。

女の子が泣いてるんだよ。
男が頭ナデナデしてるんだよ。

チャレンジャーなのか
無鉄砲なのか
察する能力が皆無なのか

ひょっとして見えてない?

そういえば僕をこの席に誘導したのも
この店員さんだったな。

カップルもカップルだけど
店員さんも店員さんだな。

横で平静を装ってカシャカシャと
キーボードたたいている俺も俺だけど。

もう限界。

入ったばかりだけど
もう出よう。

一応せっかくここまで書いたから
まとめらしきものを。

ここの店員さんはきっと
真面目な人なんだと思います。

お店の人から教わったことをきっと
コツコツとやるタイプなのかと。

たとえば1人で来店したお客様は
4人掛けの席ではなく
なるべく2人掛けの席に
端から詰めて座ってもらうように。

とか、

たとえばお客様のお冷が
少なくなったら気を利かせて
すぐに注ぎに行くように。

とか。

しかし大切なことを忘れています。

この店員さんは

店の空いてる席やコップを見ていて
お客様を見ていなかったということです。

教育とはなんなのか?
思い知るいいハプニングでした。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ