メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「最近感動しましたか?」の記事一覧

最近感動しましたか?

先日とある小説を読み終えました。

何を思ったのか
くそ忙しいこの時期に
読み終わった瞬間に

「も、も、もう一度読みたい!」



すぐに2回目に突入し
貪るように夜な夜な読みふけり
寝不足の毎日が続きました。

こんなに感動した小説は久しく
お会いしてません。

その小説とは・・・

じゃじゃーん!!

これです。


し、失礼しました。^^;

これです!




上下巻で700ページを超す大作です。

出光佐三さん(出光興産創業者)の自伝的小説ですが
史実に基づいて書かれているにもかかわらず
どのページを開いても
冒険のような話の連続でした。

驚嘆の感情が矢継ぎ早に僕を襲い
読んだ後の率直な感想は

「疲れた・・・」

です。

もちろん気持ちのいい「疲れ」であり
エネルギーが次から次へと
湧いて出てくる清々しい疲れです。

1回目、読み終えた時
明け方5時ころだったと思います。

感動の余韻からしばらく
身動きがとれませんでした。

10秒ほどボーっとしたのち
僕は明け方の静けさの中で
著者に対して本当に拍手を
送ったくらいです。

本好きの人にとってはひょっとすると
表現力や文章力に物足りなさを
感じるかもしれませんが
逆にその淡白さが歴史的事実を
僕に感じ取らせてくれました。

少なからず僕にとって
感動とともに
ある大きなことを気づかせてくれた
歴史大作であったことは間違いありません。

この本は小説にもかかわらず
今まで読んだどのビジネス書よりも
ビジネスの本質がわかり
ビジネスにおいて大切なことを
気づかせてくれました。

僕が今まで読んだビジネス書は
恐らく1000冊くらいあると思います。

その中で、
これは読んで良かった!
と思えるビジネス書は恐らく
30冊あるかないか。

その30冊はものすごく勉強になったし
今でも手元に置いて時折見直したりもしています。

その素晴らしい30冊のビジネス書よりも
この小説はビジネスの観点から
読ませてもらっても
数倍勉強になりました。

特に今の日本、いやこれからの日本は
経済、技術だけではなく
人間として、日本人として、
地球規模でけん引的役割を
担っていると思います。

それは奢りとか勘違いとか
そういうことではなく
そうでありたいと願う気持ちから。

経済的に行き詰った現状が
長く続いていることを考えると
そうでなくてはならないだろうし
個人的にもそうでありたい。

だからこそ、このような本が
今注目されているんだろうと思います。

歴史は繰り返されるという意味でも
もしかしたらこういう男たちが
日本をまたエネルギッシュな
国にしていくのだろうと。

そして他人事ではなく
一人一人がその役割を演じれば
間違いなく戦後の経済発展と同じように
明るい日本が見えてくるのではないか
そんな風に感じた書籍でした。

難しく考えなくても
単純に話だけでもかなり
感動します。

おすすめの一冊。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ