メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「あなたの商品が売れない理由」の記事一覧

あなたの商品が売れない理由

今日のブログは心して読んで欲しいです。
結構核心ついているので。

さて、あなたが扱う商品やサービスは
競合と比べてひどく劣っているモノですか?

それともレベルが高くて
自信を持って薦められるモノでしょうか?

レベルが高いとまで言わなくても、
客観的に

「良いと思うんだけどなぁ。。。」

と言えるモノでしょうか?

良い商品なのに売れない。

「ナゼみんなわかってくれないんだろう?
 この商品結構良いのになぁ・・・。」

そんな風に思ったことは
一度や二度ではないと思います。

ところで良い商品というのは
どういう商品かわかりますか?

ちゃんと考えてくださいね。

良い商品・・・。

それは付加価値が高いということです。

付加価値が高いということは
どういうことかわかりますか?

ちゃんと考えてくださいね。

考えました?

ちなみに戻っちゃだめですよ。

「付加価値が高いということは良い商品だ!」

ではあまりに芸がありません。(涙)

付加価値が高い・・・。

それは意外かもしれませんが
こういうことです。

「付加価値が高い」=「わかりづらい」

売り手には十分理解している「良さ」が
買い手(お客様)にとっては
とても「わかりづらい」

いや、誤解を恐れずに言えば
「まったくわかっていない」
と言っていいでしょう。

良い商品であればあるほど
わかりづらい商品である

そんな傾向があることを
あなたは理解していましたか?

理解はしていたけど
具体的にはどうしたら
いいかわからない。

ですよね?

では質問です。

複雑なものを理解してもらいたいなら
どうしたらいいと思いますか?

そうです。

「シンプルに伝える。」です。

1~100まである付加価値を
全て伝えようと頑張るから
売れないんです。

身も蓋もない言い方になってしまいますが
どんなに頑張っても伝わらないです。

しかし売れない人ほど
このような言い訳をします。

「いやいや、売り手には
 説明責任があるから
 ちゃんと商品の良さや
 機能を全て伝えないといけません。

 それが商道徳上正しいことです。」と。

正しい。

確かに。

でもお客様にとって
それは拷問ですよ。

いくら興味があるからといっても
全て聴きたいと思いますか?

お客様は聴きたいことを
詳しく聴きたいのです。

聴きたくない事まで
何十分も何時間も
聴かされるのは拷問以外の
何物でもないです。

人が嫌がることをするのが
正しいことなのでしょうか?

あなたの商品の良さを全て
説明してもらうとしたら
何時間必要ですか?

たとえ何時間説明を聴いたとしても
全てを理解できることなんて
あり得ません。

良いことも悪いことも
お客様が聴きたいことを
伝えるだけでいいのです。

あなたが伝えたいことを
伝え出したらきりがありません。

ではお客様は何が聴きたいのか?

それがわかりさえすれば
売れる営業トークに自然になるのです。

ただこれは頭で理解しても
お客様が何を知りたいのかは
すぐにできるようにはなれません。

訓練が必要です。

そんな売れるようになるための
訓練をすることができる
セミナーを毎月やっています。
https://www.facebook.com/events/385936031506599/

つまりお客様が聴きたいことを
知ることができるセミナーです。

あなたの商品が欠陥品で
どうしようもなくダメな商品で
人をだましてしか売れない商品なら
来てもらっては困ります。

しかし良い商品で
一生懸命やっているのに
なぜか売れない・・・

とお悩みであれば
ぜひ一度足をお運びください。
https://www.facebook.com/events/385936031506599/

やり方がわかると
売れるようになるどころか
人とのコミュニケーションの
取り方が変わるので

「○○さん、最近、変わったよね!」

と褒められるようになりますよ。

セミナー受講者が実際にあった話として
わざわざメールを送ってくださいました。

こういうメールをいただくのは
僕も嬉しいです。

ぜひあなたもさらに上手に
コミュニケーションを
とれるようになって
売上を伸ばしてしまいましょう。^^

https://www.facebook.com/events/385936031506599/

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ