メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「時代に振り回されないようにするには」の記事一覧

時代に振り回されないようにするには

こんにちは。
岡田です。
一年の計は元旦にあり
と言いますが
振り返ってみられて
いかがでしょうか?
僕はゆっくりと過ごさせて
いただきました。
このことわざ信じると
僕の未来は幸薄そうです。
というのは半分冗談です。
冗談といいますか
僕が思うに
「一年の計」の「計」は
「計画」の「計」だと思うのですが
それを元旦に立てるのは
「遅くね?」
と思ったりしてしまうのです。
これだけ時代の変化が早い中で
たとえば今日やることを
今朝決めると言ってるような
ものです。
休みの日ならともかく
仕事において
今日やることを
今日決めるって
どうなんでしょうね。
今月やることを
月初に決める。
今年やる事を
元旦に決める。
本来ならそれくらい
ゆっくり人生を
歩みたいものですが
世の中そんなに
甘くなさそうです。
少なくても
明日のことは
今日のうちに、
来月のことは
今月のうちに、
来年のことは
今年のうちに
計画は立てておいた方が
良さそうです。
ただ、それはそれで
どうなんだろう?
という思いもあります。
どっちやねん。
計画通りにいかないどころか
立てた計画そのもの自体が
意味をなさないくらい
世の中が凄い早さで
大きく変わってしまうなんて
もはや日常ですよね。
立てた計画通りに進めたら
時代錯誤も甚だしい・・・
みたいな。
なので、たとえば
社長や部門長の言う事が
コロコロ変わって
立てた計画や
前に言っていたことと
今言ってることが違う
なんてことは
当たり前の事なのです。
計画通りにやってたら
まずいことになる!
とわかっているからです。
ちゃんと計画を立てなければ
仕事として甘く見過ぎだし
立てたら立てたで
意味のないものであったら
立てる時間がムダになるだけだし。
だから時代を読む
未来を予測する
という能力がこれから
さらに重要になってくるのですが
未来を100%当てるなんて
不可能です。
さて、どうしましょうか?
僕は、あくまで僕は
年間計画だとか
3年計画の中長期のものは
ざっくりと方向性だけ
決めておきます。
ただそれだけですと
漠然とし過ぎて
目の前のやることが
わからなくなり
身動きが取れなくなります。
なので直近でやること
1ヶ月単位でやること
3ヶ月単位でやること
半年単位でやること
1年単位でやること
をその同じ期間の「前」に
「決める」ようにしています。
日本語が理解しにくいですよね。
たとえば今日を基準に考えると
明日やる事は
昨日明確にして
来月やることは先月
決めておきます。
来年の動きは
去年のうちに決める。

決めたらその期間かけて
ジワジワと進めます。

長期のものは照準さえ
わかっていれば
あとはその期間かけて
徐々に詰めて行く感じです。
その詰めて行くスピード感は
今日を基準に前後同じ期間を
僕は設定しているということです。
それで時代や世の中の
変化を見ながら
微調整しながら
やっていくと
今まで準備してきたことが
たとえムダになっても
そんなにイライラせずに
方向転換がスムーズにできます。
何事も早目早目に決めて
準備にとりかかり
徐々に進めているので
余裕があるからです。
これが常にいっぱい
いっぱいの状態で
「今全力でやってたことが
 ムダになる!」
とわかった瞬間に
焦ったり、怒ったり
イライラしたり
固執してしまったりと
あまり良い事はありません。
逆に完遂させるのが
早過ぎても
ムダになってしまったら
それはそれで怒りたくなります。
こんなことなら
ギリギリまでやらなきゃ
良かった!と。
なので期間が長ければ長いほど
ざっくりとその目的地だけ
決めておいて
にじり寄りながら
ジワジワと準備をすすめ
もう後に引かないと
決めた時に
一気にやりとげる!
そんな感じが
僕の中ではしっくり
きています。
これが正しいかどうかなんて
誰にもわからないことですし
僕にもわかりません。
ただ僕はこれが
しっくりきている
ということです。

さらに言えば
どんなことでも
ムダになることは
長い目で見たら
殆どないんですけどね。

ただまぁ感情的には
ムダに感じてしまうのが
人間です。
 
ご自分の中でしっくりくる
時間感覚を身につけると
激しく変わる時代の変化に
少なくとも気持ちだけでも
振り回されずに済むと思いますが
いかがでしょうか?

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ