メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「売上至上主義による弊害」の記事一覧

売上至上主義による弊害

売上を大きく伸ばしたい!

ビジネスをしていれば
誰でも一度は、いや、何度も
考えることだと思います。

そこでマーケティングを駆使した
営業戦略を考えます。

経営者やリーダーであれば
当然やらなければならないことです。

ビジネスをしている以上は
避けて通ることはできないかと。

最近はインターネットなど
「人間離れ」したツールに
うまく乗っかることができれば、
今までとはケタ違いに
売上が瞬時に上がったりします。

人間が束になってかかっても
到底かないません。

商品やサービスの質が
横並びであればあるほど
マーケティングや営業力が
売上を左右させるので

その重要性を過激なまでに
説く人が多いです。

「半年前は自殺を考えていたのに
 今では年収は1億円です!」

的な人が後を絶たずに
次から次へとネットやメールの世界で
私達の前に現れませんか?

半年なのに年収がわかるの?

という子供っぽいツッコミは
しないまでも、あまりにも

「マーケティング最高!」

と盲目なまでに
マーケティングに
取り憑かれた信者が
が多いと思いませんか?

稼いだ事実を武器に
マーケティングを
また教える人が増え
その流れに拍車をかけます。

マーケティング最高!
マーケティング最強!
売上を伸ばすなんて楽勝!

そんな意見が世の中を席巻します。

ところが、

売上げを作るのに
インターネットを使った
マーケティングだけに頼る時代も
やや陰りを見せてきました。

今の時代「何を買うか?」
よりも「誰から買うか?」

が重視されているため
温かみのある「人間らしさ」を
ウリにした営業戦略に
「戻る」企業も多くなっています。

営業マンや現場の販売担当者が
今まで以上にお客さんに
「感動」を与えている会社やお店が
売上を伸ばしています。

コピーライティングなどを駆使した
インターネット販売や集客から
「感動」を売りにした「人」による
販売やサービスの提供へ、

そんな流れを感じませんか?

よく話題に出されるのは
ディズニーランドを経営する
オリエンタルランドの感動秘話など。

「オリエンタルランドに続け!」

と言わんばかりに
接客による「感動」を追求している
会社も多いと思います。

インターネットマーケティングが
いいのか?

「感動」をウリにした営業戦略が
いいのか?

どちらも素晴らしい戦略です。

絶対に必要であり
売上を伸ばす意味では
僕は二つの要素とも
不可欠だと思っています。

しかしあまりにも
「どれか一つだけ」に
熱をあげ過ぎている時代に
突入した気がします。

何が言いたいのか。

売上を伸ばすことは確かに
重要事項です。

企業の成長過程の
タイミングによっては
最優先事項かもしれません。

ただいずれにしても
売上至上主義になると
他が見えなくなる傾向があります。

売上が急激に上がった時に
「次に起こるであろう弊害」

ちゃんと予測している人は
その対策とも呼べる
他のことも考えています。

あなたはそれが何かわかりますか?

それは翌年の税金がどうのこうの
というレベルの話ではありません。

じゃぁ売上げを落とせばいい
とかそういう話でももちろん
ありません。

スタッフ教育の問題とかでも
ありません。

会社存続にかかわる話です。

そしてそれらの問題がなぜ起こるのか?

あなたなりの考えがありますか?

売上があるラインを越えた瞬間に
悲劇は始まります。

その悲劇に対しての
準備ができていない人や会社は
あっというまに
世の中から消え去ります。

「勢いがすごいなぁ。」

と思っていた会社や人が
翌年から私達の目の前から
消え去るケースが多くないですか?

そんなに真剣に思い出さなくても

「そう言えば見かけなくなったなぁ。」

という人や企業がすぐに頭に
思い浮かびませんか?

その原因となる問題の一つと
それを解決できる方法を
次回のセミナーでお伝えしたいと
思います

https://www.facebook.com/events/243922279141626/

お伝えしたいと思ったのですが、
もうすでに定員まであと1名のみでした。

席を若干増やせるかもしれないので
知りたい方はお早めに
お申し込みだけしておいてください。

締め切りは突然やってきますので。^^;

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ