メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「自信がない」の記事一覧

自信がない

こんにちは

岡田です。
 
最近、自信がないという人が
周りに増えてきた気がします。

営業成績が悪くなり
その原因を探っていくと
結構な確率で次の原因に
突き当ります。

「自信がない・・・。」

日常よく聞くフレーズです。
僕ももちろんそういう気持ちに
なることはあります。

自信がない時はたいてい
気持ちが落ちこんでいます。

症状としては自分の欠点ばかりが目立つ。

そうなるとさらに自信がなくなり
どんどん落ち込みます。

まさに負のスパイラル。

優しい友達や家族による
「そんなことないよ」
的な発言が
さらに落ち込ませてくれることは
よくあることです。

ただ毎回必ず
「さらに落ち込むか?」
と言われれば周囲の優しさで
救われることもあります。

この違いはなんなんだ?

と思い返してみると
「誰に言われるか?」
でだいぶ違ってくるのかな・・・。

とそんな風に思いました。

でも同じ人に同じ言葉を言われても
時と場合によっては
余計に落ち込むこともあれば
救われることもあります。

そうなると
「誰に言われるか?」
だけではその理由としては
ちょっと足りない気がします。

まぁ難しく考えるまでもなく
「誰に言われるか?」
だけでなく
「そんなことないよ。」
の理由が自分で納得できるかどうか
が鍵であるようです。

なぜ「そんなことない」のか?

ただ無責任に明確な理由もなく
「そんなことないよ。」
と言われてもなんの励ましにも
なりません。

理由がしっかりしていて
さらに自分でも気付かないような
こと(理由)を言われれば
気分転換のきっかけになり得ます。

ただこれも確実に
落ち込まなくなるか?
と言われればもちろん
そうとは言い切れません。

あくまで落ち込まなくなる
「きっかけ」くらいの感覚です。

突き詰めていくと
これを言えば確実にこうなる
というものは
世の中に存在しない
という結論にたどり着きそうです。

こういう思考を巡らせていくと
世の中に「絶対」はない
ということを再認識させられます。

絶対はない・・・。

ん?

「絶対はない」のであれば
強い自信があるように見える人でも
絶対的な自信ではないのではないか?

「自信がある。」
そう見えている自信は
実はまやかしにすぎない。

そんな風にも考えられます。

よくよく考えてみると
完璧な人なんていません。

完璧を目指している人も
完璧を目指していない人であっても
その人なりに少なくとも
より良い方角へ向かって
進んでいると思います。

それは
「これでいいのかどうか?」
そんな不安と戦っている気がします。

みんな不安だらけ。
そしてみんな完璧ではない。
実際は欠点の方が多い。

自分が尊敬する人でさえ
欠点の方が多いのかもしれません。

そう考えると自分が欠点が多いのは
当然と思えます。

しかし欠点が他の人より
多いとか少ないとか
そんなことばかり考えていても
あまり建設的ではない気がします。

自分の悪い所と他人の悪い所の
多さの比較です。

では自分の良いところと
他人の悪い所を比較するのは
どうでしょうか?

それは土俵が違うところで
勝負しているようなものです。
そもそも勝負しても仕方ないですが
ここではわかりやすい表現として
勝負という言葉を使っています。

土俵の違う所で勝負するのは
卑怯ですよね。

逆もしかりです。

自分の悪いところと
他人の良い所を比較しても
意味がありません。

落ち込むためにやっているとしか
思えない行為です。

そうなると残りは
自分の良い所や他人の良い所に
目を向ける。

しかもそれを勝負するのではなく
お互いが称賛する。

だから世の中でよく言われている
「ポジティブ思考」
とは
「短所を直すのではなく長所を伸ばそう!」
ということに落ち着くのでしょうか?

落ち込んでいるときに
「そんなことないよ」
と言われるのは
短所を否定していることになります。
つまり短所に目が向けられています。

短所を否定するのではなく
いや、
もっと言えば
短所がどうのこうの言う必要がなく
長所だけを言った方が
もしかしたら自信がつきやすい
のではないでしょうか?

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ