メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「チラシなどを作る時には注意しましょう」の記事一覧

チラシなどを作る時には注意しましょう

こんにちは。
岡田です。

今日はセールスレターやチラシを
書く時に今の時代だからこそ
注意しなくてはいけないことを
風刺を込めてお届けしたいと思います。

たまにはお遊び感覚で 。


僕も昔やっちゃってたなぁと
反省しながら^^;

痛々しいけど、よく見かける光景・・・。


「トップ3%の人しか知らない○○○」

「トップ3%を誰も知らない」の間違いでは?
たぶん誰もトップ3%を調べた事ないだろうなぁ。


「たとえばダイエットにたとえると・・・」

具体例がなぜかいつもダイエット。


「次はあなたの番です。」

どこかに定型文があるんですかね?


「まだ○○はしないでください!」

流行ったなぁ・・・15年くらい前に。
いまだによく見る。


「たった○○するだけで・・・」

お金と時間を無駄使いできます。


「あなたは悪くありません。」

そう言われるとなんだか悪かった気がします。


「あなたは○○○で悩んでいませんか?
あなたは・・・かもしれません。
ところであなたは・・・。」


あなたを連発されると「あなた」って誰?
と思ってしまうのは僕だけでしょうか?


「○○しか知らない秘密を無料で
教えます!今すぐ登録を!!」


秘密の話をネットで世界中にばらまかないで~!
でも安心。全部知ってる話だから。


「知ってるとデキルは違います。」

これは確かにそう思います。
これを伝えてる人ができてるかどうかが
若干気になるところです。


「もし○○できなかったら全額返金します。」

時間は返していただけないのでしょうか?
はい。すみません。
依存し過ぎました。^^;


「あなただけに秘密の○○を
こっそり教えます。限定30名様!」


あなただけに...って僕は30人もいないんですけど。


「特別価格で購入できるのは今だけです!」

今ってずいぶん長いな。


「○○したいあなた!
他にいませんか?」


僕に話しかけてるのか
不特定多数に話しかけてるのか
わからないのでやめておきます。


「非常識な○○○法」

使い古されていて
常識になっていないことを願います。


どう思いましたか?

今の時代、
僕にはちょっとこの手の言葉や文章を
使うのはいくらなんでももうムリです。

でもこれらの言葉が反応することも知っています。
ある程度の売上げアップが
見込めるのもわかっています。

僕だったら・・・
これらの言葉をそのまま使わないかな。

言葉は時代と共に生きている生物ですから。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ