メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「「なぜ?」に潜む落とし穴」の記事一覧

「なぜ?」に潜む落とし穴

こんにちは
岡田です。

一人で仕事をしていると
常に自分との戦いを
強いられます。

昨日も、ある戦略を練るのに
考えてる時間が長過ぎて

頭から煙りが出てるんじゃないか?

と思うくらい追い込んでみました。

そういう時は感覚が研ぎすまされ
ある種のトランス状態に
入っています。

しかし休憩などで
一度その緊張が切れると
ついさっきまでそこにあった
トランス状態はもうありません。

そして厄介な事にその状態には
なかなか戻ることはできません。

フェイスブックをのぞきにいったり
ネットサーフィンをして
いつのまにか時間だけが
容赦なく無駄に過ぎていく
という悪循環になっています。

休憩をしなければ
煮詰まっていいアイデアは出ない、
かと言ってうっかり休憩を取ってしまうと
元に戻るまで時間がかかってしまう。

そうなると出てくるアイデアは
浅はかで誰でも思いつくような
ものしか出てきません。

このもどかしい感覚、
わかってもらえるでしょうか?

休憩をとらないと
もうこれ以上、良いアイデアは
出てこないだろうなぁと
わかっているのに
怖くて休憩が取れないのです。

今日はその解決方法をお伝え・・・
することが本題ではありません。

すみません。

実は別の話です。

さきほどの解決方法を考えていく過程で
ある一つの概念にたどり着いたので
それをシェアしようと思います。

話を戻すと

休憩をとらないといけないし
休憩をとる恐怖にも
襲われている

そんな問題を抱えながら
さて、どうしたもんかな・・・

と考えていたら
まさにビジネスに共通する
一つの思考にたどり着きました。

なぜ休憩を取らないと良いアイデアが
生まれないのか?
逆に休憩を取ってしまうと
なぜすぐに元の状態に戻れないのか?

こんなことを自問していたのですが
この「なぜ?」が意外とくせ者だったのです。

僕だけかもしれませんが

「なぜ?」

と問いかけるとほとんどその後に
続く質問が否定形なんです。

「なぜ●●できないのか?」

僕のクセでしょうか?
習慣なのでしょうか?

「なぜ?」

と言ってしまった瞬間に
その後には
どうしても肯定系の質問ができないんです。

なぜすぐに元の状態に戻れ「ない」のか?
なぜアイデアが生まれ「ない」のか?

どちらも否定系ですよね。

別の例でも同じような感じです。
たとえば

なぜ売れ「ない」のか?(否定形)

というフレーズは違和感なく
頭に浮かぶのですが

なぜ売れ「る」のか?(肯定系)

というフレーズは
僕には若干の違和感を覚えます。

「なぜ?」という言葉は
僕をネガティブにする力を
持っているなぁと
そのとき悟ってしまいました。

ではポジティブにするには
どうしたらいいのか?

と考えると
まさにそのままで

「どうしたら・・・?」
を口にすると肯定的な質問に
なることがわかりました。

どうしたら
すぐに元の状態に戻れ「る」のか?
どうしたら
アイデアが生まれ「る」のか?

は違和感がありません。

どうしたら
すぐに元の状態に戻れ「ない」のか?
どうしたら
アイデアが生まれ「ない」のか?

・・・っておかしいですよね?


「なぜ」売れないんだろう?
と考える時間と

「どうやったら」売れるようになるだろう?
と考える時間。

同じ考える時間でもどちらが
売れるようになる気がしますか?

どちらが自分の人生を変えられる
時間となりそうですか?

僕はこれから自問する時は
「なぜ?」をできるだけ止めて
「どうしたら?」にしようと思います。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ