メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「営業マンの仕事のサボり方」の記事一覧

営業マンの仕事のサボり方

こんにちは
岡田です。

事務職などの内勤の仕事と比べて
営業職(外勤)の利点の一つに
自分のスケジュールを
自分で決められることが
あげられると思います。

僕も正直に言うと営業で
外回りをしているときは
サボった経験は何度もあります。

どうしようもない睡魔に
襲われたら昼寝をしたり
スランプで負のエネルギーを
自分でも明らかに感じる時は
思いきって
「半日サボる!!」
と決意して徹底的にサボりました。

自分なりにいろんなサボり方を
経験しました。
サボる事でやる気が出る一方で
なぜかかえってやる気が失せたり
体がだるくなったりすることも
ありました。

同じサボるでも
やる気がなくなる場合と
やる気が出る場合とがあり
その違う結果に至る
不思議な感覚を抱いたのを
覚えています。

どうせサボるなら
仕事に良い影響を与える
サボり方の方が好ましいことは
言うまでもありません。
何より自分への言い訳もできて
罪悪感に苛まれずに済みます^^;

ちなみに15年くらい前に
何を思ってそれをしたのか
今となっては謎ですが

過去に自分が何をしてサボったか
まじめに考えたことがあります。

いろんなサボり方をしたのですが
よくもまぁこんなサボり方が
できたなぁ・・・
というのもありました^^;

出社してすぐ家に帰っちゃうとか。
観光地に行っちゃうとか。
映画館やプラネタリウムで寝るとか。
あとは大きなショッピングモールや
パチンコ店にある立体駐車場が
良い感じで薄暗いのでそこに
車を停めて寝るとか。
喫茶店で何時間も本を読むとか。

それで仕事のやる気が
出なかったら本当にただの
意味のないサボりです。

まさに給料泥棒です。

これらの給料泥棒行為の結果、
仕事の鋭気を養える、僕なりの
良いサボり方の共通点を
見つけることができました。

それは

自然の中に身を置くことです。

同じ寝るでも、
ネットカフェや映画館、
薄暗い立体駐車場に車を
停めて寝るような行為は
睡魔そのものは解消できても
心のすがすがしさのようなものは
ほとんど期待できません。

海辺や川の近くの木陰
そういう所に車を停めて
昼寝をするとかなり良い感じです。

寝るだけではなく、遊ぶ場合も
ビルの中にある娯楽施設で遊ぶと
罪悪感しか残りません。

海や山を肌で感じられるような
場所で過ごすと本当にその後の
仕事の効率が良くなります。

コンクリートジャングルのような
都会で働いている人は
なかなか自然を感じる場所がない
と思うかもしれません。
確かに僕も都内で働いていた時は
自然を感じられる所が少なくて
困りました。

寝るならカラオケボックスか
山手線くらいしか思いつきません。
ちなみに当時はネットカフェとか
あまりありませんでした。

しかし都会でも自然を感じられる
唯一のものがあります。

それは空です。
どんなに都会でも外に出れば
空は見れます。雲も見れます。

空を見渡せるような
一面ガラス張りのお店や
大きな出窓があるような
喫茶店などはオススメです。

あくまで僕がいいと
思ってるだけなので
人によっては
パチンコやゲームセンター、
ショッピングなどが良かったり
するかもしれません。

でも僕はとにかく自然と離れた所で
サボるとたいてい鋭気は失われ
罪悪感しか残りませんでした。

年齢的なものではなく
若いころからそうでした。

あ、あとちょっとした
睡魔の解消なら
寝るのは10分以下です。

30分とか1時間寝ると
逆にしんどくなります。

半日サボるとしても
寝過ぎるとたいてい
体はしんどくなります。

10分寝て、あとは
海を見ながら考え事を
するなどをした方が
仕事に戻ってからの
はかどり方が違います。

サボること自体は
そもそもあまりいいことでは
ありませんが
もしサボるようであれば
参考にしてみてください。

どうせサボるなら
自分を許せるサボり方を
お勧めします。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ