メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「冥利に尽きる」の記事一覧

冥利に尽きる

こんにちは
岡田です。

営業という仕事をしていると
時に嬉しい場面に
遭遇することがあります。

それは何と言っても
購入してくれたお客さんが
喜んでくれること。
さらにお礼を言われること。

これほど嬉しいことは
ないですよね。

会社というところは
当然、営業職だけでなく
バックヤードで営業が
売るために支えてくれる
部署がいろいろあります。

その人たちはお客さんから
怒られる事も少ないですが
同時にお客さんが喜んでいる姿も
見ることができないわけです。

お客さんが喜ぶ姿を
営業である自分たちだけしか
見ることができないのは
申し訳ない気持ちになります。

もう一つ嬉しいことがあります。

それは商品の良さでもなく
値段でもなく、会社の信用でもなく

「担当が岡田さんだから買うんだよ!」

と言ってもらえた時です。

こういう時はまさに
営業マン冥利に尽きます。

僕の今の仕事はコンサルです。

先日、僕がかかわる人たちと
懇親会をする機会がありました。

その時、ある二人のメンバーさんが

「岡田さん、僕たち頂点目指します。
 世界に行くぞー!」

と話かけてくれました。

その二人の業種は別々ですが
それぞれちょっと変わっていて
認知度が低い代わりに
競合も多くはないと思っていたし、
何よりも可能性がどこまでも
広がる業種だと感じていました。

さらに言うと
コンサルタントとしての視点で見ても
明確に世界に行ける根拠があったんです。
(その根拠はここでは明かしませんが。)

なので彼らのモチベーションを
上げるためでもなく
お世辞でもなく
喜ばすためでもなく
本当にナチュラルに

「世界?行ける。行ける。」

と答えました。

その後は、世界へ行くための
戦略談義に進んで盛り上がるのかな
と予想していましたが
思いもよらぬ言葉が返ってきました。

「私たちが世界に行って有名になれば
 岡田さんへの恩返しになるでしょ。
 岡田さんのコンサルタントとしての
 知名度がそれで上がるなら
 私たち頑張ります」

と。

正直戸惑いました。

お、お、お、恩返し・・・って。

僕は彼らに恩を売るようなことは
何一つしてません。

というかコンサルタントとして
普通にセミナーなどで僕の体験や
有益であろうと思っている知識を
伝えているだけです。

何よりもそれでお金まで
いただいています。

それなのに「恩返し」って。

彼らのベクトルは自分たちに
向かずに、お金の支払先でもある
僕の方に向いていたんです。

超越してる!と思いました。

僕は今まで
「岡田さんだから」
という言葉に冥利を感じて
喜んでいました。

しかし彼らは頂点(世界)を
目指すことで
自分が有名になるとか儲かるとか、
もちろんそういうのは少なからず
あると思いますが
それ以上にベクトルが自分ではなく
外(僕)に向いていたんです。

「○○さんだから」
と言われるようになるのは
それはそれでいいことだと思います。

しかし言われるより、
それを言う事ができることの方が
生き方として美しいと感じました。

言われて素直に嬉しかったと同時に
学ばせてもらいました。

ありがとうございます^^

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ