メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「売ることの善悪」の記事一覧

売ることの善悪

こんにちは。
岡田です。

プライベートネタですみません。
明日、引っ越しします。

特に理由はなかったのですが
なぜか急に。。。

ここ一ヶ月ほどで決めました。
しかも超近所。
現住所から車で3分。

引っ越す意味あるのか?
と自分でも思います。

今思うと本当に衝動的としか
言えないです。

今までの僕の過去を振り返ると
高いモノほど衝動的に
買っていた気がします。

引っ越しが高いかどうかは
人によりますけど、
今回は間接費用も含めて
100万円近くもろもろと
出ていくお金が必要ですから
決して安い部類ではないかと。

高校生の時もそうです。

当時、何かの目的が
あったわけではないのですが
親からの「貯金しなさい」の
命令に素直に従って貯めていました。

その貯金のほとんどを
高校1年の12月のある日
なぜか急にオーディオ機器を
買いたくなって使ってしまいました。

今でこそオーディオって安いですが、
当時は最低でも15万円以上した気がします。

アルバイトをしていなかった
高校1年生の15万円は
僕にとっては小学生の時からの
貯金という「我慢の結晶」でした。

ちなみに当時僕が持っていた
CDは2枚だけでした。
オーディオを買っても
聴くCDが2枚しかない・・・。

しかも熱狂的に
好きなアーティストが
いたわけでもありません。

ラジオをこよなく
愛していたわけでも
機械マニアでも
音楽マニアでもありません。

なぜオーディオを買ったのか
今も当時もちゃんと説明できません。

初めて買った車も
初めて入った生命保険も
初めて買った○○○も
高いモノほど
無計画に買いました。

サラリーマン時代に買ったものは
毎月の給料だけで考えると
「買わない方がいいのでは?」
と言いたくなるような
収支のバランスに欠いた
買い物でした。

では「後悔してる?」
と問われれば
まったくそんなことはなく
むしろそれを機に
いろんな世界が広がりました。

何が言いたいのか?

まず一つ目。

ここまでを読んで

「そんな一見無駄遣いにしか
 思えない買い方は
 まったく理解できない!」

という人もいれば

「あ、意外と俺もそう。」
「私もそうなんだよね。」

という人が少なからず
いると思うのです。

実は結構な数いるんじゃないか
と僕はひそかに思っています。

二つ目。

月の給料に見合わない買い物を
する人がいるのと同様に
それを売る人がいるということです。

ここだけ読むとまるで
いけないことのように
思われますが、
先も言いましたように
僕は決して後悔していません。

むしろ良かったと
思っています。

高価な商品は詐欺的な商品は
逆に少ないです。
皆無とは言いませんが
高いものほどしっかりしています。
その可能性が高いです。

僕は高い買い物で
「騙された!」
ことは一度もありません。

逆に安価なものほど
騙された感が強いものが
多かったです。

つまり、高い買い物を
衝動的に買っても後悔するとは
限らない。
逆に安い買い物ほど後悔してる
ということです。

この二つのことから言えることは

お客さんの給料を考えて
安くしてあげなければいけない
というのは大きなお世話であり、
給料に見合わない高い買い物を
する人はいる、

そしてその人は
それをしたからと言って
不幸になるどころか
いろんな体験、いろんな可能性が
広がって良かった!と
思っている

ということです。

さらに言えば

あなたが売る高い商品を
あなたが売らなかったとしても
他の人から買うし、

今まで買い物リストになかった
高いモノを衝動的に
買う場合もある

という事実があることを
認める勇気を持ちましょう。

あなたが高い商品を売る時に
「この人は買えない」
と決めつけて提案をためらうことは
その人の可能性を勝手に
つぶしてしまうことになります。

それは僕は失礼だと思うのです。

もし売ることが失礼になるのであれば
それは売っている商品やサービスが
価格に見合わないだけです。

もし商品やサービスに
自信を持っているなら
価格は下げる必要もないし
下げる事は失礼です。

僕は収入に見合わない買い物をし、
その買い物をしたことによって
その後、自分の成長を
確認することができました。

だから成長することで
仕事もできるようになり
給料も上がりました。

そうなったらその買い物は
安いものです。

その時その時の収入で
売る側に勝手に判断されて
買わせてもらえなかったら
今の僕はありません。

高いモノを売ることは
その人の可能性を広げることです。
売る側が罪悪感に苛まれるとしたら
高いことを理由に
売らないことの方です。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ