メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「誰が言うか?」の記事一覧

誰が言うか?

こんにちは
岡田です。

先日ニックブイチチ氏が来日したので
講演を聴きに行って参りました。

ニックブイチチ氏をご存知でしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%82

彼の話をどうしても生で聴きたい
と前々から思っていたので
来日講演を知った瞬間に
申し込みをしました。

話の内容そのものは
目新しいものはありませんでした。

「決して諦めるな!」
「あなたはあなたのままで素晴らしい!」

などなどそんな内容です。
誰でも一度くらいは
その手の話は聴いた事
あるかと思います。

しかし、

しかしです。

多くの人が涙しておりました。
泣かないまでも
会場にいた数千人の方が
感動していたと思います。

両手両足がないのに
自分よりはるかに
たくましく生きている姿を
見せつけられて

「諦めるな」

と言われて

「やってらんねー」

とはとても言えません。

「あなたはそのままでも
 十分素晴らしいんだよ」

と言われると

「僕も心からそう思います。」

としか言えないです。
そして本当にその気になります。

僕以外の他の人に対しても

「あなたはそのままでも
 十分すばらしい」

と思えるようになります。

言葉自体が重いのではなく
存在に重厚感がありました。

内容は先も述べましたように
よくある話です。

でも本当に聴けて良かった。

よくある話なのにこんなにも
ストンと腹に落とし込めたことは
今までなかったです。

僕も含めて
自分だからこそ
言えることを
世の中に発信することで
誰かの役に立てるなんて
これほど嬉しいことは
ありません。

しかし、

逆に僕が言う事で
「あなたに言われてもね~^^;」

と思われる事もあるという
怖い一面も知ってしまいました。

もちろん言ってはいけないとか
言うだけ無駄だとか
そういうネガティブなことを
言いたいのではなく

やはり、にわか知識だけで
いくら偉そうなことを言っても
相手には響きにくいだろうなぁと・・・
それを思い知らされたと言いたいのです。

「言うだけ無駄」ではなく
言ったらすぐに納得してもらえる
ようになってから言った方が
自分が肉体的にも精神的にもラク
ということに気付いた
と言った方がいいかもしれません。

それにはやはり
自分が苦労して体験することが
大切な要素であることも
認識できました。

自分が体験せずに
本や誰かから学んだ知識を
使い回したところで
人を感動させることは
できないと思います。

ニックの講演は
勇気をもらうだけでなく
そんなことまで想像させてくれる
いろんな意味で深い内容でした。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ