メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「コピーライターたちの個性」の記事一覧

コピーライターたちの個性

こんにちは。
岡田です。

Facebookで最近たくさん
友達申請をもらいます。

嬉しい限りです、
とも言い切れないんです。

いただく友達申請の多くは
メッセージがないんです。

もしかしたらどこかで
お会いしているかもしれない
とか色々と気にはなるので
一応は確かめに行きます。

で、その人のプロフィールを
見ると背景画像にたいてい
「友達○○○○人プロジェクト」
といった内容が書かれています。

職業はたいていコピーライター。

一人や二人ではないんです。

この
「友達○○○○人プロジェクト」
と書いてある人から
何人申請もらったか
もう数えきれないくらい。

大げさではなく数十人単位で
友達申請をいただきました。

流行ってるんですかね?

タイムラインを拝見すると
書いてある内容は
とても素晴らしく
読めば読むほど・・・

違和感を感じます^^;

「他人を思いやる」
「相手の心を汲み取る」
「他人を喜ばせる」
「まずは自分が与える」

おおよそ、その手の内容が
書かれています。

そうだよなぁ。
そうだよなぁ。

と思いながらも、
何も心に響かないのは
なぜだろう?

と思ったり思わなかったり。

ひょっとして・・・
僕の心の中に
相手を思いやる気持ちが
少ないからか?

まずはそんなちっぽけな
自分と向き合います。

あー、俺って
人を思いやる気持ちが
無いんだー。
俺はなんて悪い奴なんだー!
いかんいかん!!

と落ち込みます。

ごめんなさい。
嘘です。

落ち込みはしません。

ただ、なんだかモヤモヤした
気持ちに襲われることは確かです。

さらに読み込むとその殆どに

「人の気持ちを察しないと
 売れるようにはなりません。」

「コピーライティングとは・・・」

などなど、
そんな内容が書かれています。
どのタイムラインにも。

不思議な現象なのですが

これ、誰か一人が書いて
それをみんなで写してるんですかね?

と思いたいくらい
みんな同じ事が書かれています。

ひょっとしてアカウントが
違うだけで同じ人がやってる?

そう思いたくなる。
みんな同じ。。。

どういう人がこの人の友達になって
どういう人がどういうコメントを
寄せるんだろう?
とコメント欄を拝見すると

「勉強になります!」
「文章がとても惹き込まれます。」
「私も●●さんのようになりたいです。」

みたいなことが書かれています。

ほ、ほー^^
今はこういうことを書く人が
尊敬の的になるのか・・・

と思って、今度はそのコメントを
書いた人の所にいくと
やっぱり同じように

「友達○○○○人プロジェクト」

と書いてあり、
さらにタイムラインに
書かれていることは

「他人を思いやる」
「相手の心を汲み取る」
「他人を喜ばせる」
「まずは自分が与える」

そして

「人の気持ちを察しないと
 売れるようにはなりません。」

「コピーライティングとは・・・」

と書かれています。

それに寄せられているコメントが

「勉強になります!」
「文章がとても惹き込まれます。」
「私も●●さんのようになりたいです。」

うーん。

やっぱり一人の人が
自作自演してる?

ってかコピーライティング
ってまさにコピー(複写)?
と我ながらくだらない
ツッコミをしてしまいたいくらい^^;

そうそう。
「複写」で思い出しましたが
これも皆、申し合わせたように
同じことが書いてあるのですが、

「コピーライティングはTTPだ!
 TPPではありません。
 TTP、つまり
 徹底的にパクれ
 の略です。

 まずは徹底的にパクることから
 始めましょう!
 守破離の原則で最初は
 徹底的に真似をすればいいんですよ!」

と。。。

なるほど。
徹底的にパクってるから
みんなが同じことを書いているのか。
これをそのまま実践してるのなら
筋が通ってるな。

と思いきや・・・
同じ人の投稿に

「これからはオンリーワンの時代です。
 USP(ユニークセリングプロポジション)
 つまりユニーク、独自性がなければ
 なりません。
 USPがなければお客様は
 あなたを選ぶ理由がないんです。」

と。。。。。

え?
どっち?
パクるの?
ユニークさを出すの?

さて・・・僕が思うに

本当に相手のことを
思いやる気持ちがあるなら
これらの動きはそれと逆行してる
気がするんですよね。

少なくとも
相手の気持ちを汲み取れる人は
ベクトルが自分自身に向いてる
「友達○○○○人プロジェクト」
などという背景画像に
何の意味があるのか
ちゃんと汲み取れる人だと
信じたいです。

友達○○○○人作るのは
誰のために
何のために
やってるのか?

どう解釈しても
読者や相手のためとは
思えないんですよね。

誰か成功した人のやってることを
そのままパクリ、
自分で考えることを放棄したら
人の心を汲めるようになること
とは対極に向かうことくらい
考えて欲しいです。

考えてないからムリでしょ。
というごもっともなツッコミは
酒の場ですることにして
今は前向きに。

話を戻します。

この
友達○○○○人プロジェクト
という手段に執着している人は

メッセージもなく
友達申請された相手のことなんて
どうでもいいにおいが
ぷんぷんしてきます。

これが逆に

「俺は他人のことなんて気にしない。
 人の迷惑なんてどうでもいい!
 誰がどう思おうが
 友達○○○○人作るんだ!
 いちいちメッセージなんて
 送ってられない。
 だから黙って友達承認して!!」

って背景画像などに
書いてあるなら

おー、他人の迷惑かえり見ず
自己中心的なやつだけど
これなら筋が通っている。

今の時代にこれをやるのは
どうかな、と思いながらも
面白い要素がないこともない、

とも思います。

それでもやっぱり僕は
友達承認はしないかな^^;

いや、一人だけなら承認しちゃうかも。

これ、また何十人もやられたら
げんなりしちゃいますね。

また同じ人?
って思っちゃいます。

ユニークさが無い。

自分で考えられないなら
最初は徹底的にパクるのは
悪いとは思いません。

徹底的にパクるのはいいですけど
だったらせめてパクリ元くらいは
言って欲しいものです。

みんなそれぞれが
オリジナルの体を成しながら・・・

ユニークさ
オリジナルさ

を演じながら
まったく「同じ」だと


壮大なギャグ

にしか思えないです。

そんな人たちが
数千人の輪になって
何をしたいのかよくわかりませんが
ギャグをしたいなら
僕はそのギャグには
残念ながら付き合わないです。

同じ事をするなら
「誰々と同じだ」
と言えばいい。

まさに守破離の守です。

それを背伸びして
まるでオリジナルのように
自信満々に上から言い放つから
見透かされちゃうんです。

逆に本当に違うなら
自信をもって
オリジナルなことを
ユニーク性をもって
突き進めばいい。

その結果、誰かと
たまたま同じであったとしても
それは誰が見ても
オリジナルがたまたま
結果として同じになっただけ
だとわかります。

感じ取れると言った方が
いいかもしれません。

残念ながら自称コピーライターと
叫んでいる人たちの多くには
それらを全く感じ取れません。

コピーライターなのに
キャッチーではない。
USPもない。

僕と近しい人なら前々から
僕がパクリに対して嫌悪感を
持っている事は知っていると思います。

誤解ないように
丁寧に繰り返しますが
まねすること自体は悪くないと
思います。

でも徹底的にパクって
そのままアウトプットするのではなく
どうせパクるなら、
骨組みや仕組みをまねして
肉付けをオリジナルに
すればいいと思います。

徹底的に自分のものにして
そしてできうる限りの体験をして
自分で考えて考えて考え抜いて
それをアウトプットしなければ
心に響くことはない気がします。

どうしてもそれができないなら
せめて出典元は言わないと
オリジナルと思われないどころか
恥ずかしいだけです。

たとえばこの曲を
https://www.youtube.com/watch?v=x9mHm7jZQHs
したり顔で
「オリジナルですよ~。」
と言い張るのがカッコいいか、
オマージュ作品として
世に出すのが良いのか。

どっちが長い目で見て
成功するかは
特殊な能力を持たなくても
感じ取れる何かがあると思います。


いずれにしても友達を
たくさん作りたいなら
それぞれの個性を
活かした人たちが
つながるといいなぁ
と思ったのでありました。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ