メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「とある有名人の話」の記事一覧

とある有名人の話

こんにちは
岡田です。

僕はイベントを主催する時に
Facebookでも募集をかけます。

そのイベントの1つに
「参加する」ボタンを
クリックしてくださった方が
いらっしゃいました。

顔写真を見る限りでは
過去に面識がないと
思われる方だったので

「どういう方なのだろう?」

と思ってその方の
ページに訪問すると
テレビに出演されたことが
ある方のようでした。

実は我が家にはテレビがありません。
なのでテレビ情報は疎いんです^^;

僕はたとえどなたであっても
ご縁が広がることは嬉しく思います。

その方にお礼と
セミナーの詳細を
メッセージで送りました。

するとすぐに返信をいただきました。

メッセージの詳細は控えますが
結論から言いますと
「参加しない」
とのことです。

参加しないことは
まったく問題ないのですが
まるで僕に非があるような
返信内容が書かれてありました。

Facebookを使われている方は
ご存知だと思いますが
イベントに参加する、しないは
イベント主催者が勝手に
決める事はできません。

参加する方が意志をもって
クリックするのです。
意志がなく、間違ったとしても
僕が代わって参加するボタンを
クリックするような
遠隔操作はできません。

世界中の誰であっても
それは平等に与えられた
「機能」です。

何か勘違いをされているようなので
とても残念に思いました。

テレビなどで有名になり始めると
勘違いする方が多いと
世間ではどうしても
言われガチです。

僕自身、
そういう先入観を失くそう
と思っていた時に
実際こういうことが起きると
「やっぱり・・・」
とどうしても思ってしまいます。

有名かどうかよりも
「あり方」が大切。

こんなことはもう何度も
聞いた話ですし
聞かれた事があると思います。

しかしこのタイミングで
こういうことが起きた
ということは
ある意味何かの示唆なのかなと。

恐らくこの記事を
読まれた方は
はからずも心の中は
「不快」寄りな状態に
なっていると思われます。

申し訳ないことになると
思いつつも
この記事を載せるかどうか
悩んだ末、この出来事自体に
「きっと意味があること」
そう思うようにして
掲載に至りました。

僕の周りには
テレビ番組やラジオ番組に
出てる人がたくさんいます。

出版してる人
CMに出てる人
CDやDVDを出してる人
雑誌などに連載している人
雑誌の表紙を飾る人
などなど数えきれないくらいいます。

そういう意味では
有名というかもはや
普通な状態です。
残念ですが、何も
特別なことではありません。

もちろんお仕事そのものや
されている内容自体はきっと
みんな特別なことであったり
素晴らしいことなのだと思います。

あくまで有名になる手段
という意味で時代的には
もはや特別感はない
という意味です。

にもかかわらず、まだまだ
その「有名」というくくりに
されている人の中には

発言が自分寄りになりつつある人
完全に勘違いしている人

がいる一方で

昔から変わらない人

がいます。

良い意味で変わった人もいれば
悪い意味で変わってしまった
人もいます。
変わらない人もいれば
変わりつつある人もいます。

いろんなタイプがいて
特にその人たちの発言は
興味深いです。

奇しくもセミナー当日。

陳腐な表現でお恥ずかしいですが
人の振り見て我が振り直せ

家族、友達、
クライアントさんや
セミナーやイベントに
参加してくださる
かけがえのないお客様と
「人として」
つながっていたい。

そう改めて思った出来事でした。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ