メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「日本人ならでは」の記事一覧

日本人ならでは

こんにちは
岡田です。

「あーつかれた!
 悪いんだけど、肩揉んで。」

と何気なく頼んだ相手が
プロのマッサージ師だったら
どうしますか?

頼んだ方はそのことを知らずに
軽い気持ちで頼んでしまった
場合の話です。

相手の職業を知らない
程度の間柄で
「肩揉んで!」
言わないのでは?

というツッコミは
無しでお願いします。

頼んだ後に
「やっぱりいいです。」
とも言えないですよね。

頼まれたプロも
「お金をいただかないとできません。」
と言えれば本来
いいのかもしれませんが
なかなかそこまで言えない人も
多いのではないかと思います。

勘のいい人なら
察しがついていると
思いますが
最近、逆に頼まれてしまいました。

セールスレターの添削です。

一生懸命作った形跡があり
プロとして
「あ~、いいと思うよ~」
と軽い返事ができませんでした。

同業の方ならわかると思いますが
セールスレターの添削ほど
骨の折れる仕事はありません。

感情がどこで動くのかを
理論立てて説明しないと
いけませんから。

一度読んだだけでは感想です。
理論立てて説明しようと思ったら
何度も何度も読み込まないと
いけません。

おしつけがましいといけないので
「実はプロなんだけど・・・」
ということを明かした上で
アドバイスした方がいいのか
ただの感想を言えばいいのかを
確認しました。

予想通り本気モードだったので
マジメにアドバイスしました。

先ほども少し触れましたが
無料でアドバイスを
してしまった時点で
プロではないんですけどね。

本気であるならなおさら
無料でアドバイスはしない方が
良かったのかも。

まぁそれはさておき

プロに何か軽い気持ちで
悪気無く頼んでしまった場合、
どのようにお礼するのがいいのでしょうか?

もちろん今さらお金を払うのも
かえって変ですし。

本人ももらいづらいです。

あくまでも僕の見解ですが

その、してもらった
プロの仕事に対しての
結果をフィードバックする
ことではないでしょうか?

肩を揉んでもらったら
その後どうなったのか?

セールスレターを添削してもらったら
その後どうなったのか?

僕も友人であるその道のプロの人に
そのプロの領域のことを
ついつい聴いてしまいます。

軽い気持ちで。

もちろん友人なので
教えてくれます。

でも聴いた後で

「あ、またやっちゃった!」

と反省するのですが
いつもそれで終わってしまいます。

プロなのにお金払ってないし、
結果もフィードバックしてないな、と。

こういうのはマナーだと思うんです。

できていない僕が言うのも何ですが
こういう細かい気遣いが
できるようになれたら
モノを売れるようになるのは
もっと簡単なことかもしれませんね。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ