メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「営業職に向いているかどうかの質問」の記事一覧

営業職に向いているかどうかの質問

こんにちは。
岡田です。

いまさらですが僕の職業は営業の
コンサルタントです。

営業職に就いたことがない人でも
おかげさまでたくさんの方が
相談にお越しくださるようになりました。

またセミナーに参加して
くださる方も年々増えています。
そこでたくさんのことを
学んでくださっています。

仕事をしていて嬉しい瞬間です。
思い返せば感謝しか出てきません^^

さて、

セミナー後に大きな成果を
あげる方もいれば
そうでない方もいらっしゃいます。

特にセミナーの場合は
同じ情報を同時に出しているのに
違う結果をもたらします。

この違いの要因はいろいろあると思います。

僕の伝え方の善し悪し
受け取る側の理解力
そもそもの壁や問題の相違

成果が出てる人は
もちろんそのまま継続して
欲しいのですが
成果が出ない人は
何が問題なのだろうと
僕自身、聴く様にしています。

すると概ね以下のような
返答が多いです。

僕の言ってることは
理解はできているし
その通りだと思うが
それをやる時間がない、
もしくはやるタイミングを
失っている、
さらに言えば
やる勇気がない
ということ。

なるほど。
なるほど。

これはシンプルに考えると
次に出て来るであろう
問題も発見できない状態

ということがわかりました。

問題というのは
少なからずともその問題が
発生する瞬間は居心地が
悪い瞬間だと思います。

しかしその居心地の悪さが
あるからこそ
問題が解消された時に
達成感や充実さや嬉しさがあるのです。

特に営業職に就いた事がない人が
人に営業活動をするということは
最初は苦痛を伴うのかもしれません。

怖いでしょう。

僕もそうでしたから
よくわかります。

ただ一つ言える事は
世の中の多くの人が
あなたのことも
あなたの扱っている商品も
「知らない」
ということです。

なのになぜあなたの商品を
買う事ができるのでしょう?
買ってもいないのに
文句が言えるのでしょう?
営業活動をしていないのに
営業活動のクレームを
言えるのでしょう?

あなたの扱う商品が
世の中でまったく役に立たない
モノであるなら
世の中に広めてはいけません。

静かにしていましょう。

もしそうでないなら・・・

少しでも誰かにとって
有益なモノであるなら
それを知らないことで
つまり営業活動をしないことで

困っている人が困ったままでいる
可能性も発生している
ということを認識しましょう。

誰かがあなたの扱う商品を
使う事で救われる可能性を
あなたが
「告知することが怖い」
という理由だけで
つぶしてしまっているのです。

あなたが営業をするべきか
しないべきかは
次の2択に答える事で
おのずと答えが出て来るでしょう。

もちろん正解はありません。

正直に答えてみて下さい。
では質問です。

あなたが人から
最初は疑われたり
怪しい人だと思われる
ということと

誰かが困っているということと
どちらがあなたにとって
イヤな事ですか?

いかがでしょう?
正直に答えてみてください。

もし自分が最初に怪しい人だと
思われることが
誰かが困ったままでいることよりも
重要な問題であるなら
営業活動はしない方がいいでしょう。

もし自分が
怪しい人だと思われたとしても
困っている人が
救われるかもしれない
という可能性を選ぶなら
営業活動ができる人です。

怖がらずに営業活動してみてください。

そしてやってみると
わかりますが
想像以上に人はあなたを
怪しいと思いません。

怪しいと思ったとしても
あなたが誠意をもって話せば
その怪しさは1秒で消えます。

その1秒が怖くて
誰かが困ったままでも
かまわないなら
営業は向いていないかも
しれません。

もし怪しさが1秒以上続くなら
「怪しさが払拭できない」
という次の新しい問題が
わかったわけですから
それを解決すればいいだけです。

何も怖がる事はありません。
やり直しがきくのが営業です。
人間の特権です。

その特権を放棄するのは
人間らしさを失う事だと
僕は思ったりもしています。

営業活動のことで
新しい問題が発生しても
僕のところにくれば
相談に乗ります。

解決できない問題は
ほとんどないんじゃないかな?
と思えるくらい世の中の
営業活動の問題は実は
大した問題ではありません。

大丈夫ですから安心して
営業活動をしてみてください。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ