メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「売れ続ける営業方法」の記事一覧

売れ続ける営業方法

こんにちは
岡田です。


今日は営業のことについてお話します。


僕が会社員時代の時の部下も

今のクライアントさんも
特に新人営業マンの多くの方が
僕の営業のやり方や営業トークを
マネしようとします。


そのこと自体は悪いことではないのですが
たぶん上手くいかないだろうなぁと
思って見ていると、やっぱり上手くいきません。^^;


それでも諦めずに頑張るので
すごいなぁと見ています。


で、結果として上手くいく人と
上手くいかない人に分かれ始めます。


この違いについて偉そうなことを
言うつもりはありませんが
単純にコツを掴んだ人と
そうでない人に分かれたか
もっと本末転倒なことを言ってしまえば
「運が良かったね。」
という話に尽きてしまうと僕は思っています。


僕がここで何を言いたいか・・・。
マネすることが良いとか悪いとかではありません。


上手くいくにしてもいかないにしても
何でそうなったのかを
「自分で」気がつけるかどうか、
「自分で」考えられるかどうか
が大事なことだと思うのです。


僕の言うとおりにやったから上手くいった
と思っていたら、その人にとって
かなりの確率で継続的な売り上げ維持は
難しいでしょう。


もし僕のマネをして売り上げが急に上がったら
営業コンサルタントとして気持ちは嬉しいですが
それで良い仕事をしたとは僕は思わないです。


「俺ってすげーだろ?」と思うかもしれませんが
クライアントさんにとって長い目でみて
よろしく無い事の方が多い気がします。


コンサルタントは自分がいなくてもクライアントさんに

成果を維持できる力を身につけさせる

のが本来の仕事だと思うのです。


よく子供の教育にたとえられますが
答えを教えても意味がないのです。


教育とは、どうしてその答えが導きだされたのかを
自分で考え、自分で合っているかどうかまで
判断することだと思います。


学校教育においては「答え合わせ」
の時間がありますが、人生において
「答え合わせ」をする時間などありません。


なぜなら誰も正解を知っていないからです。

誰も正解を知らないのに、偉そうにコンサルタントが

あれこれ指示できるわけがありません。

もし「それが正解!」だと気づく時があるとしたら

それは営業マン本人が正解だと納得する時でしょう。


僕ができることは、一緒に考えて実行に移してみて、
うまくいこうがいかなかろうが


「いやぁ、大変だけど楽しくね?」
「もっとこうやったら、こうなったりして。。。」


みたいなことをなるべく楽しく
そして根気よくつきあうことです。


で、うまくいけばお互い楽しいし
うまくいなかなくても諦めないように
フォローするだけです。


なので僕のやり方をマネしているだけの人は
本来の営業の楽しさを体験してもらえないので
残念でなりません。


マネすることで上手くいった瞬間は
それはそれで楽しいかもしれません。


でも時代的にそのやり方が通じなくなった時に
凹む度合いが大きく、他の方法を考えられる
余裕がないのです。


考える方法も学んでいないので
やろうと思っても急にはできません。

しつこいですが、もう一度。


過去の成功事例は
参考程度にしかなりません。


過去の成功事例から何を感じ、
何を学び、何を生みだすか?


そして自分で考え抜いた方法を
実際やってみて、どうして失敗したか、
どうして成功したかまでを
一連の流れとしてやりきれる人が
最終的に売れるようになります。


たまたま上手くいってしまう人ほど
なぜ上手くいったのかを考えない傾向にあります。


「過去の成功事例ってやっぱり勉強になるなぁ。」
程度にしか思いません。


それは考えているのではなく、
ただの感想です。


あなたは過去の成功事例をただマネしている
単発的な仕事で満足していませんか?


一時的に売れるようになっても
そうやって作りあげた売り上げは
すぐに落ちます。

いいですか?

今もしあたなが過去の成功事例の猿マネだけで

売れているとしたら、それは非常に危険です。

必ず売り上げは落ちます。

しかも割と近い将来に。


もし永遠に売れる営業方法があるとしたら
それは常に新しいことを考え続けられる
習慣を身につけていることであり
いつでも使える魔法の営業トーク

のようなものではないのです。


どんな時代でも売れ続けられる人の方が
営業マンとして格好良くないですか?

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ