メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「インターネットが営業成績を上げる?」の記事一覧

インターネットが営業成績を上げる?

こんにちは
岡田です。


ここ数年、いや十数年は
インターネットが普及して
いろんな概念が大きく変わったことは
誰もが体験していることだと思います。


営業方法もその一つです。


概念が変われば手法も変わります。


昔、営業といえば
1件1件玄関をピンポンと鳴らして
足を使ってコツコツと
飛び込むことから始まりました。


今でもそのような営業方法を取っている
業界もあるようですが
なかなか効率的ではありません。


というわけでインターネット、もしくは
それに関連するツールを駆使して
営業戦略や戦術をたてたり
手法を学ぶ人が増えてきました。


インターネットに関連するテクノロジーを
学ぶために多くの時間を費やした人ほど
営業で成功する人が増えました。


・・・と言ったらあなたは本当にそう思いますか?


言うまでもなく、ネットやコンピューター
さらには広告、コピー、マーケティングなどは
営業をする上でのツールの一要素に過ぎません。


インターネットに詳しいことと
営業での成功とはイコールではありません。


マーケティングや戦略を立てることに
長けている人が営業で成功することも
イコールではありません。


コピーライティングができる人が
営業で成功するとも限りません。


どれもその要素、つまり成功する
可能性を含んでいるだけなのです。


インターネットが普及したおかげで
インターネットのことを学ぶ人が増えました。


学ぶ人が増えれば増えるほど
営業で成功した人が爆発的に増えたかと言えば
まったくそんなことはありません。


コピーライティングや
ダイレクトレスポンスマーケティングが
もてはやされて、それを学ぶ人が
増えれば増えるほど
成功する人が爆発的に増えました、
と言ったら果たしてそうでしょうか?


むしろそれらを学んだ多くの人がうまく
いっていないような気がします。


それはツールの使い方を勉強しただけで
営業の勉強をしていないからだと思います。


営業という観点からすれば
それはツールの一つを勉強したにすぎないのです。


例えて言うなら、今までは
歩いて営業活動をしていたけど
車というツールを使うようになった、
だから車の運転方法を一生懸命勉強したから
営業成績があがるはずだ、と
言っているようなものです。


僕のところに営業方法を教えて欲しいと
訪ねてくる人は、とてもよく勉強していて
マーケティングのことや
コンピューターに詳しい人ばかりです。


コピーライティングを学び
何でも売れるようになったと
勘違いしていたけど、
リアルな社会ではなかなか難しいと
気づいたようです。


どんなに詳しくなっても
売れるようにはならなくて、
結局営業の勉強はしなくては
いつまでも売れるようにはならないと
気づくのです。


もしあなたが売れるようになりたいのなら
魔法のようなツールに頼るのではなく
ずばり営業の勉強をすることをお勧めします。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ