メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「商品説明よりも大切なことよりも大切なこと」の記事一覧

商品説明よりも大切なことよりも大切なこと

こんにちは。
岡田です。

セールスマンは
お客さんには商品説明を
する必要がない。

質問をして
お客さんが望んでいる
ことを聞き出して
それに答える、

それはお客さんが
望んでいることだから
結果として売りやすい。

一度くらいは
このような内容の
ことは聞いた事が
あると思います。

その通りだと思いますし
僕も概ねそのような内容を
何度も口にしたことがあります。

このような内容を話すと

「そうは言っても
 商品の説明や
 機能の説明は全く
 しなくていいんですか?」

と聞いてくる方が
いらっしゃいます。

つまり

お客さんが商品の機能を
まったく知らずに
買うなんてことが
本当にあり得るのか?

やはり機能的なことを
お客さんから
聞かれなくても
最低限の機能説明は
こちらからしなくては
いけないのでは?

そういう主旨の質問です。

誤解を恐れずに言えば
僕はそれすらしなくていい
と思います。

ただし・・・
それで売れるなら。

残念ながら
それで売れるケースって
殆どないと思います。

やはり商品の機能的な説明は
お客さんの方から
求められると思います。

なので

お客さんが商品説明を
望んでいない時に
商品説明を本当にしなくて
いいのかどうか?

という質問自体
実はあまり現実味がない
質問なのです。

可能性としてゼロか?
と言われれば
そんなことはありません。
しかし本当に少ないです。

割合で言えば
零コンマいくつかの
可能性です。

その極端に少ない
可能性のために
議論を尽くして
勉強をして
準備をしておく
必要があるのか?

と問えば
自ずと優先順位は
そこじゃないだろう
と気づいてくれると
思います。

あくまで心構えの
話なのです。

僕はこういう質問を
受けるといつも
思う事があります。

頭でっかちになりすぎ。

どうしても頭で考え過ぎる
傾向がある人は
こういう質問を
しがちなのですが

実際に動きまわって
いろいろ試した
経験者から言わせると

「そこ、重要?」

という質問が結構あります。

責めているわけでも
批難しているわけでも
ありません。

売れないときというのは
本当に苦しいですし
つらいです。

なのでいろんなことを
聞いておきたい気持ちは
本当によくわかります。

ただ、売れない人が
陥る罠として
「頭で考え過ぎる」
という傾向は
あまりいい結果をうまない、
ということを
知っておくだけでも
違った世界が
見えてくるのでは
ないでしょうか?

そういう時こそ
考えるより動く割合を
増やした方がいいと思います。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ