メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「商品はなぜ売れるのか?」の記事一覧

商品はなぜ売れるのか?

こんにちは
岡田です。

多くの人が誤解している
考え方の一つとして
「良い商品を作れば売れる」
という考えがあります。

しかし残念ながら
良い商品だからと言って
売れるとは限りません。

もし

「良い商品を作れば売れる」
のであれば
世の中の全ての良い商品が
売れていなければなりませんよね。

良い商品でも売れていない
その残酷な現実を
僕たちは冷静に
認めるしかありません。

冷静に受け止めた後に

「では売れている商品とは
 どういうものなの?」

という考えに行き着くと
思うのですが、
これも冷静に考えると
この一言に尽きると思います。

「必要だと思った商品」

この必要だと思った
要素の一つに

「良いものである」

という条件が含まれることが
多いのです。

必要だと思った商品を
実際に買ってみて

「これは良い商品だ!」

と期待を裏切られない
もしくは期待以上だと
リピーターとなります。

つまり

「売れ続ける」
のです。

そして口コミが広がり
「売上げが増える」
のです。

売れ続けたり
売上げが増えたり
するためには
「良い商品である」
ことは大切ですが

最初の売れるための要素には
「良い商品である」
必要性はそんなに大きく
なかったりするのです。

もちろん良い商品である
に越したことはありません。

つまり

「この商品は必要である」

と思ってもらうための
営業活動が売れるか売れないか
の要になってくるのです。

それをするのが
営業マンの役目なのです。

良い商品を作るのは
作り手の仕事であり
営業の仕事ではありません。

それと同時に
必要だと思わせるのは
作り手の仕事でもありません。

売れない理由を
商品のせいにしている間は
何を売っても売れないでしょう。

売る
という行為は
営業の仕事であり

売れ続ける、
そして売上げを伸ばす
ための行為は
営業と作り手の
共同作業なのです。

仕事にはそれぞれ
役割があります。

役割とは
割り振られた役ですから
その役を演じてこそ
一つの作品が完成するのです。

もし良い商品を作る事しか
できないのであれば
作り手になるしかありません。

必要だと思わせることしか
できないのであれば
営業になるしかありません。

この2つをまとめ役として
管理監督する役目というのが
あります。

管理職やプロデューサーの
位置づけです。
でもこの役目は少なくとも
営業か作り手のどちらかが
できないとなかなか難しいです。

願わくば両方できた方がいいです。

脱線しそうなので
話を戻します。

売れるようにする条件は
良い商品であることが
絶対条件ではなく
良い商品であるに越した事はない
程度の条件でした。

それよりも大切なのは
必要であると思ってもらうこと。

では必要であると
思ってもらうためには
どうしたらいいか?

お客さんの生活や人生が
どう変わるか?
を伝えることです。

その伝え方も
こちらの価値観を
おしつけるのではなく

質問しながら
その価値観に
気づいてもらうようにする
のです。

逆に質問をせずに
気づきを与えない
伝え方というのは
どういうトークになるのか?

それは

その商品の機能の説明や
質の良さを一方的に
売る側の価値観として
押し付けることなのです。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ