メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「先に与えるの落とし穴」の記事一覧

先に与えるの落とし穴

こんにちは
岡田です。

ビジネス書、
特に営業の本や
自己啓発に関わる
本を読むとたいてい
「先に与えなさい」
と言った内容のことが
書かれてあります。

今さら説明するまでも
ありませんが、
give & take の
giveのことですね。

昔から言われており
特に再注目を浴びてる
わけではありません。

ただちょっと気になった
ことがあったので
今日はその辺に
触れてみたいと思います。

いろんなところで
いろんな人が
「先に与える」
と良い続けてきたおかげで
最近は先に与える人が
増えて来たような気がします。

とてもいいことだと思います。

ただ一つだけ問題があります。

先に与えるのはいいですが
先に与えた結果
後から何も得られないと
怒り出す人がいるんです。

これって傍からみてると
滑稽なのですが
当事者はまったく
気づいていません。

与えた相手に対して
「あなたも僕に与えるべきだ!」
というスタンスを
狂信しているような
感じです。

確かに時系列的には
最初に与えてるかも
しれません。

しかし気持ちという意味で
考え直してみましょう。

先に与えたらあとから
何かが与えられる・・・

この考えをした時点で
先に誰かから何かを
奪おうとしているのです。

つまり精神的には
先に与えていない。

こういう人は
後からでも与えられなければ
怒りたくなるんでしょうね。

先に与える

確かに良い言葉ですが
「先に」
って言葉はいらない気がします。

「先に」という言葉があると
「後からどうなるの?」
という思いが
どうしても見え隠れします。

「売れる様になるためには
 どうしたらいいですか?」

「先に与えなさい。」

売れる様になるためには
という先に結果を欲していて
だから「与える」のであれば
先に与えている感じは
しませんね。

売れる様になろうが
なかろうが
「与える」
余裕がある人を
信頼しやすいと思います。

先だろうが、
後だろうが、
あの人はいつも
与えてばっかりの人だ!

そういう人から買いたい
気持ちが大きくなると思います。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ