メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「最先端のマーケティングを凌駕した超戦術」の記事一覧

最先端のマーケティングを凌駕した超戦術

こんにちは。
岡田です。

懇意にさせてもらっている方が
お店をリニューアルオープン
させました。

お店の業態は青果業、
八百屋さんです。

この八百屋さん
創業が昭和9年ですから
82年?83年目?
とにかく歴史が超超超長い。


http://www.yaoya-honjin.com/

たくさんあった商品も
あっというまに
買われて行きました。



昔ながらの八百屋さんに
なぜか最新ロボットも^^;


昔は青果業を専門で
やってるお店というのは
結構あった気がします。

しかし今はスーパーや
コンビニのコーナーで
野菜や果物が販売されており
専門店としての業態で
継続しているお店はあまり
見かけなくなりました。

今後、八百屋さんって
やっていけるの?

と思う方もいらっしゃると
思いますが、
僕はこのお店に無限の可能性を
感じています。

理由はいくつかあるのですが
一番の理由をあげるとしたら
もうこれしかない!
というものがあります。

さて、なんでしょう?

歴史?

たしかにそうですが
僕が思う理由とは違います。

専門店であること?

たしかに専門店の強み
というものはありますが、
それだけではありません。

後継ぎがいる?

すでに後継者も決まっていて
一安心。
ですがそれが最大の理由では
ありません。

立地がいい?

立地はまぁ中の下くらいですかね。
極端に悪いとは言いませんが
決して良い方ではありません。

安い?

安いんですよ。
安いのは確かにお客さんに
とってはいいことですが
安過ぎるので
無限の・・・・というほどの
可能性は感じません。

ひょっとしてロボット?

正解!
と言ったら面白いですが
まったく違います。

残りはなんだろう?
と考えるとなんとなく
わかってきたと思います。

そうです。

人です。

このお店を切り盛りする
女将さんがとにかく
ガンバリ屋さん。

とにかく、とにかく、
一生懸命で、いつも
走り回っています。

僕がもしこのお店の女将さんから
「何かご要望はありますか?」
と聞かれたら真っ先に
言いたいことがあります。

それは

「頼むから、1日でいいから
 ゆっくり休んで下さい。」

ということです。

要望というよりも
懇願のレベルです。

立地条件がいいわけでもない、
扱っている商品が
希少価値のあるものでもない。

それでもお客さんが
開店前から並んでいるのは
歴史がなせる技でも
価格が安いからでもなく
ましてや
ロボットがいるからでもなく

ひとえに

どんなに大変でも
つらくても
頑張っていて、
しかも笑顔を絶やさない
女将さんの人柄に
惹きつけられているから
だと思うのです。

お店を営む人ががんばる・・・

当り前の事かもしれません。

がんばったところで
お客さんの損得には
関係ないことかも
しれません。

関係ないのに
なぜか惹きつけられる。

この理論では説明できない
なにかがある。

だからこそ僕はここに
無限の可能性を感じています。

今後、どんなご時世が
待っているかわかりません。

しかし

どんなご時世であっても
何をやっても
うまくいかないわけがない。

リニューアル時に
僕も顔を出させてもらいました。

僕は普段、野菜や果物を
買うことはありません。

でもこのお店に行くと
買いたくなるのです。

もちろん今回も
買ってしまいました。

ちなみに何を買ったか
まったく覚えていません。

何を買ったか覚えていないのに
すごくいい買い物をした気に
なるのです。

安かったのか
高かったのかも
正直わからないです。

ホテルのような
高待遇の接客をされたか?
と言われれば
「ノー」です。

これってすごくないですか?

何を買ったか覚えておらず
安いか高いかもわからない。
でも満足度が高いって。

ちなみに嫁さんに聞いて
後からわかったことですが

「安過ぎる!
 もっと買ってきて欲しかった!」

と言われました。

もうこれでダブルパンチです。

スーパーやコンビニでも
同じものは買えます。
(しかも嫁さんに言わせると
 スーパーの方が高いらしい。)

でもここまでの満足度は
ありません。

結局、商売というものは
どこまでも
「人」なんだな
と改めて思います。

このお店に行って
マーケティングや
経営戦略、戦術を
盗みとろうと思って
訪問しても恐らく
表だけ見ていても
わからないでしょう。

しかし女将さんの行動を
見ているだけで
学べるものは
あると思います。

商売ってこういうことなんだな

とシンプルに思う事でしょう。

今回、敢えて女将の写真は
撮りませんでした。

もし気になる方はぜひ
一度行ってみてください。
http://www.yaoya-honjin.com/

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ