メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「営業力を身につける第一歩」の記事一覧

営業力を身につける第一歩

こんにちは。
岡田です。

僕がサラリーマン時代に
そこそこの役職に就き始めた頃
人を採用するという
仕事もし始めました。

今思い返しても何人面接をして
何人採用したか覚えていません。

たぶん面接の数だけで言えば
数百人です。

いろんな人がいました。

ここはハワイか?
と思ってしまうくらい
ビーサン、短パンで
来る人もいれば
早稲田、慶応卒みたいな
偏差値エリートまで。
さすがに東大はいませんでした。

基本的に中途採用が
多かったので
前職では何をされていたか
質問することが多かったです。

さまざまな職種の方が
面接に来られました。

変ったところでは
陶芸家、漫画家の助手
自衛隊員、探偵見習い
などなど。

前職を活かすことを
あまり考えずに
「営業職」を希望されて
面接に来られる人が
多かったです。

本音で営業職を
希望されていたかどうかは
わかりません。

面接で有利にもっていくために
「営業をやりたい!」
と言っていたのかもしれません。

真意はさておき
いずれにしても
面接時に一様に
口にしていたのは

やっぱり「売る力」がないと
ゆくゆくはみじめな思いをする、
そのことを思い知らされて
営業力を身につけたい

とのこと。

前職で仕事そのものが
売るコトと離れた位置づけ
であったとしても
ビジネスである以上
どこか売るという一面を抜きに
その仕事は存在し得ないのです。

たとえ職人であっても
その商品が売れなければ
食べていけません。

それをいったい誰が売るのか?

と言えば代わりに売ってくれる人が
いなければ本人が売るしかありません。

前職で職人質の強い仕事で
見習いのような位置づけで
あればあるほど
「売る」という作業に近いことを
させられるわけです。

当然です。

しかし営業なんてやったことがない。

どうやって売っていいかわからないし
師匠や先輩も
営業のプロではないので
「とにかく売ってこい。」
「いいから売ってこい。」
的なことしか教えてもらえない。

芸を盗むのと同じように
見て覚えろ
と言わんばかりに
何も教えてくれない。

しかし見ると言っても
主な仕事は営業ではないので
タイミング的に営業の現場を
見るのは月に3回もない。

そんな状況で
見て覚えるなんて
不可能に近い。

それでも仕事を一生懸命
やっていても
給料は増えずに
というか生活がとても
できないレベルの給料しか
もらえず、
結局は辞めざるを得ない。

つまるところ
ビジネスというものは
売る力が最終的には
モノを言うということを
思い知らされた・・・

そんな理由で
営業職を希望しました!
という人が多かった
記憶があります。

ほとんどの人がそのような
理由だったのですが
僕が採用するかしないか
を決めていたのは
次のような基準でした。

その人がただ愚痴で
上記のようなことを
言っていた場合は
もちろん不採用。

愚痴ではなく
あくまで理由として
そのことを説明して

だからこそ自分が
営業力を身につけることで
今後生き抜いていく力を
身につけたい
という方は採用しました。

営業と言う仕事を
心の底から学びたかったか
どうかは別にして、

一度でも自分がみじめな
想いを持たれた方は
営業に関して
貪欲に学ぶ姿勢が
感じられます。

入社後も気になっていたので
たまに声をかけるのですが

お客さんに
ボロクソに断られて
今日も成果がなかった・・・

という状態でも
その成果がなかった状態に対して
諸先輩がいろいろと
対策を教えてくれることが
救いだったようです。

営業会社のいいところは
隣に座っている人が
ライバルでありながら
最大の味方であることです。

今日ダメだったとしても
明日やることが
明確にわかっている、
成長の道しるべがある、
という安心感から
へこたれない人が
多かったです。

自分で考えてもらうことも
もちろん大切です。
敢えて教えないことも
たくさんありました。

しかし完全放置は
ネグレクトです。

漆黒の闇に置き去りにするのは
たとえ大人であっても
身の危険を感じるようです。

今は明るくなくてもいい
せめて一筋の光があれば
その光をもっと明るくすればいいだけ。

僕ら営業の先輩は
光の存在を示すこと
そしてその光を
もっと明るくする術を
見せてあげればいい。

あとは自分たちで
工夫してもらうだけ。

何かを手とり足とり
教えてあげるのは
幼児までです。
大人は自分たちで。

おかげで営業という仕事に
楽しさを覚えて
前職に戻りたい
という人も少なかったです。

それがいいことなのか
どうなのかはわかりませんが。

僕は今、営業という仕事に対して
一筋の光を示すことを
本職にしています。

一筋の光がどんな光なのか?

営業をしたことがない人
経験者でもちゃんと
営業を教わったことがない人
今のやり方に不安のある人

特にこれらに当てはまる人で
営業を学びたい人に
毎月第一火曜日にセミナーを行い
その中で光を少しずつ
紹介しております。
ぜひ一度その光をご覧ください。

https://www.facebook.com/events/1712359589002724/



毎月行なってはいるものの
毎回違うテーマですので
聴きたい内容はどんどん
通り過ぎて行きます。

営業という仕事は
簡単ではありません。
知識も作業も
やらなければならないことが
膨大にあります。

少しずつでもかまいません。
いや現実には少しずつしか
出来ないでしょう。

だからこそ
一刻も早く覚えた方が
のちの成果は著しく
変わります。

もしいつか営業を学びたい
と思っているのであれば
お早めにお越しください。

思い立ったが吉日です。

続き物ではありませんので
いきなり参加しても
わかるようになっています。

参加していただければ
何かが変わります。
その何かはすぐにわかります。
https://www.facebook.com/events/1712359589002724/

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ