メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「お客様は神様」の記事一覧

お客様は神様

こんにちは
岡田です。

お客様は神様です。

この言葉を多くの人が
耳にした事があると思います。

どう思いますか?

僕はお客様を神様扱いしても
いいと思います。

間違いではありません。
神様扱いしても
「いい」んです。

「俺は金を払う客なんだから
 何でも言う事をきけ!」

というお客様は
どんどん切り捨てなさい、
お客様は神様などではない

と言ってる人を
マーケティングの世界では
よく見かけます。

言いたい事はわかります。

確かに理不尽なことを
言ってくるお客様は
自分の会社の顧客にする
必要はないと思います。

ただ、どうなんでしょう?

例えが微妙に、いや
大幅にずれている気がします。

僕は何か特別の宗派を
信仰しているわけではありませんが
僕の知る限り

「俺の言う事は何でもきけ!」

という神様を知らないです。
幼少の頃から神様仏様のことを
そんな風な概念で教わった記憶が
ありません。

何かもっと温かく
大きな優しさを
持ち合わせた存在の
ような記憶ですが
それは間違いでしょうか?

優しい存在である
そういう目で見れば
自分自身が長所を伸ばしやすく
成長を見守ってくれる
温かく力強く頼もしい存在として
受け入れられるのではないでしょうか?

もちろんそうでないお客様も
たくさんいます。

俺の言う事は何でもきけ=神様

この方程式は
神様への冒涜です。

なぜ神様に対して攻撃的に
ならないといけないのでしょう?

普段お墓参りをするように
年末年始に参拝するように

何も見えないし
何も聞こえて来ないけど
守ってくれている
その何か
「神様なのか仏様なのか
 よくわからないけど
 そういった強く優しい存在」
から教えを賜わるように

「お客様」
の言う事に耳を傾けて
いろいろ教われば
もっともっと成長できると
思いますがいかがでしょうか?

困った時に思わず
「神様!お願いします!」
と言ってしまう人がいるように

困ったときこそ
お客様に
「教えて下さい。」
と教えを賜わることは
マーケティング的にも
効果的だと思います。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ