メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「迷惑な営業電話」の記事一覧

迷惑な営業電話

こんにちは
岡田です。
 
先日、夜9時近くに携帯に
電話がかかってきました。
めずらしく営業電話です。
 
以前僕はアンソニー・ロビンズ氏の
セミナーに参加したことがありました。
その時の個人情報を元に
電話をしてきたようです。
 
今回、電話をしたのは
営業の世界では神様と呼ばれている
ブライアン・トレーシー氏が
来日するのでそのセミナーに
参加しませんか?
という内容でした。
 
この電話がかかってくる
何日か前からかメールで
何度もお誘いがあったので
そのセミナー自体の存在は
知っていました。
 
しかし今回は参加しない
という決断をしていました。
 
なので営業電話が夜の9時近くに
かかってきたことは正直迷惑でした。
 
セミナーの内容は一度は
目を通して理解していましたが
正直電話がかかってきた時は
忘れてしまっていたので
一応もう一度先方に
セミナーに参加するメリットを
聞いてみました。
 
隠すようなことではないので
正直に言います。
聞けば聞くほど参加したいと
僕は思いませんでした。
あくまで僕は・・・。
 
あくまで僕は・・・、
と言いましたが
どうも多くの人が
そう感じているようで
参加人数が思いのほか
増えていないようでした。
 
営業の神様と呼ばれる人の
セミナーに参加しませんか?
という営業電話の内容が
あまり魅力を感じないなんて
身も蓋もない話ですが
残念ですがそう感じてしまったので
仕方がありません。
 
どこが営業の神様なのか
まったくわからない
ということも含めて
夜遅くに電話をかけてきて迷惑だ
と切り捨てることが
実は今回のこのブログの
目的ではありません。
 
逆です。
 
僕はこの電話をかけてきた
営業担当の人が
すごいと思いました。
 
営業トークはダメダメでした。
そんな営業トークじゃ
誰も申し込まないだろ?
と思わず口を挟みたくなるような
説明でした。
 
でもその営業の人は
正直に言うんです。
 
まだ思うように人も
集まっていない、
自分の説明も下手だ!
それでも成功させたい。
 
そんな売り手の都合だけ
言われても当然僕は
申し込みたいとは思いませんし
事実、申込みませんでした。
 
しかし唯一心が動かされたのは
この人は最後まで諦めていない
ということを汲み取ることが
できたのです。
 
普通に考えたら、この時点で
それしか集まっていないのなら
大幅に赤字で、ほとんどの人が
今回の企画は失敗だった!
と諦めモードになっていると
思います。
 
でも、この営業の人は
違いました。
 
声だけで憶測に過ぎないのですが
この人は恐らく20代の女性です。
 
こんな時間まで
断られるのをわかっているのに
電話をかけてきている。
ましてや相手に迷惑を
かけてるだろうなぁと
うすうす感じているにも
かかわらず営業の電話をしている。
 
同い年くらいの女性は
もしかしたらこの時間帯は
彼氏と一緒にいるかもしれないし
合コンや飲み会など
遊びに出かけているかもしれません。
 
にもかかわらず
諦めていない。
 
詳しい裏事情はわかりません。
 
もしかしたら
会社からきついノルマを
かけられて
「いいから電話しろ!」
と言われているかもしれません。
 
自分が諦めたくないという
自発的な行動で
夜遅くに電話をかけているかは
わかりません。
 
いずれにしても
その行為を会社は
認めているのです。
 
多くの人はそれを
ブラック企業と呼びたがります。
 
夜遅くに電話がかかってきて
迷惑だと少しでも感じたら
すぐに国民生活セミナーに
苦情の電話を入れたがります。
 
確かに僕も迷惑だなと
感じたのは事実です。
 
しかし、もし、もし
自分の子供がその子と同じ様に
諦めたくない!と思って
一生懸命やっていたら
どうでしょう?
 
人様に迷惑をかけてはいけない
と一般的に「正しい」とされている
基準があったとしても
いきなり国民生活センターに
苦情の電話を入れたいと思いますか?
 
そんな企業はブラック企業だから
もう辞めなさいとか
本当は会社に言われて
やらされているんでしょ?
会社がいけないんでしょ?
 
あなたは悪くない
悪いのは会社だから
もう諦めなさい!
と当の本人が諦めないで
頑張っていることを
無理矢理止めさせますか?
 
そうは言っても
人に迷惑をかけているのは
事実なんだから
絶対に許してはいけない!
迷惑と感じている人がいる以上は
微塵もそういった行為は
許すべきではない!
 
と、もし言う人がいるならば
その人はよほど完璧な
人間なんでしょう。
 
誰にも微塵も迷惑をかけたことが
ないでしょうし
かけているつもりも
ないんでしょう。
 
そういう人に残念な
お知らせがあります。
 
そんな人はいません。
そう思っているとしたら
それは勘違いです。
 
必ず人は誰かに迷惑を
かけています。
気づいていないだけで。
 
自分が気づいていないけど
一生懸命やっていたことを
いきなり否定されて
一般的に正しいと勝手に
定義されている常識とやらに
押し込められることが
本当に幸せなのでしょうか?
 
お互い様という概念すらも
この世の中から消え去り
やれブラックだ
根性論は古いだ
頑張るなんて格好悪い
スマートじゃない
という都合のいい
解釈だけでぬるま湯のような
人生を歩くことが
本当に幸せなのでしょうか?
 
誤解を恐れずに
やや激しい言葉で
伝えておりますが
決して他人様に対しての迷惑を
肯定しているわけでも
ブラック企業を推奨している
わけでもありません。
 
ただ最近はあまりに
行き過ぎた杓子定規や
法律を盾にすることによって
もっと大切な何かを
失いつつあるような気がしたのです。
 
僕はその女性のスタッフさんから
夜に迷惑な営業電話を受けたのは
事実です。
 
迷惑なうえに
なんなんだよ?その
どんくさい営業トークは?
と思いながらも
その前向きで根性があり
一生懸命で諦めない姿勢に
心を動かされました。
 
と同時に恐らく
無視したり
いきなり電話を切ったり
怒ったり
苦情の電話を入れたり
する人ってたくさんいるんだろうな
と思いました。
 
そしてそれは恐らく
大きくはずれていないと思います。
なぜなら電話営業対策みたいなものが
ネットで武勇伝のように
 
何も話さずに3分放置してやった!
営業とわかった時点でガチャ切り!
買うよと言って嘘の住所を教えてやった
 
などと書かれているのを
本当に多く目にします。
 
少し寂しい想いがしました。
 
僕たちはそんなに完璧なのでしょうか?
完璧であらねばならないのでしょうか?
他人に迷惑をかけたとしても
諦めないで頑張ろうとしていることが
そんなにいけないことでしょうか?
 
無視したり
何も聞かずにいきなり
電話を切ったり
自分のことだけを考えて
すぐに苦情の電話を
入れたりしたら
 
まったく同じことが
いつか自分に返ってきます。
 
それが大丈夫であろう人は
完璧な人だけです。
そしてそんな人はこの世に
いません。
 
お互い様ってそういうこと
が頻繁にあるから
言葉として成り立って来たのでは
ないのでしょうか?
 
自分にとって
少しでも迷惑なら
それは絶対に許したく
ないですか?
 
最近
「根性」とか「頑張る」
という概念を
悪いこととして
扱われてる傾向を
強く感じています。
 
どうしてもしたくないことを
無理矢理やらされるのは
確かに止めた方がいいでしょう。
 
しかし
 
自らその場所にいて
自らそこに立ち、
自らそれを望んでいるなら
僕は頑張る経験は
とても美しいと思います。
 
若者がその経験をするのに
大人の都合で遮ってしまうのは
ものすごい可能性のロスだと
感じてしまうのですが
いかがなものでしょう?

 

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ