メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「素直に生きる」の記事一覧

素直に生きる

こんにちは
岡田です。
今日一緒に食事をした
とある人物がこのブログを
読んでくれていることが
わかりました。
なぜわかったかというと
下記の記事の内容
が会話の中に出てきたからです。
なのでたぶん今回のこの記事も
読んでくれていると思います。
読んでますか〜?(笑)
さて、
先に記載した過去記事
を読んでもらうと
わかると思いますが、
人は「行けない」のではなく
「行かない」のです。
「買えない」でのはなく
「買わない」。
これを頭に入れておいて
読み進めて下さい。
「よくわからん」
という方は
過去記事をまだ読んでないと
思いますので
読んでもらってから
先に進むと理解しやすいと思います。
話を戻します。
食事中にその方の
とある悩み
を聞く事になりました。
「私、変わらなきゃと
 思っているのに
 なかなか変われないんです」
と。
それを聞いて同席していた
とある社長さんが
「変わらなくていいんだよ」
と伝えました。
それに対して
「そうなんですか?
 でも変わりたいんです。」
と言いました。
さて、この悩んでいる人の
本音(心の真の声)は
どちらでしょうか?
変わりたいのか?
変わりたくないのか?
僕が思うに
「変わりたくない」
が本音だと思います。
厳密に言うと
「今は変わりたくない」
です。
変わりたいと言っておきながら
変われないのは
もとい
変わらないのは
変わりたくないからに
他なりません。
過去記事で言えば
「行けない」
のではなく
「行かない」
という判断をしているのです。
それを体裁をつくろって
「(仕事で)行けない。」
と言っているのです。
「変われない」
のではなく
「変わらない」
のです。
自らが選んでいるのです。
わかりづらいですかね?
他の例にしましょうか?
「早く起きなきゃ!
 と思っているのに
 起きれないんです!」
という人の本音は
起きたくないのです。
体がそう言っているのです。
脳がそう判断してるから
「起きなくていい」という
信号を出しているのです。
「早く起きなきゃ!」
という得体の知れない
体裁をつくろっている
だけなのです。
つまり本当は望んでいない。
本当に起きたい
と思っているなら
必ず起きます。
これも例えて言うなら
付き合い始めの恋人が
初めてデートをする
その朝は
(心の底から)早く会いたい
と思っているでしょうから
(心の底から)
早く起きたいと思います。
なので、起きます。
自ら起きるのです。
話を戻します。
本当に本当に変わりたい
と思っていたら
気がつけば変わっている
くらいの勢いで変わるのです。
本当は変わりたいなんて
思っていない・・・
それを見据えた社長さんは
「変わらなくていいんだよ」
と言いました。
そりゃそうです。
本当は変わりたくないと
思っているのに
ムリヤリ変わっても仕方がない。
実はこの話をする前に
その社長さんは
ある話をしていました。
人が変わる事ができるのは
自分で本当に変わりたいと
思った時だけ。
外から誰がなんと言おうが
説得しようが何しようが
人は変われない。
なぜなら自分が
「変わらない」
と決めているから。
そんな話をしていました。
だから
「変わりたいと思っているのに
 変われないんです。」
といくら言った所で
「本当は変わりたくない」
という本音を見据えた上で
「変わらなくていい」
と言うしかないんです。
僕なりに言えば
変わ「れ」ないと
言っているうちは
変わ「れ」ないのです。
変わ「ら」ないというのが
心の声なのですから。
本当に変わる時は
「変わりたいのに」
とか言う間もなく
勝手に変わってます。
初デートの時に
起きようかどうしようか
などと悩む前に
勝手に起きてしまうのと
同じ様に。
逆を言えば
「変われない」
と言っているうちは
変わりたくないのが
本音ですから
それもある意味
自分に正直に生きている
ことになるのです。
体裁でつくろった声に
従うのではなく
脳の命令に
素直に生きていることに
なるのです。
その人のありのままの
個性というのは
そういうことだと思うのです。
だからその場合は
「変わらなくていい」んです。
それが良いとか悪いとかは
誰も決められません。
決められるのは自分だけです。
いつか心の底から
「変わることが自分にとって良い」
という瞬間が訪れたら
勝手に変わるでしょう。
だからその時は
変わった自分がいていいんです。
それが自分にとって
良い事なのですから。
ただ敢えて付け足せば
実際問題として
「ずっと変わらない」
ということは
なかなかあり得ません。
3年前と全く同じ自分
というのは奇跡に近いです。
大丈夫です。
無意識(本音)では
勝手に変わっていますから。
もし本当に3年前と
まったく同じで
微塵も変化していない
ということがあるとしたら、
それは
「成長(変化)もしてない」
ということになりますから
その場合は確かに
変わりたいと思うでしょう。
その気持ちもわかります。
しかし
永遠に微塵も変わらない
人間がいるとしたら
それはそれで別の意味で貴重ですから
貴重な存在として
生きている意味が見出せる気がします。

変われても変われなくても
いずれにしても
存在意義は見出せますから
安心して生きましょう。
あくまでココからは
僕の個人としての意見というか
生き方を宣誓します。
変わらないとか
そのままでいいとか
それらの言葉通りに
本当に変化を望まないことは
成長しないことと
イコールですから
僕はそんな人生は嫌です。
いつまでもいつまでも
「変わらない」
と本気で望んでいる人が
近くにいたら
僕はちょっと疲れる気がします。
僕は本気でそうなりたくない。
だから僕は僕に対して
心から変わることを望んでいます。
だから僕は変わります。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ