メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「商品が次から次へと売れるようになるには」の記事一覧

商品が次から次へと売れるようになるには

こんにちは。
岡田です。
「金は天下の回りもの」
という言葉を聞いたことが
あると思います。
貯金してあるお金が
盗まれてはどこかに隠され
そのお金がまた盗まれて
どこかに移動すること
ではありません。
冗談はさておき
お金そのものに価値が
与えられているのは
他の価値ある商品やサービスと
交換する時の指標となり
商売の潤滑油としての
役割を担っているからです。
「金は天下の回りもの」
であるなら
貨幣経済においてはそれと同時に
商品やサービスなどの「価値」も
天下をぐるぐる回っていることを
意味します。
お金だけが市場を
ぐるぐる回ることはありません。
お金は商品と交換できるものなので
言葉もそのまま交換すると
「商品は天下の回りもの」
と言えると思います。
お金の流れを止めることは
商品やサービスの流れも止まる
ということになります。
つまり「売る」「買う」が
多ければ多いほど
市場が活性化され
経済的に潤う人が
増えるということです。
お金を使わないということは
自分の扱う商品やサービスの
流れが止まる原因の一つを
自分自身が作り出す事を
指しているのです。
自分の扱う商品やサービスが
どんどん流れる様に売れる様に
なりたかったら
まずは勢いのある川の流れに
自分から身を投じなければなりません。
自分だけお金を増やそうと思って
お金の流れを止めても
なかなかそうはならないのは
経済そのものがそういう
作りになっているからです。
自分一人だけお金を
使わなかったくらいで
お金の流れが淀むなんて
ありえない!
と思うかもしれませんが
どんな大きなことも
最初は小さなことが
きっかけで始まります。
自分だけごみをポイ捨てしても
地球なんて汚れない!
その小さな考えが
高度経済成長時に
工場の排水や排煙により
公害が起きました。
お金持ちがどんどんお金持ちになるのは
お金をどんどん使っているから。
川の流れを早くするところに
どんどん水が流れ込んでくる。
使っても使っても
どんどんどんどんと。
お年玉は大事にとっておいて
貯金しましょう!
僕らが小さい頃に教わった
ある意味常識的な考えを
大人になっても続けている人が
多いと思います。
一見、逆に思えることをやる人ほど
商売もうまくいくのかもしれません。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ