メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「利益主義?道徳主義?」の記事一覧

利益主義?道徳主義?

こんにちは

岡田です。

今日、大手の損保会社さんでセミナーをしてきました。
懇親会であるテーマについて話題が盛り上がりました。


とある会社の話です。
その会社は300人入社させて100人残る、
つまり200人には辞めてもらうことを前提に
入社してもらう仕組みを作っている会社
だそうです。


これってどうなの?


みたいなことで話題が盛り上がったのです。


要は育てる気がサラサラなくて
営業マンを使い捨てにしか思っていないやり方です。


でも逆に聖人君子みたいなことを言っている「だけ」でも
逆にビジネスは成り立たないんじゃないの?


という意見もあるわけです。


もちろんこれは両極端なので
どちらに偏る必要もないわけです。


みなさんはどう考えますか?


そういうのって実際問題として
時代が大きく作用するのでは?
と思うのです。


バランスを見ながら、どちらかに片寄り過ぎたら
逆の方へ行こうとするし、行き過ぎたらまた
逆に戻ろうとするし・・・。


そんなことを模索しながら成長するのが
企業だったりします。


それが集団化すると時代の流れになるわけです。


バブル期などはとにかくイケイケで
ゆっくりなんかしていたら時代にも
競合にも取り残されるわけですから
悠長に聖人君子みたいなことを言っていたら
あっという間においてけぼりです。


超効率化超合理化なども必要です。
人の気持ちの優先度は低いです。


逆に今みたいな時代はしっかりとした経営理念のもと
従業員満足度を高め、倫理観のある指標を示さないと
イケイケで強行すると従業員にもお客様にも
そっぽを向かれます。


どれが経営的に正しいかは別にして
時代を読まずにただ信念だけで突き進み
時代に合わないやり方をしてしまうと疲弊します。


昔はうまく行ったから、このまま信じて
突き進めば大丈夫とさらにパワーをかけると
さらに疲弊してしまいます。


先程も書きましたがこういうのは
両極端にはならないようにバランスをとりながら
ある時は効率化を図り、ある時は効率化よりも
倫理感を推し進めることが
時代の流れに乗れるのではないかと思います。


再度書きますが、どれが正しいということではありません。
時代の流れのことを言っています。


それにブレないで信念を貫く場合も
もし時代の流れさえ読んでいれば
辛いことがあってもなぜ辛いのかが
わかるので踏ん張りやすいと思うのです。


どちらにしても時代を読むことが
経営者として今まで以上に大事な仕事になるでしょう。


それにはやはり人に頼らず自分で考える脳を
もつことから始めなければなりません。


自分が正しいと思うやり方を
ぜひ突き進んで欲しいと思います。


でもそれには少なくとも
時代の流れを読むことが経営者としては
必要不可欠だと思うのです。


ぜひ脳を鍛えて下さいね。


エジソン曰く


自分の頭で考え抜く人は本当に稀。
肉体を鍛える人はたくさんいるが
頭脳も肉体の一部だということを
忘れている人があまりにも多い。


だそうです。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ