メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

社員教育の負のスパイラルからの脱却

こんにちは

岡田です。

 

自分の仕事を通じて

いろんな経営者の方と

お話をさせていただく中で

出てくる話題で明らかに多いのが

スタッフさんに対する教育の話です。

 

僕は売上をのばす為の

営業コンサルタントなので

社員教育やモチベーション系の

話をするのは専門ではありません。

 

どんな仕事でもそうだと思いますし

僕の場合もそれは例外ではなく

言えばすぐに響くような

やる気があるスタッフさんに

営業戦略や営業手法の話をした方が

効果は大きいです。

 

しかし世の中そんなに甘くはなく、

想像以上に多くのスタッフさんが

やる気がないように見えます。

 

しかし本当にやる気がないか?

と問えば決してそんなことは

ありません。

 

ただ、本人にしてみたら

「ひっかかっている何か」

に対してわだかまりを持ち

思う存分仕事ができていない

というケースが多いです。

 

経営者や上司からしてみたら

「そんな些細なことがひっかかってるの?」

というような小さいわだかまりです。

 

他人からしてみたら

どうでもいいようなことでも

本人にしてみたら大問題

というのはビジネスに関わらず

よくあることです。

 

スタッフさんに限らず

それは経営者でもそうでしょうし

僕もそうです。

 

では他人から見たらその

どうでもいい些細なことというのは

具体的にどんなことかと言えば

その大半が人の問題です。

 

そしてその人の問題とは

上司v.s.部下

経営者v.s.社員

先輩v.s.後輩

管理部門v.s.現場

このような構図を前提に

問題が発展していることが

多いです。

 

そしてこのどれもそうなのですが

共通していることは

「身内」であり「仲間」である

ということです。

 

それらの問題は

身内だからこそ起きている

と言い換えてもいいほどです。

 

本来敵ではなく味方であり

お互い助け合う

仲間のはずなのに

いつしか問題は

そこにしか起きなくなってきている。

 

まさに本末転倒と

いわざるを得ません。

 

独りでは大きな問題には

立ち向かえない・・・

だからこそ仲間が必要・・・

 

しかしその大きな問題は

仲間の存在によって起きている

というパラドックスに

苛まれているのです。

 

この問題を解決する方法は

恐らくたくさんあると思うのですが

僕が思うに外の空気を入れるのが

早くて効果が高いと思います。

 

それは僕のようなモチベーション系の

専門家でない人間が

ちょっと相談に乗っただけでも

大きく変わることがよくある

という実体験から言えます。

 

今まで押そうが引こうが

ビクと動かなかった大問題が

ゴロゴロと音を立てて

動き出すのです。

 

コーチングと呼ばれるような

専門家の人たちや

カウンセラーと呼ばれるような

人たちに頼るというのは

僕は決して恥ずかしいことでは

ないと思います。

僕のような素人でも

変化が起きるのですから
プロの人たちは

もっと効果が高いと思うのです。

 

もしそこに条件があるとしたら

その専門家の人たちは

外部の人間でなければ

ならないということです。

 

社内に専門家を養成して

社員がその役割を担うような形では

その効果はあまり発揮しないと思います。

 

仲間や身内だからこそ

問題が起きているのに

仲間や身内の中だけで

問題を解決しようとすると

恐らくその問題は

人が多く関われば関わるほど

複雑になるだけです。

 

だったら問題となっても

すぐにその場を去れる

ある意味責任がない

外部の人の方が

客観的にかつ冷静にかつシンプルに

問題解決に導く事ができると

僕は冷静に思います。

 

僕が逆に問題の渦中の人であれば

そのことは冷静に判断できないと

思いますが、他人事であれば、

外の空気を入れた方がより早く

解決できることは

火を見るより明らかです。

 

外部の人間は良くも悪くも

誰の味方でもありません。

誰の敵でもありません。

 

外部の人間なので

納得のいかないことは

誰かの思惑や
意図的な方向へ指示されても
無視すればいいです。

 

無視しても困ることはありません。
誰の味方でも敵でもないのですから。
そのような外部の人の声というのは

「事実」

を気づかしてくれます。

 

この事実を気づかないまま

問題の解決はあり得ないでしょう。

事実でないことを

解決に向けて努力して

いったい何の解決をするのでしょうか?

事実でないことを

問題にすることは滑稽です。

 

事実でない問題というのは

問題のように見えているだけです。
表面的な問題は

話し合いや立場の違い、

力関係で解決できるかもしれません。

 

しかしそれは文字通り

表面的であり
短期でしかありません。

 

事実から目をそらさない

 

それがより本質的な問題解決の

第一歩です。

 

自分でも気づいていない

今起きている事実

それを知るには

外の空気を入れることを

お勧めします。

Blog Menu ブログメニュー

このページのトップへ