メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「お客さま目線よりも大切なもの」の記事一覧

お客さま目線よりも大切なもの

こんにちは

岡田です。

 

最近、雨男化しているので

やや落ち込んでいます(笑)

 

ご存知の方も多いと思いますが

5年以上一回も欠かさずに

毎月第一火曜日にセミナーを

開催させてもらっています。

 

つい先日、8月1日(火)も

開催させていただきました。

そして先月7月4日(火)も

開催させていただきました。

 

あまり公の場で話したくないのですが

両日とも雨でございました。

 

特に7月4日は台風直撃で

お越しいただいた皆様には

本当に感謝しかございません。

改めてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

そして8月1日は7月の台風で

嫌な思いをされた方が多いと予想し

リピーターとして参加される方が

少ないかも・・・

そう思っていたのですが

おかげさまで定員に達し

本当に嬉しかったです。

 

しかしやはりこの日も

台風とまではいきませんでしたが

傘が必要な天候でした。

 

そんな天候の悪い8月1日に

お越しいただいた皆様、

本当に感謝の気持ちで

いっぱいでございます。

ありがとうございました。

 

2ヶ月連続で雨だと

なぜか謝りたくなります。

申し訳ございません。

 

さて

 

雨にも負けず

風にも負けず

参加してくださる方のために

僕なりにセミナーの内容は

充実させないといけないと

毎回練りに練って

コンテンツを作っております。

 

いつもできあがってから

思う事があります。

 

それは

 

参加してくださる方の

顔を思い浮かべながら

 

「きっとこの部分は

 ○○さんが聞きたいことだろうな。」

「この部分は△△さんが聞いたら

 きっと喜ぶだろうなぁ。」

と。

 

そんな感じでセミナー当日になるのが

待ち遠しいのです。

 

しかし今回の内容は

いつもと少し違いました。

 

出来上がったものを見直して

見直して見直して見直して・・・

捨てたくなったのです。

 

誰かが喜ぶ顔が思いつかない。

 

いつも作成している最中に

すでに誰かの顔を思い浮かべて

その人に向けて

その人が必要であろう情報を

丁寧に入れ込んでいます。

 

だから出来上がったものを

見直してもやはり

誰かの喜ぶ顔を想像しては

ひとりニヤついてしまうのです。

 

今回はセミナーの内容を
作り込んでいる間「だけ」は

いつもと同じ様に

誰かの顔を思い浮かべては

喜ばれていました。

あくまで作ってる時だけ。

しかし


できあがったものを見直して

さっきまで喜んでいたはずの人の

誰もが喜んでいないのです。

 

どこまでも想像の域ですが

誰も喜んでいない。

 

あれ?

おかしいな。

さっきは喜んでいたのに。

 

捨てたくなりました。

 

やばい!

時間がないけど

最初から作り直すべきか・・・。

 

そう何度も思いました。

 

何度読み直しても

「これはひいちゃうだろうなぁ。」

「今回を最後にセミナーに二度と
 来なくなる人もいるかもしれない。」

「時代の空気と明らかに違う。。。」

「勘違いしてしまう人が多いかも。」

「真意を誤解されたら終わりだな。。。」

 

悩みました。

 

いつもはいくら自分が

良いと思って作ったものでも

お客さんの立場になって考えると

「それは良くないだろうな!」

と思うものは迷わず修正しました。

言うなれば

お客さん目線になって・・・です。

 

しかし今回はなぜか

「それをしない方がいい!」

という思いが強かったのです。

 

表面上は全力で

「これは修正した方がいい」

「一から作り直し!」

と思いながらも

「いや、修正しちゃダメだ!」

と。

 

どんなに時代が望んでいなくても

世間様に理解されなくても

どんなにドン引きされようと

今回は自分を信じてこれでやってみよう!

と決意しました。

 

前回は台風、今回も雨という

神様のいたずら

それでも今回定員オーバーになるほど

多くの方に来ていただいたのに

それを自らの意志で

次回から誰も来てもらえなくなる

かもしれない道を選びました。

不安でした。

それでも敢えて

お客さんに喜ばれないかも

しれない道を選びました。

 

なぜなら今回作り上げた

セミナーの内容は

僕が心の底から本当に

いつも思っている、

まさに

「本音」

の集大成だったからです。

 

そしてこの本音は

絶対に今のぼやけた時代を

クリアに見れるメガネに

なるはずだ!と。

 

そしてセミナー当日

 

やはり会場の空気は

いつもと違いました。

セミナーが終わりに近づくにつれ

明らかに重い。

 

あれ?

だ、だれも笑わない・・・。

目が合うとすぐに

目を逸らされる。

 

やはり

つまらなかった。

理解されなかった。

お客さんが喜ぶ内容の方が

良かったんだ!

 

セミナー終了後にいつも

感想を書いてもらうのですが

その感想を書く時間も

いつもはどこからともなく

笑い声が聞こえて来たり

お知り合い同士の会話が

聞こえて来たり

わりと和気あいあいとした

時間の中で書いてくれます。

 

それが、今回は

「・・・・・・。」

静寂。

 

あー!

やっぱり俺の自己満足の
セミナーだったのか。

 

でも・・・

まぁ・・・

仕方がない。

 

日頃から自分でも

「失敗なんてない

 何もしないよりはマシだ!」

と言っているので

そう思う様にしました。

 

その後、懇親会に行きました。

外は雨。

僕の気分も雨模様でした。

 

懇親会が始まってから

2人の方から

「今日、セミナーの感想、

 真面目に書いちゃいました!」

「今日の話、良かったですよ!」

と言っていただきました。

 

まぁ講師本人を前に

「今日の話はつまらなかったです」

とはなかなか言えないので

社交辞令と受け止めながらも

優しさに感謝しました。

 

家に帰ってから

感想を恐る恐る読みました。

 

驚きました。

 

ほとんどの方が

いつもより熱いメッセージを

書いてくれていました。

 

皆さんそれぞれ長い文章で

書いて下さっていますが

一部のみ抜粋して

ご紹介いたします。

(掲載許可はいただいております。)

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

 

今日もありがとうございました。

今日の内容がここ数年で一番心に

響いた内容で、まさに今必要と

している内容でした。

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

 

やっぱり参加して良かったです。

ありがとうございました。

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

 

・・・を見直そうと強く思いました。

すごく重要な内容でした。

次も来ます。

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

 

今の仕事を頑張ります。

これも勉強だと思って率先してやります。

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

 

・・・大切さを話してく

ださっていた事は

実は僕の中では

かなり大きかったです。

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

 

この内容は自分に対して

常に自分に問いかけていきたいと

思いました。

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

 

今回はど反省。

とにかく反省です。

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

 

今回も自分の内面に問いかけるような

内容で心にグサグサきています(笑)

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

 

本日もありがとうございました。

今日のお話しはとてもタイムリーで

ここ数日、同期スタッフの

「仕事続けるのか、続けないのか」

問題に立ちあったところでした。

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

 

今日もとても良い内容のセミナーでした。

私は自分の仕事に強い想い(信念)が

ありますが育成に対しては

中途半端だと感じました。

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

 

今日のお話し納得して聞いていました。

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

 

本日はありがとうございました。

部下の指導法で悩んでいましたが

具体的にどうすればいいかが

わかりました。

迷いが吹っ切れました。

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

 

ここでご紹介する感想は以上です。

 

もちろん他にもたくさんの方が

もっと具体的に書ききれないほど

書いて下さっています。

上記は本当に一部です。

 

この感想を拝読した時、

 

「セミナー前日に修正しなくて良かった!」

 

心からそう思いました。

 

僕はもしかしたら

「誤解されるかもしれない。」

「嫌われてしまうかもしれない。」

そんな風に思っていましたが

誤解をしていたのは僕の方でした。

 

もっと参加してくださってる方を

信じて良かったんだと。

 

自分が魂からそう思うのであれば

それはきっと良い形で伝わる

そんなことを感じた一日でした。

 

もしこの記事を読んでいるあなたが

「自分以外全員敵になるかも!」

と思ってしまうくらい

常識はずれのことを

たとえ思ったとしても

 

もしそれが自分の心からの

「強い思い」であれば、

それをその人たちに
伝えることをやってみましょう。

 

今日の経験でわかりました。

それはきっと良い形で伝わります!

 

 

追伸

ここから先は8月1日のセミナーに

参加してくださった方へ

 

もしかしたら前日、土壇場で

修正した内容でセミナーをしても

ひょっとしたら

それはそれで良かったのかもしれません。

 

どちらが正解でどちらが不正解かは

わかりません。

 

神のみぞ知るです。

 

それでもなぜ僕はセミナーを

自分の想像をはるかに超えて

うまくいったのか?

 

どちらを選んだかは

実は重要ではないということです。

 

参加してくださった

セミナーの内容の中に

その答えはありました。

参加された方はわかりますよね?

 

なぜうまくいったのか?

どちらを選ぶかは重要ではないんです。

これがヒントです。

 

自分で言っておきながら

自分はそれに気づかずにいました。

http://www014.upp.so-net.ne.jp/iryoujin/word26.html

結果としては無意識に

やっていたので良しとします。

ありがとうございました。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ