メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「好きなことをだけをして生きていくには」の記事一覧

好きなことをだけをして生きていくには

こんにちは。

岡田です。

 

最近の僕のブログの投稿を読んで

誤解されている方が

またまたまたまた現れたので

自分の文才の無さに

嘆いている今日この頃です(苦笑)。

 

最近のブログとは

http://okada-koji.com/blog/cat373/post_360.html

 

この記事のことですが

未だに僕が根性論だけを

振りかざしている

脳ミソまで筋肉でできてる

マッチョマンのような

人間だと思っている人も

いるようです。

 

自分ではかなり

わかりやすい人間だと

思っていたのですが

この際ハッキリ言います。

僕はかなり理論派です。

 

決して根性論や

マッチョな考えだけで

意見を押し通すような

タイプではありません。

 

努力や根性はできることなら

僕もしたくないです。

「自分らしさ」を前面に出して

イヤな事は避け、

自分の好きなことだけをして

生きていきたいのは僕も同じです。

 

ところがです。

 

なぜか

 

自分の好きなことだけをして

生きていくなんて甘っちょろい!

そんなのは夢でしかない!

そんなのは非国民だ!

そんなのは人にあらず

それくらいのことを

僕が言ったことになっています(笑)。

 

詭弁だ!

と言われるかもしれませんが

言っているのは僕ではありません。

世間がそうなっているのです。

 

事実がそうじゃないですか?

 

たとえば・・・

 

税金や年金や保険を払いたくないし

仕組みもよくわからないから

それを理解しようとも思わないし

それに関する作業もしたくないし

申告なども一切しない!

それは自分のしたいこととは違う!

 

と言ったところで

世間的にはNOですよね?

 

営業や販売のようなことはしたくない!

集客とかマジめんどくさい!

と思うのも、口にするのも自由です。

しかしそれらをやらなかったら

ビジネスにおいてはほぼ間違いなく

退場させられますよね?

 

しつこいですが

これは僕の意見ではなく

現実の世界はそうなっているのです。

 

じゃあ現実の世界で生きる上で

自分の好きなことだけを

仕事にするなんてことは

夢でしかないのか?

 

と問われれば僕の意見は

NOに近いです。

 

やりたいことだけやればいいじゃん。

みんなそうできたら

どんだけ幸せだろうって

本気で思います。

 

では、その理想と現実の

ギャップを埋めるには

どうしたらいいのか?

 

それをするにはどうしても

ある一定期間、

やりたくない作業が発生して

しまうと思うのです。

 

それが僕の考えです。

まったくもって奇抜な考えだと

思いませんが

なぜか厳しい意見のように

捉えられているようです。

 

そして、今現在好きな事だけを

仕事にしている人も

その「やりたくない作業」を

していた期間があったことは

まぎれも無い事実なのです。

 

もうずいぶん前から

わかっていることだと思いますし

そうしなければ

自分の理想に辿り着けないことも

わかっているはずなんですが

 

その過程を飛ばして

理想の世界だけを今すぐやればいい

そう思っていたり

 

それをやり続けて他の誰か、

たとえば家族に迷惑をかけたり

借金まみれになっていたり

このままじゃいけないんだろうな

と薄々感じていたりしているものの

自分にとって都合の悪い部分は

フタをしてごまかしている人に

僕は最低限、努力が必要だと思うのです。

 

自分の夢に向かう、

そのタイミングで

「がんばらなくていい」

というのは

「その夢をあきらめたら?」

と言っている様にしか

僕には聞こえないのです。

 

ではどうやったら

したくないことを回避しながら

自分が好きなことだけを

仕事にして生きていけるようになるのか?

 

それは他の誰かにやってもらうか

それをしなくていい国や星に

自分を移動させるしか

ないと思うのです。

他に方法があるなら教えて欲しいです。

 

自分がしたいことだけをして

生きていきたいのであれば

必ずどこかのタイミングで

やりたくない作業を

自分でやるか

誰かにやってもらうしか

ないのです。

 

自分でやる場合はそれは

「したくないこと」

なのですから

自然とある一定の努力が必要なのは

今さら説明するようなことでは

ないでしょう。

 

他の誰かに任せる場合、

それを得意とする人、

その仕事が好きな人、

に頼めばいいと思います。

 

得意な人がいない場合も

それを仕事にしてもいいと

思っている人はたくさんいます。

 

いずれにしても

誰かに頼む場合は

今の日本のビジネス界においては

その労働に対して

金銭を支払うことが

基本的なルールのようです。

 

シンプルに考えて

嫌な作業は全て

他の誰かに頼めるくらい

自分が好きなことだけをして

稼ぐことができる・・・

その域に達すれば

いいと思うのです。

 

そしてその域に達する前に

人に任せることもできます。

 

ただしその場合は

近い未来において

自分が好きなことだけをして

その人に賃金を支払えるくらい

稼ぐ事が担保できている場合のみです。

 

それが約束できないのであれば

自分でやるしかないと思います。

好きなことをしたいのであれば

なおさら。

 

そこに「努力」や「頑張る」

という概念が芽生え、

それが悪という考えは

理論派の僕は理解に苦しむ

と言っているだけです。

 

なので僕は自分が

好きなことだけをして生きていく!

という考えは大いに賛成です。

 

ある一定の期間、努力をする。

その期間は短ければ短いほど

僕はいいと思います。

あくまで僕は。

 

そしてさっさと

好きでないことは

他の誰かにお金を払って

任せれば良いと思うのです。

 

それを可能にするのが

外部に仕事を委託する

いわゆる外注という考えですし、

 

そして昔からある

人を「採用する」という

考え方です。

 

自分を信じて

自分ならそれができる!

そう思うなら

怖がらずに人を採用しましょう!

 

それだけの話です。

 

でも今は採用が難しい時代です。

人を採用しようと思って

求人広告を出しても

なかなか応募すら

してもらえない状態です。

 

運良く応募してもらって

採用できたとしても

すぐに辞めてしまう、

「時代の傾向」

などという言葉で

片付けられないくらい

深刻な状況です。

 

というわけでかなり長く

なってしまったので

続きは次回のセミナーで

お話したいと思います。

 

どうやったら

採用がうまくいくのか?

この時代に応募が殺到する

会社は何をしているのか?

 

良い人材を集めるには

どうしたらいいのか?

また採用される側は
どのような働き方が
今後自分の人生に活かされるのか?

 

をお伝えしたいと思います。

興味がある方はぜひお越し下さい。

http://okada-koji.com/seminars/cat333/68.html

 

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

このページのトップへ