メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

日本よ!大丈夫か?

こんにちは

岡田です。

 

ネットのニュースを読んでいたら

このような記事が目にとまりました。

 

「中高部活に週休2日以上 

 スポーツ庁会議、指針案了承」

 

スポーツ庁の有識者会議は13日の会合で、

中学校での適切な運動部活動の運用に

向けた指針案を了承した。

負傷リスクを減らすため

学期中の部活動で週2日以上の

休養日を設けるとともに、

1日の活動時間は平日2時間、

休日3時間程度までとする。

高校の部活動にも原則適用するとした。
3月中に同庁が指針を公表し、

全国の自治体や学校などに通知する。

(産経新聞より)

 

僕は何かこう日本全体が

向かおうとしている方角が

少しずれてる気がしてならないです。

 

いったい人生のいつ

頑張るのでしょう?

 

自分が本気になれるものを

いったいいつ見つけるチャンスを

得られるのでしょう?

 

「負傷リスクを減らすため」

・・・って。

 

もうそんなこと言ってたら近い将来

 

スポーツもするな!

自転車も乗るな!

エレベーターにも乗るな!

海にも川にも入るな!

山にも登るな!

火も扱うな!

 

みたいなことをいつか

「文部科学省が学校へ通達した」

とか言い出しそうで怖いです。

 

理由は

負傷リスクを減らすため。

 

そんな大袈裟な!

 

と思うかもしれませんが

10年前、いや5年前でもいいです。

中学高校の部活動を

平日2時間を上限とする話なんて

想像してました?

準備と後片付けを考慮したら
実際練習する時間なんて
1時間半くらいでしょう。

それでいったい何が上達するんでしょう?

部員がたくさんいたら
ボールに触れる時間は

いったいどれだけあるのでしょう?

悔しい思いをしたりする
貴重な経験をさせてもらえないのでしょうか?

うまくいかないから上達したい

という思いはお金のある家の子だけが
部活とは別に民間企業に

委託できる仕組みになるのでしょうか?

 

森友学園問題で

財務省が完全におかしな状態に

陥っておりますが

この国の中枢機関は日本を

どこへ舵取りしようと

しているのでしょか?

 

愚痴を言っても始まらないので

僕は僕なりにたとえ誰に言われようとも

 

「人は限界を超えて頑張る時期があっていい!」

 

と心から発信し続けたいと思います。

しかしそれも

いつか言論の自由も奪われて

そういうことを言い続けていると

何とかハラスメントになりそうで

怖いですけど。

 

憲法にある言論の自由は

いったいいずこへ?

 

前にもどこかで言いましたが

●●●ハラスメントって

最初に言ったもの勝ちみたいな

空気があって、

今となっては●●●ハラスメントって

30種類以上あるらしいですよ。

 

「岡田さん、それってさぁ

 ●●●ハラスメントだよね〜。

 今そんなこと言ってたら罪になるよ!」

 

という脅し。

 

僕はそれを

「ハラスメントハラスメント」

と名付けました。

 

我ながら

「風刺のきいたネーミングだぜ〜」

と思いながらも

一応ネットで調べましたら

すでにその言葉は存在しており、

略して「ハラハラ」というそうです。

 

ハラハラによって

もう何も言えない。

みんな何も干渉しない。

無関心。

 

何も関わらないことを

「自由」とか「尊重」などという

言葉でデコレートする。

 

親ですら子供に何も言わない。

いや、怖くて何も言えない。

 

僕は暴力とネグレクトは

個人的にダメだと思いますが

親なら多少育て方の違いがあっても

親もミスをおかしながら

成長していくものだと思います。

 

全てのリスクを放棄して

何もしないことは

ネグレクトになることと

相反することには

ならないのでしょうか?

Blog Menu ブログメニュー

このページのトップへ