メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

満足しているのにリピートしない事例

こんにちは

岡田です。

 

先日、とあるやや高いモノを

買いに行きました。

僕はどんな買い物をする時にも

そこのお店の販売に対する姿勢を

仕事柄どうしても見てしまいます。

 

ちなみに今回、

そのお店の店員さんの対応は

結果から言うとやや残念でした。

 

悪くはなかったのですが

僕に対して好みや希望を

聞いてくれるところまでは

良かったのですが

僕の言う全てに対して

 

「いいですね〜」

「それもいいと思います。」

 

と基本的にノーは言わないのです。

 

確かにお客さんに対して

ノーを言うことは

リスクがあるので

言わないで済むなら

言わないほうが良いです。

 

しかしそれがあまりに続くと

プロとしての店員さんの

存在意義がありません。

 

プロらしい提案も何もないなら
ネットで安く買うのに・・・

 

と思ってしまいます。

 

僕がお店に行って

店員さんに色々プロとしての

アドバイスを求めているのに

あくまで買うのはお客さんだから

お客さんの求めるがままに・・・

というスタンスをされると

それは僕の意見を尊重しているようで

実はとても突き放された感じを

受けてしまうのです。

 

もし本当に僕の言う言葉が

プロとしても同意見だと言うなら

それならそうであることを

明確に伝えた方が良いのでは?

と思うのです。

 

できればそう思う理由も

添えてもらえればなお良いかなと。

 

僕は今回の買い物で

得られた感情は

 

自分の好きなものを

買えた満足感は

大いにありました。

 

でもそこのお店じゃなくても

良かったかなという思いも

同時に感じました。

 

これはせっかく満足しているのに

リピーターにならないということです。

 

相手の主張を立てながら

プロとしてのアドバイスを

忘れない。

 

そんな販売スタイルを

我々販売に携わる人間は

普段の営業トークの中で

磨く必要があると思います。

Blog Menu ブログメニュー

このページのトップへ