メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「アイデアの作り方」の記事一覧

アイデアの作り方

こんにちは
岡田です。


地デジをきっかけに我が家は
テレビを観なくなりました。


唯一の心配は子供が学校で
テレビの話題についていけず
イジメに会うのでは・・・?
ということでした。

おかげさまで今のところ
まったく問題ありません。


DSなどをやる時間が増えましたが
図鑑を見たり、パズルで遊んだりと
能動的な遊びが増えました。


テレビを買わないという案を出した時は
当然、家族全員大反対でした。


嫁さんだは未だに文句を言っています。


子供たちの方が環境に慣れるのが早いです。
テレビなんてこの世に存在していなかったか
のように普通に生きています。


テレビを見なくなったおかげで
世の中のネガティブニュースが
極端に入ってこなくなりました。


それが目的の一つなので当然ですが
僕もここまで実感できるとは
思いませんでした。


僕はもともとそんなにテレビを

見ていた自覚はありません。


しかし、いい意味で違和感を感じている
ということは、やっぱりなんだかんだ
見ていたということになるんですね。


テレビを見なくなったおかげで
まず強く思う事は
僕の周りは景気がいいということです。


不景気というのは気持ちから来るのでは?
と本気で思います。


僕の周りはみなさん忙しくしていて
採用の求人なども積極的です。


節税対策の一環というだけで
「そんな大それたことをしてしまうの?」
といった、ここでは絶対書けないような
ことも平然と言ってしまう場面に出くわすと
まるでバブル期にいるようです。


バブルがいいかどうかは別にして
少なくとも、会社を悲観するような
状況にしているのは自分たちなのでは?
と本気で思います。


病は気からとはよく言ったもので
景気が悪いのは会社にとって
病みたいなものです。


病気になるとたいていの人は
薬に頼ります。


現代人の薬の頼り方は
多くの場合応急処置的です。


実際は呑んだり、塗らなくても
治るモノが多いのに
すぐに薬に手を出します。


考え方の習慣ですね。


至近距離でものごとを見過ぎの
ような気がします。


ちょっと目線をずらして
すーっとひいてみて
狭い空間だけで見ることを止め
遠くから全体を見る習慣を
つけてみてはどうでしょう?


問題の解決方法がわからない時は
たいてい近すぎて見ているからです。


思わぬアイデアが浮かんでくるかも
しれません。


その場しのぎの応急処置的な薬に
頼らずとも、健全な体質を
取り戻せますよ。

 

 


さて、ここまで読んでなんとなく理解できたけど

具体的はどうしていいかわからない
と言う人は、まず最初に
テレビをリサイクルショップに売りましょう。

 

しのごの言わずに売りましょう。


不景気で将来が心配なら
そのお金は貯金しましょう!


テレビを見ると電気代もかかりますし
さっさと売ってさっさと貯金です。


でも僕はその方法は健全とは思いません。


景気をよくしたいのであれば
そのお金で自分にとって投資になる
ものを買いましょう。


できれば今までテレビからひたすら
大量のネガティブ情報を受け取り続け、
弱くなってしまった「脳」を鍛える
ためのものを買いましょう!

 

アイデアを作れるようになります。

脳を鍛えればあふれるように

アイデアが出てきます。

 

脳を鍛えるものってどんなもの?

 

受動的なものでなければ

何でもいいです。

 


最近のお薦めは
小説です。

 

ちゃんとした小説を読むと

脳が鍛えられるうえに

楽しめるし、しかも安いので

お薦めです。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ