メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「日本の学校教育の弊害」の記事一覧

日本の学校教育の弊害

こんにちは。
岡田です。


このブログは脳を鍛えることを
大前提に書いています。


以前から読んでくれている人には
理解してもらえていると
勝手に判断しておりますが(苦笑)
最近から読み始めてもらっている人には
わかりづらい部分もあると思います。


「しのごの言ってねーで
 具体的なこと教えろや!

 ひょっとしてノウハウは何にも
 ねーんじゃねーの?」


そう思われても仕方がないくらい
敢えて具体的なことを避けています。


敢えて書かないのには
それなりに理由がたくさんあります。


たくさんあるのですが
今日は長くなるので一つだけ
紹介します。


この記事はブログとは言え
ある意味、公の情報です。


なぜか公の情報になると
そこに書いてあることが「正解」
と勝手に判断する人がいます。


僕は自分にとっての正解を
書き綴っていますが
決してそれがあなたにとって、
またはあなたのビジネスにとっての
正解ではありません。


だからあくまで僕の記事は
参考程度にしてもらって
自分なりの正解を
自分の頭で考え出して欲しいのです。


日本の学校教育の中には常に
「答え合わせ」がありました。


合ってる。
間違っている。

 

正解。
不正解。


しかし、ビジネスにおいて
「正解」はありません。


正解でもあるし、不正解でもある。


どんなにすごい人が
どんなに成功している人が
正しいと思われるようなことを
理論だてて伝えたとしても
それがそのタイミングで
あなたにとって正解かどうかは
まさに神のみぞ知ることなのです。


それなのに正解を求めて
他人の答えばかりを求め
正解だと思い込むことが
どんなに怖いことか
わかる人にはわかってもらえると思います。


他人の、特に成功している人の意見を
正解として求めたい気持ちは
痛いほどよくわかります。


わかりますが、そこは
求めても仕方がないことを
再認識してください。


自分で考えることができるようになって
それを続けることで
初めて自分にとっての答えが
導き出せるようになります。


それまでは不安が付きまとったり
失敗を恐れたりすると思いますが
それでもその道を通らなければ
いつまでも他人に依存したり
責任転嫁して逃げる人生を
続けることになります。


たとえ瞬間的にうまくいったとしても
いつか転ぶ時が必ず来ます。


その時に当たり前のように平然と
立ちあがる能力を備えられているか
依存し続けてきたことで
誰かがいないと立ち上がれないか。


思いきって具体的な答えを他人に求めず
自分で考えてファジーな答えを
彷徨い歩くイライラを体験してみて下さい。


そうすることで飛躍的に
成長することが体験できると思います。


あなたの人生はあなたのものです。


お試しください。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ