メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「殺し文句」の記事一覧

殺し文句

こんにちは
岡田です。


僕が営業マンの新人の頃
いつも不思議に思っていた
ことがあります。


それは話す内容が同じなのに
どうして人によって
買ってもらえる人と
買ってもらえない人が
いるのだろう?


ということです。


以前、それは営業マンの自信が
勇気を後押ししてくれる
それがオーラのようなものになる
そんなお話をした気がします。


ここだけ読むと
何をそんなおぼろげで
雲をつかむような
フワフワしたことを...
と思う人もいるかもしれません。


しかし以前の記事には
根拠や具体的な方法論まで
書いた記憶があるので
良かったら読み直してください。


今日はそれに付け加えて
さらにもう一つ
有効的な営業トーク
「殺し文句(笑)」
を作る方法をお伝えします。


それはあなたが普段、
心が動いた瞬間を
文字にして書いておくことです。


普段の生活の中で
誰かが放った言葉で
たった一言なのに
妙に説得力があったり
心に響いてしまった言葉や
思わず笑ってしまったり
目頭が熱くなった言葉を
書き留めてためておくのです。


僕はお客様との会話の中や
自分がお客の立場になった時に
受けた営業マンの言葉で
妙に説得力のあった言葉を
書き留める習慣を持ちました。


自分が営業トークを
一から作ったり再構築するときに
その溜めたメモ書きは
大いに役立ちました。


お客様に伝える最後のひと押しの
営業トークはよくこの中から選びました。


特にここぞという時には
自分の話をきちんと
理解してもらいたいものです。


その時にきちんと
理解してもらいたいがために
いたずらに長々と話てしまう
傾向があります。


それは逆効果です。


短い言葉で直感的に理解してもらう
必要があるのです。


でも、、、正直これは難しい。


自分にはそんなキャッチコピーのような
セリフが次から次へと出てくる能力は
持ち合わせていない。


だから人様の言葉を
借りるしかなかった。


しかし本に書いてあるようなトーク集は
どれも不自然な言葉ばかり。


NHKのアナウンサーですか?
と言いたくなるような言葉の羅列は
現場では何の役にも立たない。


実際に口にしてみると
恥ずかしいだけ。


やはり自分が
「これはいい!」
と思える言葉が
自分が発する言葉としては
しっくりきます。


他人の言葉は所詮他人の言葉。
他人からいくら
「これが正しい言葉です。」
と言われても心が動かなければ意味がない。


でも自分の言葉だけでは
心が動く言葉など到底出てこない。


だったら自分の直感を信じて
他人が放ってくれた言葉で
自分の心が動いた言葉を
自分の言葉として使わせてもらうのが
一番です。


それが僕流の正しいパクリ法です。


まとめです。
営業トークにおける殺し文句の作り方


ステップ1
自分がお客の立場で営業された時に
自分の心が動いたフレーズをたくさん
集めておく。


ステップ2
それを自分の営業トークを作る時に
一番しっくりくるものを使わせてもらう。


ステップ3
そこから徐々に、
やっぱり自分だったら
こういう言い方をするかな
という言葉に変えていく。


ステップ4
同時にお客様の反応も見ながら
いくつかテストしてみる。


この4ステップを繰り返していると
いつしかここぞという時に
適材適所でぴったりの言葉が
すぐに出せる引き出しを
たくさん持てるようになります。


お気づきのように
すぐにはたくさん持てませんが
早く集めれば集めるほど
早く「ここぞ!」という時の
殺し文句が次から次へと
出せるようになれますよ。


お試しください。

 

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ