メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「エリートとは」の記事一覧

エリートとは

こんにちは
岡田です。


あなたはエリートと呼ばれたことが
あるでしょうか?


エリートってそもそも何なのさ??
って話になると思うのですが
正式な定義はエリート協議会
(そんなのあるのか?)
に任せるとして、
今日はあくまでも
僕が思うところをだらだらと
綴ってみたいと思います。


なんとなく「エリート」って言うと
皮肉や妬みが内包された感じの言葉ですよね。


そう感じるのは僕だけ?


そういう感情を今日は
いったん抜きにしてもらって
普通にエリートとはなんなのさ
ということを考えてみたいと思います。


で、よければそのままエリートに
なってしまおうじゃないか
そんな内容です。


僕が、、、あくまでも僕が思うに
エリートとは・・・
成績が優秀で指導的な立場になれる資格を持つ人・・・
くらいの感じに思っています。


じゃあ、成績が優秀って何をもって?
ということになります。


たぶん、周囲の人よりも優秀・・・
ということになるのでしょうが
ここで重要な要素を抜かしてはならないと思うのです。


それは「時間」という要素です。


たとえば新人営業マンの2倍売る
営業マンがいるとします。


その人の年齢は55歳。
果たしてエリートでしょうか?


東大を30年受験し続け、ようやく合格し
8年かけて卒業した人は
エリートなのでしょうか?


成績や業績、功績だけみれば
とても立派なことだと思います。


しかしエリートのイメージとは違いますよね。


つまり多大な時間をかけていれば
エリートどころか下手をすると
逆に見られてしまう恐れもあるわけです。


ここで気付くと思うのですが
逆の現象は大いにアリじゃないか?
と。


たとえ普通の成績、
もしくはそれ以下でも
エリートになれる
可能性があるのです。


中学3年生の数学の問題を解く小学3年生。
営業係長と同じ成績をあげる新人営業マン。


成績や業績などは上を見たら無限大です。


そう考えると普通の成績でもエリートに
なれるチャンスがあるとしたら
それは「早さ」だと思うのです。


別にエリートにならなくてもいいや
そう考えるのは自由です。


しかしよく考えてみて下さい。


人生とは時間そのものです。


もう一度言います。


「人生とは時間」です。


どんな人でも平等に与えられているのが「時間」です。


時間をどう使うかで
人生が大きく変わると思うのです。


自分で無駄だと思う使い方をすれば
死ぬ時に無駄だと思うでしょう。


逆に自分なりに「早さ」を持って
いろいろなことをたくさん経験すれば
それはいい人生だと思えることでしょう。


早さがなければ経験の数が減ります。
早さがあれば多くの経験ができる可能性が
広がります。


だから時間は大切なのです。


余談ですがアンチエイジングビジネスが
高額なビジネスとして成り立つのは
時間の経過とともに付随している
「老い」というものを「若さ」という
見える形で買うことができるからです。


時間そのものは買うことはできないですからね。


人生とは時間
そんなふうに考えるとアンチエイジングを
多くの人が望むのも理解しやすいと思います。


話を戻します。


もしあなたがエリートになりたいなら
「成績」そのものよりも
「早さ」を重要な要素に
置き換えて考えて下さい。


どんなに素晴らしいビジネスも
スピード感がなければ時代錯誤で
むしろ不必要なものとなります。


どんなに優秀な成績をあげても
達成するのが遅すぎたら
「10年前だったら優秀かもね。」
と言われて終わりです。


では何事も早くするには
どうしたらいいのでしょう?


これには魔法はありません。


なぜなら先ほども言いましたが
時間は誰にも平等だからです。


一つ一つの小さいことの積み重ねで
時間を作るしかないのです。


作業の効率化を図る。
遊ぶ時間を後にして勉強する時間を多くする。
みんなが終える時にもう少し頑張る。


一つ一つは本当に些細なことでもいいんです。


そしてそれを始めるのが早ければ早いほど
そしてそれを継続すればするほど
それらが積み重なり、大きな時間の差となり
一朝一夕では追いつけないほどの化け物的な
エリートになれるのです。


チャールズ・ホートン・クーリー
というアメリカの心理社会学者が
次のような言葉を残しています。


「明日はなんとかなるだろう?
 なんという愚か者だ。
 今日でさえ遅すぎるのだ。
 賢い者たちはもうすで昨日済ませている。」


ビジネス界では善悪は問わず
スピード化に拍車がかかります。


これからますますそういう世界が
やってきます。


避けられない事実です。


否定するのは自由です。


否定する人が多いのも事実です。


だからこそ少し真剣に
人より少し多く頑張れば
人より少し早く始めれば
人より少しまじめになれば
エリートになれるのも事実です。


しかし遅ければ遅いほど
その事実に気付く人が多くなり
競争社会の激しい中で
スタートを切らなければなりません。


あなたはどういう人生にしたいですか?

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ