メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「売れる営業マンになる」の記事一覧

売れる営業マンになる

営業の仕事をしていて売れないことほど
つらいことはないと思います。

営業の仕事をしていなくても
自分の会社の売り上げが少なければ
決していい気分ではいられないでしょう。

今日は絶対売れるようになる方法を
お伝えします。

恐ろしく強力で、これ以上の法則はない
そんな絶対売れる法則です。

この法則を知った以上
これ以上このブログを読む必要も
なくなるかもしれません。

ですので、もしあなたが売れるように
なりたいのであれば
これから伝える内容を読むのと同時進行で
実行に移して下さい。

まずコピー用紙かなにか
できれば真っ白なきれいなA4以上の紙と
とボールペンを用意して下さい。



用意できましたか?


後で用意しようと思うと
絶対しないので今すぐ用意してください。


ここで用意しなければ
あなたは売れない状況が
一生続きます。


用意できましたか?


用意できたら心静かに
30秒ほど深呼吸してください。


落ち着きましたか?


落ち着いたら用意した紙に
大きな字で書いてください。


*****************

 絶対売れるようになる法則

 「言行一致」
 「継続こそ力なり。」

*****************


この二つのことをやれば
必ず売れるようになります。


ビジネスとは信用です。
信用がなければ誰も買いません。

ではどうやったら信用を得られるか?


その前に逆に信用がない人とはどういう人か?

言ってることとやってることが違う人。
約束を守らない人。
すぐに諦めちゃう人

こういう人をあなたは信用できますか?
こんな人から何か買いたいですか?
お金を払いたいですか?


これは真理です。

◆言ってることとやってることが同じ。
◆何かをやり続けている。

これ以外で信用を得られる方法が
あったら教えて下さい。

ないはずです。


ちなみにちょっと考えてみて下さい。

もしこれ以外で信用を得られる方法を
一瞬ひらめいたとしても
それは表面的に違うように見えるだけで
よくよく突き詰めていくと
2つの要素のどちらかが必ず入っています。


さて、あなたが新人営業マンだとしたら
何かを継続し始めたとしても
それを継続していることを
証明するのは難しいですよね?

意気込みは伝えることができても
実際に継続したことにはなりません。


新人なのにお客様に
「僕はこの仕事を10年しています。」
こんなことを言っても
ウソになりますし、すぐにばれます。

ですから新人のうちは
継続性を証明するのは難しいことが多いです。

だとしたらたとえ単発でも
いつもいつも言ってることとやっていることが
一致していれば、信用を得やすいと思いませんか?


逆に新人であっても、もし
社会人になる前から継続していることがあり
それを証明することができたら
信用されやすくなります。

継続とは信用につながりやすいのです。


なぜ継続が信用につながるかわかりますか?

それは人間が一番不得意なことが
何かを継続することだからです。

もう一度言いますね。

人間が一番不得意なことは継続です。

もう3回言いますね。

人間が一番不得意なことは継続です。
人間が一番不得意なことは継続です。
人間が一番不得意なことは継続です。

だからそれができる人は尊敬に値します。
尊敬されれば信用もされやすいです。
尊敬されなくても信用はされます。

よく「習慣にしちゃいなさい。」と言いますが、
習慣とは何かを継続した結果です。

あなたはダイエットでもジョギングでも
トイレ掃除でもボランティアでも勉強でも
何でもいいですが、一瞬やろうと思っても
それを何年も何十年も現在に至るまで
やり続けていることって何かありますか?

たとえ小さいことでも継続さえしていれば
大きな力になります。

ましてや継続できる人間が少ないので
嫌でも大きな力に見えてしまうのです。

「継続は力なり」と言いますが
「継続こそ力なり」なのです。

さきほどから継続とか信用とかの
話ばかりで少しも売れるようになる
話が出てこないじゃないか?
と思う人もいるかもしれません。

しかし信用されていないのに
表面的に売れる方法を知って
売れると思いますか?

信用されてないのに売れることは
ありません。

あったとしてもそれは詐欺ですから
瞬間的に売れるだけです。
すぐに売れないスパイラルに陥ります。

ですから常に売れるようになるには
まずベースとなるこの二つの要素を
確実に身につけましょう。


ここの順番さえ間違わなければ
正直、あとは何をどう頑張っても
売れるようになります。

いや、売れるようにしかならないのです。

逆にこの順番を無視して
最初に他の売れるノウハウをどんなに
学んでも売れるようにはなりません。


老舗と呼ばれるお店に信用があるのは
そこで何十年も何百年も事業を
継続しているからです。


銀行がお金を融資をするのに
事前に信用調査をしますが
大切にする要素は
事業計画に信ぴょう性があるかどうかと
企業の創業年月日や設立年月日です。

つまり言行一致と継続を重視しているのです。

事業計画のアイデアが面白いとか
奇抜かどうかとか斬新かどうかは
二の次三の次です。


さて、もしあなたが今売れない営業マンであるなら
売れるようになることは難しいと
考えていたかもしれません。

今日のこの内容を知って、
それができたら苦労しないよ
できないから売れないんじゃないか
と思ったかもしれません。

そうです。
なかなかできないから売れないんです。
なかなかできないから結果として
売ることが難しいと考えてしまうのです。

でも考え方はシンプルです。
難解ではありません。

やることが大変なだけです。

ということはやった人だけが
結果が出るのです。

あとはやるかやらないか。

やらない人は売れる法則を知っているだけの
今まで通りの売れないただの営業マン。

この二つの要素を知らなくても
売れている営業マンは無意識のうちに
少なくともどちらかを必ずやっています。

あなたはどちらになりますか?

もし売れる営業マンに本気でなりたいなら
さきほど書いた紙を普段目につく場所に貼るなり
デジカメなどで写してデータにして
携帯電話の壁紙にするなりしてください。

そして売れる営業マンになれる
一歩を今すぐ踏み出して下さい。

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ