メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

「強烈な営業方法」の記事一覧

強烈な営業方法

こんにちは。
岡田です。

 

世間は夏休みの人が多いようですね。
こう暑いと休んで思いっきり遊んだ方が
いいのかもしれません。

 

特に子供は外で遊んで欲しいものです。
でも熱中症と紫外線だけは気をつけてくださいね。

 

 

さて、今日もなかなか本音をぶつけてくれた
質問があったのでシェアしていきたいと思います。


最近はコミュニティの時代になり
またその動きが顕著になり
色んなグループが乱立しております。

 

ネットの世界のSNSや
リアルの世界でも交流会や
何かの集まりなどが多数あり
コミュニティとして機能しております。

 

どの集まりに顔を出しても
自分の競合となる会社や
ライバル関係にある人が
参加していて、その中で
悠長に人間関係を構築している間もなく
ライバルが早々にその中で
見込客に営業をかけているように
感じてしまいます。

 

まごまごしていると
根こそぎお客様をとられてしまいそうで
とても不安です。

 

この場合どうしたら
いいのでしょうか?

 


・・・・という質問でした。

あなたもそのように感じたことが
あるでしょうか?

 


そしてもしあなただったら
この質問に対してどのように
答えるでしょうか?

 

久しぶりに考えてみてください。

 


それではシンキングタイムです。

 


    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓

 

もう少し考えましょうね。

 

    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓

 


いかがでしょう?

 

いつものことですが
正解はありませんので
減点もされなければ
誰に怒られることもありません。

 

言うなれば考えないこと自体が
ビジネスをする上では悪です。

 

考える癖をつけましょうね。


というわけで僕の考えた結果を
発表します。


まず・・・

 

自分を知ることから始めましょう!

 

次に競合を知ることをしてください。

 

そしてそれを踏まえたうえで
見込みのお客様のことを理解してください。


コミュニティ云々関係なく
これは営業、いやビジネスにおける
鉄則なので覚えておいてください。


ビジネスとは信用です。
信用がなければ成り立ちません。

 

一瞬成り立ったとしても
信用がなければ
長く生存することは
不可能です。


そう考えると、まず信用を
何を差し置いても最優先と
考えてください。


もしあなたがどんな
コミュニティに属していても、
お客様にとって合わないもの、
喜べないものを
売っているとしたら
それはそのお客様に
提供すべきではありません。


無理矢理売ったろころで
すぐに信用を失くします。

 

つまりコミュニティが
どうとか全く関係なく
お客様が何を望んでいるかを
真剣に汲み取り、
理解する必要があります。


理解した後にあなたの扱う商品や
サービスがぴったり合うのであれば
そこで初めて提案してもいいでしょう。

 

しかし合わないのであれば
そのお客様が一番望むもの、
もしくはそれに一番近いもの
を扱う競合会社やライバルを
紹介してあげましょう。


お客様はその業界では素人です。


プロのあなたが一番ぴったり合うものを
選んであげることが大切です。


それをするにはまず自分の個性や
自分の扱う商品がどういうものなのか
競合が扱う商品がどういうものなのかを
詳しく知っていなければなりません。

 

だからまず自分を知ることから
始めましょう!
次に競合を知ることをしてください
と書きました。


もちろんお客様よりも詳しくです。


そしてお客様より詳しく
お客様の要望を聴きとって
理解してあげてください。


それができれば
どの環境にいても
お客様が一番喜ぶことを
あなたができるようになります。


「自分の売上にならないじゃないか?」

 

と思うかもしれません。

 

 

そうですよ。

 

 

人をだまして売り上げを立てても
いずれその事業は滅びます。

必ずつぶれます。


だとしたらそんな延命行為をせずに
さっさとつぶれた方が
やり直しのスタートが
早くできます。

 

後になってつぶれるほど
やり直しのスタートが遅くなるので
早くつぶれた方がいいんです。

 

もちろんつぶれることを考えるより
あなたがより多くのお客様が望むものを
しっかり研究して作り上げる方が
よほど世のため人のためです。

 

組織などに属していて
それが簡単にできないのであれば
そのお客様に自分が
一番いいと思う商品を、
それがどこの商品であれ
紹介してあげてください。


これをお客様目線で見ると
どう見えるか?

不思議な光景にしか見えません。


自分の売上に関係なく
競合にお客様を紹介するんですからね。


このお客様は一瞬信じられない
表情をしますが、
すぐにあなたのことを
心から信用するようになるでしょう。


この人の言うことなら
信じても大丈夫だな、と。


そのスタンスを続けていれば
紹介が津波のように押し寄せてきます。


またライバル関係の同業も
驚くでしょう。

 

 

「この人、強い!」と。

 


あなたと競合がまったく同じ
ということはあり得ません。


違いが個性になり
個性が差別化になるのです。


お客様が要望することに
合う合わないも必ずあります。

 

プロとして何がそのお客様にとって
一番言い結果をもたらすかを考えれば
おのずと焦ることなく
ゆったりと構えて
信用を育てることができると思います。


そのうちにそのコミュニティの中で
オピニオンリーダー的な存在になり得ます。

 

そうなってしまえば
後はあなたが言うことは
多くの人が信用してくれるように
なるでしょう。


競合が売り焦いでいる中で
あなたはゆったりとそっちの方法を
選択してください。

 

これは時間がかかります。

でも気付いた時にリードしていると
あなたは相当有利になります。


競合が気付かないうちに
あなたが目指す位置に着々と
進んでくださいね。

 

Blog Menu ブログメニュー

NEWS & SEMINAR お知らせ&セミナー情報

BLOG 儲ける脳のつくり方

このページのトップへ