メルマガ登録! 仕事や営業の
コツを
毎日4秒で
読めます
Blog
儲ける脳のつくり方

重要な仕事をLINEでやるのは是か非か?

こんにちは

岡田です。

 

最近の若者は・・・

 

この言葉は古くは約5000年前の

古代エジプトの遺跡から象形文字で

発見されたとのことです。

 

その後も古代ギリシャの哲学者プラトンも

近頃の若者は・・・という

言葉を残しているそうです。

 

このように太古からすでに

慣用化されていた言葉なんですね。

どの時代でも若者と年寄りの

考え方が違うことは

変わっていないということです。

 

恐らくこれから訪れる

未来においても

若者と年寄りの思考の溝は

なくならないと想像できます。

 

最近の若者は・・・

 

この言葉の後に続く言葉は

「俺たちの若い頃と比べて

 こんな所がダメだ・・・

 俺たちが若い頃はこんな苦労を

 してきたからこそ今がある。

 このままで大丈夫だろうか?」

と概ねこのような内容が続くでしょう。

 

しかしどの時代においても

年寄りからしてみたら

若者の思考回路は将来における

不安材料であったことは

歴史が証明しています。

 

しかし事実として

未来を作って来たのは

どの時代も当時の若者です。

 

受け入れようが受け入れまいが

時代というものは

順番に世代交代をしながら

作られていくのです。

 

計算機が使われ始めた頃は

本気で人間は計算ができなくなる

と心配していたそうです。

 

確かに人間の暗算能力は

極端に低下したでしょう。

だからと言って計算機がない

世の中に逆戻りできるのか?

と問われればかなりの確率で

あり得ない話だと思うのです。

 

今の時代、上司への相談や

はたまたお客さんとのやりとりや

コミュニケーションをとるのを

LINEでやる時代です。

 

僕の年代ではあり得ないことが

現実にはそれがまかり通っているし

それをしないと時代錯誤なのです。

 

時代に沿ったやり方や

これから未来を担う若者の

思考が理解できない人は

お客さんを根こそぎ奪われ

最近の若い者に

見捨てられるのです。

 

それは未来に見捨てられる事と

同じ事でもあるのです。

 

では古い年代の人は

価値がないのでしょうか?

 

今も未来も

過去の歴史がなかったら

永遠に訪れません。

 

科学技術の進歩は

僕らの時代があったからこそ、

僕らの親の時代があったからこそ

僕らの祖父の時代があったからこそ

あるのです。

 

LINEやfacebookが

突然世の中に存在できる

はずがありません。

スマホが急に天から

降ってきたのではないのです。

 

世代というものは

技術や文化も含めて

受け継がれて行くのです。

受け継いだからこそ

不要なものがなくなるのです。

 

そしてもちろん

いつしかLINEやfacebook

スマホもこの世の中からなくなり

化石となります。

 

そう考えると世代ごとの

役割はその時代においては

とても重要ですが

未来においては

その役割を終えた時点で

バトンタッチした方がいいのかもしれません。

 

未来を担う若者が

まだ子供だったころは

当時時代を作っていた大人達の

型に当て嵌められていたのです。

 

その子供が次の時代を作る

大人になったら

今度は年寄りがその型に

当て嵌められるしかなさそうです。

 

それが人類史上繰り返されてきた

歴史なのですから。

 

その歴史の流れを

止めた方がいいのか

受け入れた方がいいのか

それはどちらが正しいのかは

神のみぞ知る話なのですが、

少なくとも

その流れを止めることは

ちょっと難しそうです。

 

暗算能力が低下すると

わかっていても

計算機がなくてはならない物と

なってしまったのと同じ様に

 

今信じられない現象や

このままでは人間が

おかしくなってしまうのでは?

という不安を抱えながらも

次の世代を担う若者に寄り添い

広くあまねく受け入れて

委ねていった方が

その時代のエネルギーが

大きくなるかもしれません。

 

それは時代が繰り返し

証明し続けてきたのですから。

Blog Menu ブログメニュー

このページのトップへ